コンテンツにスキップする

クッキー方針

この「クッキー方針」では、SAP.com がクッキーおよび同様のテクノロジーを使用して、お客様が SAP.com Web サイトにアクセスしたときに情報を収集し、保存する方法について説明します。

クッキーおよび同様のテクノロジーとは

クッキーは、お使いのデバイス(コンピューター、タブレット、またはスマートフォン)に設定される小さなファイルです。Web サイトにアクセスすると、デバイスにクッキーが設定され、クッキーを設定した側に情報が送信されます。

クッキーと同様の機能を実行するテクノロジーは他にもあります。これには、Web ビーコンやクリア GIF が含まれます。これらは多くの場合クッキーと組み合わせて使用され、Web サイトの所有者がユーザーについてよく知るために役立ちます。SAP がお客様にニュースレターやその他のメッセージをお送りする場合、電子メールの開封率とクリック率を追跡できるように、これらのテクノロジーを以下のように使用します。ユーザーが電子メールを開封したかどうかに加えて、HTML 電子メールを受信できることを確認するために、SAP は送信する HTML 電子メッセージの大部分に「Web ビーコン」を含めます。Web ビーコン(小さな .gif 画像)は、サーバー上の画像に対するリクエストを介して HTML 電子メールが開封されると有効化されます。この機能により、SAP はユーザーが読み取れる形式で電子メールを送信し、開封された電子メールの総数を追跡できます。Web ビーコンは個人データを一切収集しません。

ファーストパーティークッキーとは

SAP の Web サイトにはファーストパーティークッキーが含まれており、また、サードパーティーがお客様のデバイスにクッキーを設定することを許可しています。ファーストパーティークッキーとサードパーティークッキーの違いは、デバイスにクッキーを設定する当事者です。ファーストパーティークッキーは、作成元の Web サイトに固有のクッキーです。これらのクッキーにより、SAP は効率的なサービスを運用し、SAP の Web サイトに対するユーザーの行動パターンを追跡できます。

サードパーティークッキーとは

サードパーティークッキーは、サードパーティー(つまり、SAP 以外)によってデバイスに設定されます。SAP はサードパーティーが SAP の Web サイトにアクセスしてお客様のデバイスにサードパーティークッキーを設定することを許可しますが、SAP はクッキーによって提供される情報の管理も、この情報へのアクセス権も保持しません。この情報は、サードパーティーのそれぞれのプライバシーポリシーに従って、そのサードパーティーによって完全に管理されます。これらのクッキーに関する詳細を参照するには、Web ページのフッターにある Cookie Preferences リンクをクリックしてください。

セッションクッキーと永続クッキーとは

当社の Web サイトはお客様のデバイスにセッションクッキーと永続クッキーを設定する場合があります。ファーストパーティークッキーとサードパーティークッキーの違いがデバイスに対するクッキーの最初の設定を管理する当事者であるのに対し、セッションクッキーと永続クッキーの違いはクッキーが存続する時間の長さです。セッションクッキーは、通常、ブラウザーを使用している間、つまり、ブラウザーセッションの間だけ存続します。ブラウザーセッションを終了すると、クッキーは期限切れになります。永続クッキーは、名前が示すように、永続的であり、ブラウザーを閉じた後も存続します。これにより、Web サイトによりすばやく、多くの場合より簡単にアクセスできます。

SAP Web サイトで使用されるクッキー

SAP は、Web サイトの技術的な機能に必要不可欠ではないクッキーの使用を認めるかどうかについて、お客様が十分な情報を得た上で意思決定ができるようにしたいと考えています。広告に使われるクッキーを拒否した場合、お客様に表示される広告は、あまりお客様の関心事に的を絞ったものではなくなります。  その場合でも、Web サイトの機能はすべて、利用することが可能です。

SAP では、Web サイトの技術的な機能に必要不可欠な「必須クッキー」、SAP がサイトの利用を分析することを可能にする「機能性クッキー」、および広告会社が広告をお客様の関心事に合ったものにするために使用する「広告用クッキー」を区別しています。

必須クッキー

「必須クッキー」は、サイトの中核的機能を有効にするために必要です。これらのクッキーにより、SAP はお客様に安全なログインを提供し、ログイン詳細を記憶しておき、ショッピングカートを確立して維持し、Web サイトの表示を一貫したものにすることができます。

機能性クッキー

「機能性クッキー」によって SAP は、サイトの利用についての分析が可能となり、そのパフォーマンスを測定して改善することができます。これらのクッキーは、訪問者が最も頻繁に開くページやページからエラーメッセージを受け取るかどうかなど、Web サイトの使用方法に関する情報を収集します。これらのクッキーは、ユーザーの識別を可能にする情報を保存しません。収集された情報は集計され、特定の個人に帰属させることができない方法で分析されます。これらのクッキーは、Web サイトのパフォーマンスを改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにのみ使用されます。

広告用クッキー

「広告用クッキー」は、広告会社が広告をお客様の関心事に合ったものにするために使用します。  これらのクッキーにより、お客様が、ソーシャルネットワークとページを共有したり、コメントを投稿したりすることが可能になります。また、広告がお客様の関心事に合ったものになります。

sap.com 上のファーストパーティークッキー


必須クッキー

名前 説明/目的 永続 存続期間
ONEDX_IDS ログインステータスを保存し、認証されたユーザーに対してのみ存在します。ユーザー名、セッションインデックス、さまざまなユーザーデータ(姓、C-番号、電子メールなど)に関する暗号化された情報が含まれています。 N セッション
IDP_SESSION_MARKER_accounts SCI で SSO、JWT ログインをサポートするために使用されるマーカー。 Y セッション
IDS_autoLoginChecked ユーザーがログオンページで情報を記憶するためのチェックボックスをオンにしたかどうかを保存します (SAP Lumira Cloud)。 N セッション
cmp-parameters キャンペーンフォームから受信したパラメーターを保存します。 Y 15 分
countryCode 国セレクターから選択された国コードを保存します。 Y 30 日
localeCode 国セレクターから選択されたロケールを保存します。 Y 30 日
locale ロケールを保存します。 N セッション
country IP で検出された国に関連付けられたデータ。 N セッション
<formName> 要求されたゲートページ (TYP) にアクセスできるかどうか、つまり、適切なキャンペーンが正常に登録されているかどうかを指定します。 Y 45 日
user-in-gating-flow リダイレクト中に適切な機能を提供するゲーティングフローにユーザーがいるかどうかを確認するフラグ。 N セッション
gated-asset-id リダイレクト中に適切な機能を提供するゲーティングフローにユーザーがいるかどうかを確認するフラグ。 N セッション
crm_code リダイレクト中に適切な機能を提供するゲーティングフローにユーザーがいるかどうかを確認するフラグ。 N セッション
requestToAssetFromTYP ダイレクトリンクによって TYP が開くことを防ぐクッキー。 N セッション
compatibilityPopup 互換性ブラウザーに関するポップアップの二重表示を防ぎます(IE のみ)。 Y 30 日
sc_add_event チェックアウトを生成します。 Y 365 日
SAP.TEXTONLY テキストのみの表示。テキスト表示をオフにした後、クッキーは削除されます。 N セッション
submittedCampaignForm ゲートフォームの再送信をユーザーに要求する代わりに、すでに送信されたキャンペーンのデータを使用します。最後に送信された 5 つのキャンペーンが含まれています。 Y 300 日
CampaignLandingPage キャンペーン情報へのパスが含まれ、SMC に送信されます。 N セッション
campaigncode キャンペーン情報へのパスが含まれ、SMC に送信されます。 N セッション
url_id キャンペーン情報へのパスが含まれ、SMC に送信されます。 N セッション
analytics_url_id キャンペーン情報へのパスが含まれ、SMC に送信されます。 N セッション
useractivated ユーザーがアカウントの有効化を完了したことを示すフラグ。 N セッション
CodeTrackingCookie global/settings/ctrackingcodesettings.define に基づいて複数のクッキーを作成します。通常、url_id と外部リファラーに値を記録します。 N セッション
QSI_HistorySession 訪問者が 1 セッション内に訪問する完全な URL それぞれを蓄積するために Qualtrics で作成されます。 N セッション
notice_behavior ユーザーの景色を定義します。 N セッション
notice_gdpr_prefs クッキーバナーからのユーザーの選択を保存します。 Y 1 年
notice_preferences クッキーバナーからのユーザーの選択を保存します。 Y 1 年
BIGipServer~<>renderid スティッキーセッションのサポートに関連する BIGIP。 Y 30 分

機能性クッキー

名前 説明/目的 永続 存続期間
event1ContactUs タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1Newsletter タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1CampaignEP タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1Basic タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1CampaignLP タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1Premium タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1ProfileUpdate タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1ProfileUpgrade タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1Subscribe タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
event1Upgrevent1ContactUsade タイムスタンプおよび十分な長さの 20 個の記号に追加された英語のアルファベット記号が含まれています。event1 のシリアル化に使用されます。 N セッション
DBLiveEngage 前提:セッションを 1 回だけ共有する必要があることを示すフラグ。 Y 30 分
LPVID ライブパーソン訪問者 ID。 Y 30 分
LPSID_{Liverpson Account ID} ライブパーソンセッション ID。 N セッション
mbox Adobe Target セッション。 Y 30 分
_sdsat_demandbase Demandbase データ。 N セッション
s_pers トラッキングクッキー。 Y 30 日
s_sess トラッキングクッキー。 N セッション
s_referrer Adobe SiteCatalyst クッキー。リファラーを保存します。 N セッション
AMCV<id> Adobe SiteCatalyst クッキー。 N セッション
SAP.TTC ユーザーがいつ最初にサイトを訪問したかを確認する変換クッキー。 Y 90 日
client トラッキングクッキー。 Y 2 年
session トラッキングクッキー。 N セッション
_gcl_au Google 広告サービスによって設定されます。 Y 3 カ月
クッキーを管理および削除する方法

SAP は、「機能性クッキー」と「広告用クッキー」について、お客様が自身の希望を設定できるオプションを用意しています。設定には、Web ページのフッターにある Cookie Preferences のリンクをクリックして、いつでもアクセスできます。

また、ブラウザーの設定を変更することで、クッキーをブロックおよび削除することもできます。クッキーを管理するために、ほとんどのブラウザーでは、すべてのクッキーを拒否または受け入れたり、特定のタイプのクッキーのみを受け入れたりすることができます。クッキーの管理と削除のプロセスは、ブラウザーに統合されたヘルプ機能で確認できます。

クッキーの使用を制限する場合は、当社の Web サイトの一部のインタラクティブ機能が使用できなくなる場合があります。

 

 


最終更新日:2020 年 3 月 10 日 

先頭に戻る