コンテンツにスキップする
スクリーンショット:ノート PC で使用されている SAP Build Process Automation

ビジネスプロセスの自動化をよりシンプルかつ迅速に

ドラッグ & ドロップでワークフロープロセスとタスクを簡単に自動化しましょう。

SAP Build Process Automation とは?

SAP Build Process Automation により、ビジネスユーザーは、コードを書かずにワークフロープロセスやタスクを自動化することができます。

placeholder

視覚的に自動化する

ドラッグ & ドロップと AI 機能により、自動化をシンプルに

シームレスに統合する

SAP システム向けと非 SAP システム向けの事前構築済みワークフロー、ボット、およびコネクターを使用して開発を迅速化

安全にコラボレーションする

安全かつ俊敏な方法でフュージョンチーム開発を実現

クリックスルー製品ツアー

この製品ツアーで、請求書承認プロセスの作成がどれだけ簡単になるかをご確認ください。

placeholder

SAP Build イベント

ウェブキャスト、バーチャルイベント、カンファレンスを表示できます。

SAP Build Process Automation のユースケース

placeholder
業務ラインのユースケース

SAP Build は、企業が自社の専門知識を活用できるよう支援して、企業が必要とするソリューションを提供します。5 つの業務ラインの自動化シナリオをご紹介します。

SAP のデジタルプロセスオートメーションソフトウェアを活用されているお客様の事例をご紹介します

生産性が 70% 向上

このエネルギー業界の大手企業は、エラーが発生しやすい手作業のプロセスを刷新し、新しいビジネスニーズに対応するワークフローを構築しています。その方法をご覧ください。

データ処理を 25% 削減

TasNetworks 社は、設備資産検査のプロセスを合理化するとともに、関連性の高い正確な設備資産データによって現場の検査担当者を支援しています。その方法をご確認ください。

9,000 件の収穫アラートを農家に送信

オーストラリア最大のコメ輸出企業は、主要なプロセスとワークフローを自動化し、農家により良いエクスペリエンスを提供しています。その方法をご覧ください。

エンドツーエンドのトランザクションの自動化

トヨタ自動車は、ビジネスルールサービスを利用して、ディーラー、サービスプロバイダー、顧客とのエンドツーエンドのトランザクションを自動化しています。その方法をご覧ください。

設備投資承認の合理化

Danone 社は、電子メールベースの設備投資 (CapEx) 承認プロセスを透明性の高いモバイル対応のワークフローに置き換えました。その方法をご覧ください。

100% 自律的にシステムを再起動

Hewlett Packard Enterprise 社は、RPA と人工知能を組み合わせ、IT 問題を自動的に解決してシステムを再起動できるようにしています。その方法をご確認ください。

10 個のデジタルアシスタントを導入

欧州で最も古いブランドの 1 社は、自動化ボットを開発して、日常業務を実行し、ERP システムをよりインテリジェントなものにしています。その方法をお読みください。

パンデミックに対する補償を早期に実施

チューリッヒ州は、何千ものフォームを自動的に処理することで、パンデミック中の企業への補償を早期に行いました。その方法をご覧ください。

ローコードによるプロセス自動化に関するアナリストの見解

placeholder
ガートナー社が SAP をビジョナリーに認定

Gartner® 社の 2022 年版「Magic Quadrant™ for Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション分野のマジッククアドラント)」で、RPA 市場の現状と SAP の位置付けをご確認ください。

placeholder
ローコードの自動化ソフトウェア導入に対する高い満足度

ローコードによるプロセス自動化ソフトウェアは、開発をシンプル化します。どの分野で導入率が最も高いのか、またユーザーにとってどのようなメリットがあるかをご確認ください。

placeholder
ローコードによる成功を拡大する

最近の IDC による調査は、ローコードソフトウェアによりアプリケーションと自動化の開発がどのように高速化されているかを明らかにしています。ローコードを採用するメリットについて、その詳細をご確認ください。

FAQ(よくある質問)

ビジネスプロセスは、特定の結果を得るために設計されて、定義された順序で接続された一連のワークフロー/アクティビティ/タスクです。 プロセスの自動化では、ビジネスプロセスの効率/俊敏性/コンプライアンスの改善を目的として、その構成要素の一部またはすべてをデジタル化します。

プロセス自動化ソリューションは、エンタープライズアプリケーションが提供する標準化されたベストプラクティスプロセスを超えて、組織の自動化レベルを向上させます。これにより、組織は独自のビジネス要件や変化する市場状況に対応できます。また、エンタープライズアプリケーションのトランザクションに先行/付随する手動/半手動のプロセスステップを自動化することもできます。

ローコード/ノーコードソリューションによって、IT 組織は開発者不足に対処し、さらに急速に変化する市場環境やビジネス要件にすばやく対応することもできます。プロセスの専門知識を持つビジネスユーザーにその技術スキルセットに合った直感的なツールを提供することで、組織はプロセスの自動化を推進できる従業員の層を広げることができます。また、プロの開発者は、視覚的なドラッグ & ドロップツールと事前構築済みのプロセス自動化コンテンツを活用して、俊敏性を高めることができます。

SAP Build ポートフォリオは、SAP Build Apps、SAP Build Process Automation、および SAP Build Work Zone を 1 つにまとめ、統一された開発エクスペリエンスを実現します。統一された開発者エクスペリエンスは、ポートフォリオ内のソリューションへの一元的なアクセス、統一されたライフサイクル管理、および監視機能を提供します。UX コンポーネント、ワークフロー、自動化、データモデル、ビジネスロジックなどの再利用可能なアーティファクトを共有することにより、チーム内とプロジェクト間のコラボレーションが促進されます。複雑なビジネスロジックや API 用のカスタムコードは、SAP Build ソリューション内で使いやすい形で公開できるため、生産性が向上し、プロジェクトのフュージョンチーム間のコラボレーションが促進されます。


SAP Build ソリューションにより、さまざまなスキルレベルのビジネスユーザーがエンタープライズアプリケーション、プロセス自動化、およびビジネスサイトをドラッグ & ドロップで簡単に作成して拡張することができます。

典型的なシナリオとしてはビジネスアプリケーションのトランザクションに先行する紙ベースプロセスのデジタル化があります。例えば、現場作業員について考えてみましょう。彼らは巡回先でメモを取り、オフィスに戻ってビジネスアプリケーションにメモ内容を入力して、サービスオーダーをトリガーします。このプロセスをデジタル化して、モバイルデバイスからビジネスアプリケーションに直接メモを入力できるようにすれば、現場作業員のバックオフィス業務に費やす時間が短縮され、現場での時間を増やすことができます。また、このサービスオーダーはすぐにトリガーされるため、サイクル時間が短縮されます。

もう 1 つの典型的な自動化シナリオとして、半自動プロセスのデジタル化があります。承認マネージャーに電子メールで送信される購買依頼を例に見てみましょう。このような購買依頼メールは、確認のために何度もやり取りされたり、オーバーフローした受信ボックスに埋もれてしまったり、追加の承認が必要な場合には、適切な承認者に転送されたりします。残念ながら、このプロセスはエラーが発生しやすく、サイクル時間が不安定で、監査も困難です。

明確に定義されたデジタルプロセスフローは、必要情報を収集し、ビジネスルールに従って正しい承認者に適切なルートで送信するのに役立ち、その結果、サイクル時間が短縮され、ガバナンスが改善されます。また、この購買依頼のデジタルプロセスが購買/調達アプリケーションと統合されていれば、承認後、依頼者が情報を再入力しなくても、購買発注を自動的にトリガーすることができます。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

先頭に戻る