コンテンツにスキップする
スクリーンショット:ノート PC 上で使用されている SAP Process Automation

ビジネスプロセスの自動化をよりシンプルかつ迅速に

ノーコードのワークフロー管理機能とロボティックプロセスオートメーション (RPA) の使いやすさとスピードを体感してください。

SAP Process Automation とは?

SAP Process Automation ソリューションは、ワークフロー管理機能と RPA のための AI を活用した直感的なノーコードソリューションです。

重要な作業に取り組む

SAP を使うと、本当に効果のある仕事に集中できるようなります。SAP Process Automation を導入し、自信を持ってビジネスの俊敏性を強化しましょう。この直感的なノーコードソリューションとワークフロー管理、ロボティックプロセスオートメーションを、1 つの包括的なツールとしてどのように統合できるかをお確かめください。

容易に構築

  • ワークフローを視覚的に構築し、タスクと意思決定を自動化
  • 既存アプリケーションとシームレスに統合
  • 事前構築済みのコンテンツを使用して、プロジェクトを今すぐ始動

 

自動化をより迅速に

  • 単一ツール内でワークフロー管理機能とタスク自動化機能にアクセス
  • 組み込み AI 機能を意思決定支援や文書処理に活用
  • ビジネスコンテキストを組み込んで SAP アプリケーションのデータを利用

確信を持って業務を遂行

  • 既存のビジネスアプリケーションや IT インフラストラクチャと統合
  • 一元化されたガバナンスと監視によってオペレーションを保護
  • エンタープライズグレードのプラットフォームに確信を持って導入

驚くべきハイパーオートメーションのシナリオ

AI ボットを使って複数の業務部門でワークフローを自動化する方法

SAP のソリューションを活用してプロセスを自動化しているお客様の事例をご紹介します

バックオフィスのデータ処理を 25% 削減

TasNetworks 社は、設備資産検査のプロセスを合理化するとともに、関連性の高い正確な設備資産データによって現場の検査担当者を支援しています。その方法をご確認ください。

収穫アラート 9,000 件を送信

SunRice 社は、主要なプロセスとワークフローを自動化して、必要な情報を必要なときにいつでも農業従事者に提供しています。その方法をご確認ください。

市場投入までの時間を 30% 短縮

トヨタ自動車は、ビジネスルールサービスを利用して、SAP ERP システムとサードパーティーシステムにわたる複雑なプロセスを管理しています。その方法をご確認ください。

100% のユーザー率

Danone 社は、半自動化されたメールベース設備投資承認プロセスを透明性の高いモバイル対応のワークフロープロセスに置き換えています。その方法をご確認ください。

100% 自律的にシステムを再起動

Hewlett Packard Enterprise 社は、RPA と人工知能を組み合わせて IT の問題を自動的に解決しています。その方法をご確認ください。

6,000 件の文書のチェック/分類/処理

Villeroy & Boch 社は、RPA と人工知能を活用して文書処理を自動化しました。その方法をご確認ください。

ワークロードを 85% 削減

スイスのチューリッヒ州では RPA ボットを活用して Web フォームと連邦政府の会計システムの統合ギャップを解消したことで、25 分かかっていた処理時間を 30 秒に短縮することができました。その方法をご確認ください。

1 日分の作業を 2 分のタスクに

REHAU 社は、1,000 件の文書の更新を自動化して、請求ワークフローの改善とエラー率の削減を実現し、従業員が顧客対応に集中できるようにしました。その方法をご確認ください。

SAP のプロセス自動化に関するアナリストの見解

ガートナー社が SAP をビジョナリーに認定

ガートナー社の 2022 年版「Magic Quadrant™ for Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション分野のマジッククアドラント)」で、RPA 市場の現状と SAP の位置付けをご確認ください。 

ハイパーオートメーションで切り拓く未来

多くの SAP ユーザーはすでにハイパーオートメーションの導入を始めています。一般的なユースケースや、実際の導入事例でその成果をチェックしましょう。

パッケージアプリからより大きなビジネスバリューを提供

パッケージ化されたアプリケーションとプロセス自動化のテクノロジーを組み合わせて、ビジネスプロセスを改善/自動化/最適化/変革しましょう。

SAP Process Automation に関する FAQ(よくある質問)

ビジネスプロセスは、特定の結果を得るために設計されて、定義された順序で接続された一連のワークフロー/アクティビティ/タスクです。 プロセスの自動化では、ビジネスプロセスの効率/俊敏性/コンプライアンスの改善を目的として、その構成要素の一部またはすべてをデジタル化します。

プロセス自動化ソリューションは、エンタープライズアプリケーションが提供する標準化されたベストプラクティスプロセスを超えて、組織の自動化レベルを向上させます。これにより、組織は独自のビジネス要件や変化する市場状況に対応できます。また、エンタープライズアプリケーションのトランザクションに先行/付随する手動/半手動のプロセスステップを自動化することもできます。

ローコード/ノーコードソリューションによって、IT 組織は開発者不足、さらには急速に変化する市場状況やビジネス要件を迅速に満たすニーズに対応することができます。プロセスの専門知識を持つビジネスユーザーにその技術的スキルセットに合った直感的で使いやすいツールを提供することで、組織はプロセスの自動化を推進できる従業員の層を厚くすることができます。また、プロの開発者は、視覚的なドラッグアンドドロップツールと事前構築済のプロセス自動化コンテンツを活用して、俊敏性を向上させることができます。

SAP Business Technology Platform のローコード/ノーコードソリューションによって、プロの開発者やビジネスユーザーは、アプリケーションとプロセスの自動化を迅速に構築、拡張できるようになります。

  • SAP Process Automation は、ワークフロー構築とタスク自動化の直感的なノーコード開発エクスペリエンスを提供します。
  • SAP AppGyver を使用すると、誰もがコーディングなしで高度なエンタープライズ対応アプリケーションを構築できるようになります。
  • SAP Business Application Studio は、プロの開発者がアプリケーションと自動化を簡単に作成できるローコード開発環境を提供します。

SAP は、統合されたローコード/ノーコード製品によって、プロの開発者とビジネスユーザーにそのスキルセットに最適なツールを提供します。

典型的なシナリオとしてはビジネスアプリケーションのトランザクションに先行する紙ベースプロセスのデジタル化があります。例えば、現場作業員について考えてみましょう。彼らは巡回先でメモを取り、オフィスに戻ってビジネスアプリケーションにメモ内容を入力して、サービスオーダーをトリガーします。このプロセスをデジタル化して、モバイルデバイスからビジネスアプリケーションに直接メモを入力できるようにすれば、現場作業員のバックオフィス業務に費やす時間が短縮され、現場での時間を増やすことができます。また、このサービスオーダーはすぐにトリガーされるため、サイクル時間が短縮されます。

他の典型的な自動化シナリオとして、半自動プロセスのデジタル化があります。承認マネージャーにメールで送信される購買依頼を例に見てみましょう。このような購買依頼メールは、確認に何度もやり取りされたり、オーバーフローした受信ボックスに埋もれてしまったり、追加の承認が必要な場合には、適切な承認者に転送されたりします。残念ながら、このプロセスはエラーが発生しやすく、サイクル時間が不安定で、監査も困難です。

明確に定義されたデジタルプロセスフローは、必要情報を収集し、ビジネスルールに従って正しい承認者に適切なルートで送信するのに役立ち、その結果、サイクル時間が短縮され、ガバナンスが改善されます。また、この購買依頼のデジタルプロセスが購買/調達アプリケーションと統合されていれば、承認後、依頼者が情報を再入力しなくても、購買発注を自動的にトリガーすることができます。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

先頭に戻る