コンテンツにスキップする
画像:眼鏡をかけた笑顔の男性が、テーブルでタブレットを操作している

SAP for Me

SAP for Me ポータルは、お使いのあらゆる SAP 製品にアクセスできる、パーソナライズされたアクセスポイントです。

SAP for Me はお客さま一人ひとりのニーズに応えます

パーソナライズされたアクセスポイントにより、統合された透明性のあるデータへアクセス

現代の超多忙なビジネスの現場で、時間ほど貴重な資源はありません。SAP for Me ポータルを導入すると、ひとつのアクセスポイントから、SAP との連携を簡単に実現できます。たとえば、貴社に最適なソリューションの案内をいつでも即座に受けられます。また、ご利用中のあらゆる SAP 製品に関するアラート、分析結果、洞察などの重要なデータを確認することも可能です。

  • 既存の SAP ポートフォリオに対する高い透明性 
  • 情報源をひとつに集約することで、すばやく適切な意思決定をサポート 
  • データやトレーニングへのアクセスが容易になり、SAP 投資の ROI が向上

ポートフォリオおよび製品

製品の全体像を把握。ロードマップやイノベーションも確認できます。

財務および法務

SAP の契約、ライセンス、請求書、利用状況、残高明細などを確認できます。

システムおよびプロビジョニング

クラウドやオンプレミスのシステムを管理。また、システムの使用可否やステータスも管理できます。

知識と学習

製品に関するスキルを高めるチャンスです。Learning Journey やトレーニングの状況も確認できます。

保守とサポート

サポートインシデントの確認と、保守およびサポートトピックの管理ができます。

ユーザーと連絡先

セルフサービスツールを使用して、SAP 担当者への問い合わせや、貴社における役割を管理することができます。

目的は様々、ソリューションはひとつ

SAP for Me は各個人の役割や関心に応じて最適な情報を提供します。どんな役割のユーザーでも、それぞれのユーザーエクスペリエンスを体験しながら、SAP for Me の機能と情報の有用さを実感いただけます。

エンタープライズアーキテクトSAP for Me の機能をフル活用できます。対象分野は製品、システム、予測、財務、教育など多岐にわたります。

ライセンスマネージャ:貴社の SAP 製品ポートフォリオの財務関連状況とパフォーマンスを管理できます。

サポートマネージャ:関連する大量のデータを駆使して、貴社に最適なサービスを提供できます。

SAP for Me は非常に重要なツールです。なぜなら、このツールによってSAP ソリューションに関する情報を簡単に集められるので、チームが本来の仕事に集中できるからです。あちこち調べて回る必要がありそうな疑問も、SAP for Me から探せばすべて解決します。しかも、洗練されたユーザーインターフェースのおかげで、何が起こっているのか一目でわかります。

ハミルトン・ボカレフ (Hamilton Bokaleff)、Natura

バージョン番号や保守スケジュール、リリースノートやクラウドサービスを探すのに時間をかける必要がなくなり、より戦略的なプロジェクトに集中できるようになりました。SAP for Me があれば、これらの情報を 1 カ所から見渡すことができます。もう時間をむだにすることなく、明るい未来に向けて確信を持って進んでいけると期待しています。

ピーター・モナハン (Peter Monaghan)、Breakthru Beverage Group

SAP for Me は素晴らしいポータルです。ユーザーフレンドリーで扱いやすく、しかも効果的。各ユーザーに合わせて、適切にカスタマイズされたデータを表示してくれます。操作は直感的で、初めてでもすぐに使えるようになります。また、ユーザーが混乱するような細かすぎるデータや選択肢は省いてくれます。こういったデータは滅多に使いませんからね。

ソフィー・ステファノ (Sophie Stefano)、hub.brussels, the Brussels Agency for Business Support

エキスパートから最新のニュースとトレンドをお届けします

ユルゲン・ジャコウスキー (Juergen Jakowski)
チーフプロダクトオーナー、SAP for Me SAP
SAP for Me の対象ユーザーは?

特定の職務のユーザーには SAP for Me の大きなメリットを既に実感していただいています。加えて、SAP とコミュニケーションを取りうるすべての方にメリットを享受していただけると信じています。ブログで役割、権限、ログイン方法などを解説しているので、ぜひ読んでみてください。

オグツァン・ジェニス (Oguzhan Genis)
ビジネスオーナー、SAP for Me SAP
SAP for Me を使用して、SAP Commerce Cloud 環境を導入する

SAP for Me は、SAP Commerce Cloud システム製品をレビュー、管理、認証する標準ソリューションになりました。SAP for Me を使用すると、ユーザーフレンドリーなダッシュボードに利用中の製品をわかりやすく表示できます。

ユルゲン・ジャコウスキー (Juergen Jakowski)
チーフプロダクトオーナー、SAP for Me SAP
SAP for Me の機能をフル活用するために必要な権限は?

SAP for Me は S-User フレームワークと、その権限に関するコンセプトを使用して、機密データへのアクセスを管理します。新しいタイプのデータを活用する機能が追加されたため、従来の S-User フレームワークに新しい権限を導入しています。

オンボーディング方法

me.sap.com にて、SAP for Me へのアクセス方法を確認しましょう。リソースやサポートも得られます。現時点で SAP for Me にアクセスできるのは、SAP の S-User ID を持つお客さまかパートナーに限定されています。

アクセスする

ログインしてアクセスを設定します。

開始する

SAP for Me のメリットは?ポータルの機能を最大限活用するには?

サポートを受ける

SAP for Me の使用中に問題が発生した場合の、連絡先と連絡手段を見つける

FAQ(よくある質問)

SAP for Me はライセンスフリーのアクセスポイントであり、SAP におけるすべてのエンゲージメントにひとつのポータルからアクセスできます。貴社の主要な業務をスピードアップさせることで、プロセスを最適化し、SAP とのシンプルで素早い連携を実現します。SAP for Me を導入すると、利用中の SAP 製品に関するあらゆる情報をこのポータルから確認できます。これまでバラバラだった情報を一か所に整理できるのです。

SAP for Me が実現する 3 つのポイント

  • 表示:利用中のあらゆる SAP 製品に関する情報を、誰にでもわかりやすく表示。しかも、ユーザーのロールや関心に応じて表示する情報を厳選してくれます
  • 調査:詳しく知りたい情報を、見つけ出してドリルダウンが可能です
  • 行動:目的の情報を確認したら、すぐさま対応に移せます。そのためのセルフサービス型ツールを搭載しています

SAP for Me は、お使いの SAP 製品全体をひと目で見渡せる、包括的なお客さま向けポータルです。複数のポータルから情報を集める必要はなくなり、ひとつのポータルから整理された情報を入手できます。SAP for Me は、さまざまなソース(「サテライト」)からデータを集め、製品ベースで表示します。インテリジェントなホーム画面では、状況に応じた主要指標とアラートを通じて、貴社の SAP 製品ポートフォリオ、システムとそのステータス、ライセンス利用状況、Learning Journey、サポートケースが一目で分かるようになっています。ここからサテライトにアクセスして、特定のタスクを完了することができます。SAP for Me は、SAP のさまざまなリソースを通じて貴社をガイドするデジタルコンパニオンです。

SAP for Me Community に参加してください。豊富な知識を持つユーザーや、SAP エキスパートに質問したり、SAP for Me に関するアイデア、意見、情報などを共有したりできます。

現時点では、SAP for Me へのアクセスは SAP サポートユーザー(「S-User」)ID および必要な権限を持つお客さまかパートナーに限定されています。

SAP のお客さまかパートナーであれば、S-User ID を取得してください。この ID は、貴社のユーザー管理者が生成して割り当てる必要があります。ユーザー管理者がわからない場合は、電話電子メールl、またはチャットを使用して、SAP ヘルプデスク (CIC) までお問合せください。制限されたコンテンツを表示するには、ユーザーに特別な権限を与える必要があります。これらの権限を割り当てられるのは、貴社のユーザー管理者だけです。

ユーザー ID を忘れた、ブロックされた、サーバーにアクセスできない、といった問題はSAP ヘルプデスク (CIC) がサポートします。電話電子メール、またはチャットでご連絡ください。

先頭に戻る