コンテンツにスキップする
財務データのフローチャートを表示するノート PC で使用している SAP Integration Suite ソフトウェア

SAP Integration Suite

統合、コネクター、API、ベストプラクティスでビジネスプロセスを接続し、自動化することで、より迅速な ROI を実現します。

SAP Integration Suite とは?

SAP Integration Suite は、オンプレミスおよびクラウドベースのアプリケーションやプロセスを、SAP が管理するツールや事前構築済みコンテンツと円滑に統合するための iPaaS (Integration Platform as a Service) です。

placeholder
クラウド統合

  • SAP が管理および更新する事前構築済みの統合
  • 人気のあるサードパーティクラウドアプリケーションへのアクセスの調整
  • API を設計、公開、管理する機能
  • AI 対応のクラウド/ハイブリッド統合開発
  • 統合戦略の定義、文書化、ガバナンスのためのガイド付き体系的アプローチ

placeholder

いつでも、どこでも、すべてを iPaaS で

メンバーになれば、インテグレーション、自動化のビデオやプレイブックに無制限にアクセスできます。

SAP Integration Suite ツアー

統合を最優先にすることで、デジタルトランスフォーメーションを加速できます。SAP Integration Suite がビジネスの統合と自動化にどのように役立つのかご確認ください。

placeholder
統合に向けた取り組みを開始し、以下の主要シナリオをご確認ください。

  • API 統合
  • イベント駆動型統合
  • B2B 統合

SAP の iPaaS

統合用ツールと事前構築済みコンテンツで、統合フロー、サードパーティーソリューションとの接続、API 管理など、統合に関するあらゆる課題に対応できます。

シームレスなビジネスプロセスを大規模に実現

  • API ベースの統合で柔軟にプロセスを構成、革新
  • リアルタイム処理による顧客、従業員、パートナーへの迅速な対応
  • さまざまなアプリケーションランドスケープとエコシステムをまたいだアプリケーションの統合

ビジネスプロセスの連携を加速

  • 何千もの事前構築済みの統合とコネクターにより、SAP、サードパーティー、および e 政府とのあらゆる統合を合理化
  • 組み込みのガイダンスを使用し、一般的な統合の課題を解決するためのシステムアプローチを採用
  • DevOps をサポートし、統合アーティファクトのライフサイクル管理をシンプル化

統合を最新化し、将来を見据えた戦略を策定

  • AI を活用した開発と推奨事項をツールに組み込み、複雑さを軽減
  • 一般的な電子データ交換 (EDI) ライブラリと応答フレームワークを使用した、AI が支援する B2B 統合を実現
  • SAP が管理するクラウドネイティブ環境経由で、セキュアかつ確実にデプロイ

シームレスなビジネスプロセスを大規模に実現

  • API ベースの統合で柔軟にプロセスを構成、革新
  • リアルタイム処理による顧客、従業員、パートナーへの迅速な対応
  • さまざまなアプリケーションランドスケープとエコシステムをまたいだアプリケーションの統合

ビジネスプロセスの連携を加速

  • 何千もの事前構築済みの統合とコネクターにより、SAP、サードパーティー、および e 政府とのあらゆる統合を合理化
  • 組み込みのガイダンスを使用し、一般的な統合の課題を解決するためのシステムアプローチを採用
  • DevOps をサポートし、統合アーティファクトのライフサイクル管理をシンプル化

統合を最新化し、将来を見据えた戦略を策定

  • AI を活用した開発と推奨事項をツールに組み込み、複雑さを軽減
  • 一般的な電子データ交換 (EDI) ライブラリと応答フレームワークを使用した、AI が支援する B2B 統合を実現
  • SAP が管理するクラウドネイティブ環境経由で、セキュアかつ確実にデプロイ

SAP のエンタープライズ Integration Platform as a Service (iPaaS) に関するアナリストの見解

統合の再創造:イベント駆動型のオートメーション革命に向けた準備

イベント駆動型オートメーションが、データ処理、オーケストレーション、状況認識にとっての主流アーキテクチャーに急速に変わりつつあります。企業はレジリエンス、スピード、柔軟性を高めるため、統合へのアプローチを見直しています。

placeholder
SAP Integration Suiteの定量的なメリット

お客様へのインタビューと財務分析から、SAP Integration Suite を使用する企業では、3 年間で最大 278% の投資回収率が見られました。

placeholder
ガートナー社の 2021 年版 EiPaaS 分野のマジッククアドラント

デジタル時代の組織にとって、統合が最も戦略的な優先事項となっている理由と、ガートナー社が SAP を EiPaaS のリーダーに認定した理由をご確認ください。

placeholder

クラウド移行

SAP Process Orchestration からクラウドに円滑に移行できます。

SAP の包括的な統合アプローチを採用しているお客様の事例をご紹介します

[SAP Integration Suite] は、優れたサポートと事前構築済みの統合シナリオにより、ターンアラウンドタイムを改善します。

ガウラヴ・パンディ (Gaurav Pandey) 氏 - PMP、ITIL、CSM

SAP アプリケーションマネージャー、Flynn Restaurant Group

SAP Integration Suite の使用に適していない統合プロジェクトはありませんでした。

ジェフ・ゴアズ (Jeff Gores) 氏

IT ディレクター、Bar-s Foods 社

SAP Integration Suite は、SAP とサードパーティー製ソフトウェアを接続する際に使用できます。

ミーナクシ・ジャイン (Meenakshi Jain) 氏

マネージャー、Frazor 社

SAP Integration Suite は、IT ランドスケープにおける最適なインターフェースです。高性能で、非 SAP システムとのインターフェースとしても十分に信頼できます。

チャールズ・アン (Charles Ahn) 氏

ディレクター、KPMG 社

[SAP Integration Suite] は、十分に所有コストを下げ、優れた ROI を実現してくれます。

プレム・フラーラ (Prem Phulara) 氏

アソシエイトバイスプレジデント、GSPANN Technologies, Inc

[SAP Integration Suite] により、SAP と非 SAP システムをリアルタイムで接続できるようになりました。

認証済みユーザー

IT 企業におけるエンジニアリング分野のパラプロフェッショナル

placeholder
Open Connectors 機能から始める

SAP Integration Suite 内の事前構築済み Open Connectors 機能により、アプリケーション統合をシンプル化および高速化しましょう。

placeholder
API Management 機能によりエンタープライズコラボレーションを実現

SAP Integration Suite 内の API Management 機能を使用して、セキュアで拡張可能な環境上で API を公開、推進、監視します。

Top Rated

お客様からの評価に基づき、SAP Integration Suite は iPaaS (Integration Platform as a Service) 分野において、TrustRadius 社の 2022 年 Top Rated 賞を獲得しました。レビューでは事前構築済みの統合フロー、サードパーティーのソフトウェアソリューションとのスムーズな統合、そして柔軟性が評価されています。

SAP Integration Suite に関する FAQ

iPaaS (Integration Platform as a Service) は、アプリケーション、データ、プロセス、およびサービス指向アーキテクチャー (SOA) の統合シナリオ向けクラウドサービスを提供します。このマルチテナントプラットフォームは、クラウド・ツー・クラウド、クラウド・ツー・オンプレミス、オンプレミス・ツー・オンプレミス、および B2B の統合をサポートします。リアルタイム統合をサポートし、モバイルの大容量ニーズ、ETL(抽出、変換、ロード)、電子データ交換 (EDI) 環境に合わせてスケーリングできます。

EiPaaS (Enterprise Integration Platform as a Service) は、アプリケーションとデータの統合、さらにプロセス、エコシステム、モバイルシステム、AI 対応システム、および IoT 統合の組み合わせ、API 管理機能やデジタル統合ハブ機能などを含む多様なシナリオに対応するクラウドサービススイートです。

出典:Gartner「Technology Insight for Enterprise Integration PaaS」Massimo Pezzini、Benoit Lheureux、2019 年 7 月 31 日

Integration as a Service は、インターネット経由でプロビジョニングされ、管理されるインスタントコンピューティングインフラストラクチャーです。

エンタープライズ統合とはデータへの挑戦、そのものです。組織内には大量のデータが存在し、「ビッグデータ」という言葉が、大規模で多様なデータソースを指し示すようになりました。多様な非標準フォーマットの膨大なデータには、計り知れないビジネスバリューが潜んでいます。このバリューを引き出すには、まずは複数のソースやアプリケーションのデータを統合する必要があります。モノのインターネット (IoT) も、日常的に使用されるデバイスを通じて顧客とつながり、有用なデータを分析する新しい機会をもたらしますが、活用するには、重要なデータを取り出し、データセンターに送る必要があります。Web アプリケーションによって、エンタープライズ統合はより複雑になります。特に、レガシーアプリケーションと、マイクロサービスなどのサービスベースアーキテクチャーを統合する必要がある場合、この傾向は顕著です。

メッセージングとは、分散アプリケーションアーキテクチャー上でのコンポーネント間の通信方法です。通信の送り手および受け手が共通のメッセージングフォーマットとプロトコルを理解していれば、各コンポーネントは、異なる言語、コンパイラ、オペレーティングシステム間でもメッセージを送受信できます。

アプリケーションコネクターは、コンポーネントのやり取りに関するルールをモデル化したアーキテクチャー要素です。これらは、特定の API 向けにカスタマイズされた標準クラス接続で、新しいエンドポイントを素早く統合できます。

SAP コネクターを使用すると、オープン規格ベースで、さまざまなアプリケーションやテクノロジーを SAP システムと統合することができます。このコネクターによって、ABAP または ABAP オブジェクトで記述された SAP コンポーネントと、Java、C++、Visual Basic などで記述されたその他のコンポーネントの相互運用性が技術的にサポートされます。

データストリームとは、実際のデータの送信とは関係なく、アプリケーションが追加したり、消費したりすることができる一定の情報の流れのことを指します。例えば、SAP HANA ストリーミング分析オプションは、受信イベントデータのストリームをリアルタイムで処理し、この情報を収集し、この情報に基づいてアクションを起こすためのオプションです。スマートデータストリーミングは、イベント発生時にデータを受信し、このデータを即座に収集および理解し、その情報に基づいてアクションを実行する必要がある場合に有用です。

リアルタイムにイベントストリームを生成するデータソースには以下のものがあります。

● センサー

● スマートデバイス

● Web サイト(クリックストリーム)

● IT システム(ログ)

● 金融市場(価格)

● ソーシャルメディア

データは通常、多様なソースとスマートデータストリーミングサーバーをつなぐアダプター経由で、そのソースからストリーミングプロジェクトに流れ込みます。このストリーミングプロジェクトには、ビジネスロジックが含まれています。これらは通常、連続クエリおよびルールの形式で受信データに適用されます。ストリーミングプロジェクトは完全にイベントドリブンで機能し、生の入力ストリームを 1 つまたは複数の派生ストリームに転換します。派生ストリームは、SAP HANA データベースでキャプチャされたり、アラートとして送信されたり、ダウンストリームアプリケーションにポストされたり、ライブダッシュボードにストリーミングされたりします。

EIP とは、共通の統合問題に対するテクノロジー依存ソリューションのコレクションです。また、パターンにより、開発者やアプリケーションアーキテクトが統合を説明するための共通言語が提供されます。

API は、アプリケーションソフトウェア構築のためのツール、定義、プロトコルのセットです。これにより、異なる製品やサービス間で互いの実装方法が不明であっても、通信が可能になります。

このマジッククアドラントグラフィックは調査資料全体の一部分として Gartner, Inc. が発行したものであり、資料全体の文脈の中での判断・評価を目的としています。ガートナーの資料をご希望のお客様は SAP までお問い合わせください。ガートナーは、ガートナーリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の称号を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Gartner Peer Insights Customers’ Choice バッジは、Gartner, Inc. および/またはその関連会社の登録商標、またはサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断複写・転載を禁じます。Gartner Peer Insights Customers’ Choice には、文書化された手法に対する個別のエンドユーザーのレビュー、レーティング、データなどの主観的な意見が含まれています。これらのいずれも、Gartner または Gartner の関連会社による見解を示したり、推奨を意味するものではありません。

先頭に戻る