Skip to Content
お問い合わせ

製品の市場投入を加速するSAPのPLMおよびR&Dソフトウェア

新製品や改良した製品を、品質を犠牲にすることなく、どこよりも先に市場に投入しましょう。研究開発(R&D)や製品ライフサイクル管理(PLM)の取り組みをサポートするSAPのソフトウェアを活用すれば可能です。製品戦略を企業戦略と連携させ、コンプライアンスとIoTに関する仕様を製品に盛り込み、プロジェクト/ポートフォリオ管理(PPM)を強化しながら、最終的に収益の増大につなげることができます。

モノのインターネット(IoT)に対応する設計(約1分 / 英語)

製品ライフサイクル管理と研究開発に関する
SAPソリューションと専門知識

Previous

第4の産業革命

私たちは今、第4の産業革命の真っ只中におり、ネットワークに接続されたデバイス、テクノロジー、プロセスを基盤とする経済に向かっている、という点で専門家たちの意見は一致しています。R&Dの成功に向けた明確な道筋を見定め、相互接続とネットワーク化がさらに進んだ将来に向かって前進する方法とは?

貴社のR&D部門は競争を勝ち抜けますか?

製品ロードマップの作成基準を文書化し、製品の要件に関する評価、優先順位設定、最終確認を実施している研究開発部門は、収益目標を達成する新製品の数が9.5%増加するというデータがあります*。同業他社との比較で貴社の現状をチェックしてみませんか?

Next

お客様の声をお聞きください…

Previous

エンジニア目線の
業務効率化

製品の多様性と複雑さは高まる一方であるため、製造企業は、複数のオーサリングツールに保存されたデータを活用し、ハードウェア、エレクトロニクス、ソフトウェアを融合させた製品を生み出したいと考えています。最新のSAP Engineering Control Center統合ツールを活用すると、設計部門やエンジニアリング部門は、さまざまなデータソースを組み合わせて製品データの全体像を把握し、業務のスピード化を図ることができます。

イノベーションを全員の取り組みにする方法

イノベーションは贅沢品ではなく、必達要件です。しかし、それを制度化するのは簡単ではありません。この簡潔なビデオでは、SAP Innovation Managementが、イノベーションは難解という先入観を払拭し、インスピレーションが湧いたら時と場所を問わず優れたアイデアを活用できるような企業文化の形成に役立つ様子を紹介しています。

3Dビジュアライゼーションによる効率向上

3Dビジュアライゼーションとビジネスデータをバリューチェーン横断で統合するソリューションは、意思決定のスピードアップ、生産性の最適化、品質の向上に大きく役立ちます。3Dビジュアライゼーションを活用して研究開発プロセスを効率化する方法の詳細を、ぜひご確認ください。

Next

製品ライフサイクル管理と研究開発に関して
今一番ホットなトピック

Previous

R&DおよびPLMの専門家と交流しましょう(英語)

R&Dに関する最新のニュース、ブログ、インタビュー記事などをお探しなら、SAPが運営するソーシャルネットワークのSCNには、R&DやPLMのプロフェッショナルが集っています。

次々に接続されていくクルマ、マシン、製品(英語)

すでにお気付きでしょうが、私たちが生きる世界は、ネットワークで相互につながり合うことが当然となりつつあります。モノのインターネット(IoT)、コネクテッドカー、コネクテッドマシンなどは、こうした産業の新時代を象徴する流行語ですが……

 

 

過去のPLM観からの脱却(英語)

SAPのお客様の多くは、製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションでビジネスを効率化したいとお考えになります。しかし、PLMとは戦略であり、ソリューションを購買して導入し、リストをチェックしていけば効果が実現するとは限りません…

Next

SAP Digital Business Servicesでビジネスの手法を再創造

ビジネスはあらゆるところでデジタルエンタープライズへと変革を遂げています。ですが、必ずしも容易にいくとは限りません。SAP Digital Business Services は、戦略からテクノロジー導入まで、さらにその先も見据えたあらゆるステップで、皆さまの変革の道のりを導き支援します。

SAP のエキスパートが、業務のスムーズな運営を確保しながら、新しいプロセスや機能を選択および導入するための支援を包括的に行います。デジタルエコノミーの進化する需要にご対応いただけるよう、ご利用の SAP ソフトウェアが継続的に卓越した価値を確実に提供するよう努めます。

SAPのトレーニングとエデュケーション

SAPソフトウェアに関する知識を強化し、新しいスキルを習得し、会社全体の専門知識を拡充させましょう。SAPソリューションのパワーを最大限に引き出すために、幅広いトレーニングコースや認定プログラムをお役立てください。

Back to top