Skip to Content
お問い合わせ

モノのインターネット (IoT) とは何か?

モノのインターネット (IoT) の定義

モノのインターネット (IoT) は、センサーと API でインターネットに接続してデータ通信を行う物理的なモノ(車両、機械、家電など)のネットワークです。
Previous Next
イラスト:IoT プラットフォーム

IoT のプラットフォームとアーキテクチャー

クラウドベースの IoT プラットフォームとアーキテクチャーは、現実世界と仮想世界をつなぎます。企業はこれらによって、IoT デバイスの接続性とセキュリティを管理し、デバイスデータを収集し、デバイスをバックエンドシステムにつなぎ、IoT の相互運用性を確保し、IoT アプリケーションを実行することができます。

IoT 内のビッグデータを表すイラスト

IoT データの爆発的な増大を抑止

スマートデバイスは、リアルタイムで分析・活用する必要がある大量の IoT データを生成します。そこで重要になるのが予測分析とビッグデータアナリティクスです。データにコンテキストを追加して人手を介さずにアクションをトリガーするために、機械学習も使用されます。

イラスト:IIoT に接続されたスマートマシン

インダストリアル IoT (IIoT) と M2M

製造業においては、IoT はインダストリアル IoT (IIoT) になります。インダストリアルインターネットまたはインダストリー 4.0 とも呼ばれます。IIoT では、M2M (Machine to Machine) テクノロジーを使用して、リモート監視から、テレメトリー、予測保全にいたるまであらゆるものをサポートします。

IoT の価値を最大限に引き出すために

データを見る

20.4B

2020 年までに IoT に接続されるスマートデバイスの数。

Gartner

$11T

2025 年までに IoT がもたらすと考えられる年間経済効果。

McKinsey

50%

2020 年までに自律運用されるようになる資産の割合。

IDC

モノのインターネット (IoT) のメリット

Previous Next

新しいビジネスモデルと収益

自動的に製品が補充されるサービスやサブスクリプション型のサービスをご存知ですか?アプリを活用していますか?IoT は、従来のビジネスモデルを破壊し、企業がリアルタイムのセンサーデータと情報に基づいた新しいサービスを創出する機会を大量に生み出します。

業務効率

IoT の最大のメリットの一つは、IoT がもたらす効率性です。多くの企業は IoT を活用して、ビジネスプロセスや製造プロセスの自動化、業務のリモート監視・管理、サプライチェーンの最適化、リソースの節約を実現しています。

従業員の生産性

ウェアラブルデバイスをはじめとする IoT 対応デバイスは、多くの業種において従業員の生産性と仕事の満足度を向上させています。IoT によって、従業員は、的確な意思決定、定型業務の自動化、コミュニケーションの迅速化などを実現することができます。

カスタマーエクスペリエンスの強化

カスタマーケアと製品の販売実績/利用実績の統合から、高度にパーソナライズした製品およびサービスの提供まで、IoT はデジタル世界と物理世界をつなぐより魅力的なカスタマーエクスペリエンスを創出するためのさまざまな方法を提供します。

主要業種における IoT のユースケース

モノのインターネット (IoT) は、さまざまな業種や業務に大きな影響を与えています。先行している 3 つの業種をご紹介します。

成功する IoT 戦略の策定方法のご紹介

無料の IoT コースで知識を深めましょう

IoT の最新のニュースやトレンドをお届けします

Back to top