Skip to Content
お問い合わせ

モノのインターネット(IoT)とは何か?

モノのインターネット(IoT)の定義: スマートフォンやタブレットだけでなく、インターネットにつながっている
センサー搭載のほぼあらゆるモノ(クルマ、生産プラントのマシン、ジェットエンジン、油井掘削装置、ウェアラブルデバイスなど)を含む巨大なデバイスネットワーク。これらの「モノ」が、データを収集したり、データをやり取りしたりします。
 
IoT、およびその背景にあるM2M(マシン間)テクノロジーは今、ほほすべての業種に、いわば「超見える化」をもたらしつつあります。サービスの中断を予測して予防できる公益事業会社や通信会社、航空機のパフォーマンスをリモートで監視して最適化できる航空会社、リアルタイムのゲノム分析に基づいて治療できる医療機関などを想像してみてください。ビジネスに利用できる可能性は無限です。

「10 Days of IoT」ショーケース

さまざまな企業が、SAPを利用してモノのインターネットをいかに有効に活用しているかご覧ください。「10 Days of IoT」シリーズでは、世界中のさまざまなストーリーを紹介しています。
Previous

インダストリアルIoT(IIoT)

IIoT(インダストリアルIoT)は、製造業界において、かつてなかった洞察の確保と大幅な効率アップを実現します。マシン学習、M2Mコミュニケーション、センサーデータ、自動化テクノロジーが連携して、自律的スマートマシンとコネクティッドファクトリーが構築されます。

あらゆるモノのインターネット(IoE)とは?

あらゆるモノのインターネット(IoE)は、モノ、デバイス、ヒト、プロセス、データといったあらゆるモノをインテリジェントにつなぎます。IoEシステムは、センサーデータをより意味のあるものにし、さらには、実際の行動へとつなげることのできる情報をビジネスエコシステム間で共有できる安全で便利なインフラを提供します。
Next

IoT戦略構築時に知っておくべき6つのこと

新しいチャンスは新しい課題とともにやってきます。これらに立ち向かい、IoTの可能性を最大化するために必要な機能をここに示します。
IoTセキュリティ
従来のIT境界を越えてデータを収集する企業にとって、IoTセキュリティは非常に重要な検討事項になります。具体的には、デバイスのセキュリティ保護と監視、機密データの暗号化、リスク軽減措置のシステム実装などが挙げられます。
Collapse
データのストリーミング
IoTアプリケーションは、従来の一括処理が扱っていたデータ量より大量のデータを蓄積し、処理します。信頼性の高い方法でビジネスプロセスをリアルタイムに供給し、タイムリーな洞察を得るには、データの継続的なストリーミング機能が必須です。
Collapse
IoTプラットフォーム
IoTプラットフォームは、IoTとM2Mのアプリケーションを開発、導入、管理するための基盤です。プロセスとネットワーク接続を自動化し、センサーデータを管理し、デバイスを接続および制御し、データを分析します。
Collapse
IoTアプリケーション
「次世代」IoTアプリケーションは、膨大な情報を取得、収集、解釈し、それに基づいて、接続ギャップの検出、介入処理、特定の業務/業界固有要件への準拠などに対応できる必要があります。
Collapse
IoTクラウド
IoTクラウドソリューションを利用すると、高速データネットワークに手頃な価格でアクセスできます。これにより、IoTアプリケーションのカバー範囲と利便性が大幅に広がります。さらに、データストレージ、処理、分析、リモートデバイス管理の各機能も利用できるようになります。
Collapse
IoTデータ
IoTデータ管理テクノロジーにより、接続が中断されても、適切なデータが適切なタイミングで確実に収集されます。何千というデバイスから生成される膨大なデータの処理は、インメモリーシステムが行います。
Collapse

お客様の声をお聞きください…

IoTに関連するホットトピック

Previous

Industry 4.0を進める

Industry 4.0は、製造業務をデジタル化するための洗練された青写真です。導入までの道筋は複雑になる場合もありますが、より簡単な導入を実現するために、製造ソリューションとIoTソリューションについてのSAPの専門知識と洞察を活用した3つのパッケージを用意しています。

センサーから(人間の)感覚を取得

すべての変革は、測定する能力から始まります。ますます高度化し、まもなく数兆個に達するというセンサーにより、認識と測定の能力を人間の自然な感覚をはるかに超えるレベルにまで高めることができます。しかし、新しいセンサーデータはどの程度必要なのでしょうか。

IoTの管理:CIOによる最大の功績

モノのインターネット(IoT)により、かつてないレベルのプロセスの効率性がもたらされ、大企業は年間数億ドルの予算節減が可能になります。では、組織内で誰がIoTとM2Mテクノロジーの開発を主導すべきでしょうか。おそらくCIOです。詳細はこちらから。 

SAP IoTソリューションの詳細はこちら

モノのインターネットを最大限に活用するには、企業は、モノをビジネスプロセスにつなげる必要があります。SAPのIoTソリューションをすでに取り入れている前向きな企業が達成している結果をご覧ください。最初は何から取りかかったのでしょうか。
Next

IoT:4つの業界のストーリー

このIDCホワイトペーパーは、IoTが、どのように4つの業界を変革しているのか語っています。医療業界では「あらゆるモノのインターネット(IoE)」が実現しつつあり、食品・消費財業界、組立製造業界、小売業界でも大きな変革がもたらされています。

IoTの専門家からの最新情報をお届けします

Previous

IoTデータから価値を発見する

企業幹部の81%が、インダストリアルIoTの導入成功が将来の成功の要になると信じていますが、明確なIIoT戦略を立てている幹部は25%だけです。SAPが提供するドット接続のサポートをご確認ください。

つながっていないあらゆるモノをつなげる

製品、資産、およびサプライチェーンを接続することにより、「Run Live」を実現することができます。小売業、食品・消費財、組立製造、医療の4つの業種について、このテーマをより深く掘り下げてみましょう。

コネクティッドカーデータには1.5兆ドルの価値がある

我々は多くの時間を車の中で過ごしています。そして、コネクティッドカーからは膨大な量のデータが生み出されます。このデータは誰のものでしょうか。誰が分析し、どうすれば収益化できるのでしょうか。専門家のサポートを受けて収益化を確実なものにしましょう。

Next
Back to top