コンテンツにスキップする
宇宙に打ち上げられたロケット

リリースのハイライト

SAP HANA と SAP HANA Cloud の最新リリースの新しい特徴、機能、ハイライトを紹介します。

最新の製品イノベーションの紹介

SAP HANA 2.0 SPS 06 は、お客様に継続的なイノベーションを提供する上での、SAP の次のマイルストーンです。新機能の詳細は、このページで直接ご確認いただくか、ウェビナーシリーズをご覧ください。

SAP HANA の新機能をご覧ください

最新のリリースサイクルに含まれている主要な機能をご確認ください。新機能とこれらのイノベーションがもたらすメリットについて、SAP のチームが紹介します。

SAP HANA の新機能をご覧ください

最新のリリースサイクルに含まれている主要な機能をご確認ください。新機能とこれらのイノベーションがもたらすメリットについて、SAP のチームが紹介します。

注目のハイライト

SAP HANA 2.0 SPS 06 は、総所有コスト (TCO) をよりいっそう削減する新機能と、データベース運用、データ管理、データ統合、アプリケーション開発、スマートマルチモデル機能を強化するセキュリティと運用管理機能を備えています。

運用管理と監視

企業全体のデータベースの管理とモニタリングをシンプル化する、データのコピー、ダウンロード、インポートの新しい設定オプションと、グループ化とフィルタリングのデータベースオプションが、SAP HANA データベースエクスプローラーで利用できます。

キャプチャと再生

特定のポイントで迅速に再生を開始したり、再生ブロックの状況をリアルタイムに分析したりして、変更とアップグレードを適用する前に、潜在的な問題の検出、分析、検証を行い、効率と効果を上げることができます。

高可用性と障害回復

セカンダリーサイトの自動再登録により複数ターゲットの複製を最適化し、ログポジションが許可した場合に、インスタンスの再起動を回避できます。クラスターで複数の障害が発生した場合は、クラスターマネージャーの統合ステータス情報が役立ちます。

バックアップと復旧

  • データ、ログ、バックアップカタログのバックアップなどのフルバックアップの圧縮と、設定パラメーターのバックアップと復旧により、バックアップと復旧の効率を高め、TCO を削減します。
  • サードパーティーのバックアップツールが利用できない場合に、BACKINT ベースのログバックアップ出力先をステージング領域に切り替えるフェイルオーバーを通じて、バックアップの継続性を高めます。
  • マルチテナントのデータベースコンテナー (MDC) 設定で、システム全体のスケジューラーを通じて複数のテナントに対するバックアップのスケジューリングを行い、ディスクフルになった後も自動的に継続します。

パーシスタンス

  • SAP HANA の内部スナップショットによる永続的な増分データ量を解放するため、ハウスキーピングジョブを実行します。これによりデータ量を最適化し、データ量が事前定義されたしきい値を超えないように保護します。
  • 設定可能なファイルの IO 管理を通じて、基盤となるインフラストラクチャーの帯域幅をフルに利用し、最適化されたスループットとバランスのとれた IO リクエストを確保します。
  • カーネルに入る前に実行を高度に並列化し、メモリーを解放して、SAP HANA のクラッシュやシャットダウンの動作を高速化します。

セキュリティ

  • 新しい SAP HANA データベースインストール用のトランスポート層セキュリティ/セキュアソケットレイヤー (TLS/SSL) 証明書の自動設定により、企業全体の SAP 権限と、パワーユーザーやデータベース管理者からの機密データに対する高度な保護を適用し、TCO を削減します。
  • Security Assertion Markup Layer (SAML) および JSON Web Token (JWT) 認証に対する複数のユーザーマッピングにより、ユーザー権限の処理がシンプルになるメリットがあります。
  • データマスキングのセマンティクスのシンプル化と拡張により、データプライバシーを確保できます。
  • 公開鍵と秘密鍵のペアによって JWT が管理される証明書コレクションに、公開鍵を追加します。

ネイティブストレージ拡張

  • 組込プロシージャを活用して SAP HANA ネイティブストレージ拡張アドバイザーをより簡単に使用することができます。また、アドバイザー実行に関する統計を取得して実行履歴と比較したり、信頼度レベル別に推奨事項に優先順位を付けたり、フィルタールールを使用して、推奨事項からデータベースオブジェクトを除外することもできます。 
  • テーブル再分配による SAP BW/4HANA デプロイメントなど、スケールアウト環境のデータ負荷分散を自動化できます。また、SAP HANA ネイティブストレージ拡張テーブルとパーティションもサポートしています。
  • ほとんど使用されていないモニタリングデータを SAP HANA ネイティブストレージ拡張に移行するよう統計サーバーテーブルを設定して、運用コストを削減し、インメモリーフットプリントを最適化します。

パフォーマンスの最適化とパーティショニング

  • 統合された受付管理によって階層ワークロードクラスを設定し、ワークロードクラスの統計と受付管理統計をリアルタイムで監視して、ワークロードの柔軟性と可視性を高め、直感的なワークロード管理を実現します。
  • パーティションの移動や異種混合の再パーティショニングなど、オンラインモードでパーティショニング操作を実行して、テーブルパーティショニングを使用する際の柔軟性を高め、労力を軽減します。
  • データ移動なしでパーティション列のデータ型を変更し、パーティション ID に基づいてパーティションを切り捨てます。 
  • パーティショニング操作と選択の統計に関する履歴を分析して、透明性を向上させます。

スマートデータアクセス

  • 最新バージョンの Microsoft SQL Server と Oracle データベース、SAP IQ と SAP Adaptive Server Enterprise 用の ODBC ドライバー、Cloudera、Hortonworks、および Cloudera Data Platform, Private Cloud Base のサポートを通じて、SAP HANA リモートソースを使用する際の柔軟性が向上し、労力が軽減されます。 
  • データベースを移行しないハイブリッドシナリオで、ログに基づいたリアルタイムの複製を通じて、オンプレミスの SAP HANA システムのデータとオブジェクトを SAP HANA Cloud にシームレスかつ動的に拡張します。

スマートデータ統合

  • パフォーマンス、接続、セキュリティ、および統合の改善によるメリットを獲得するとともに、さまざまなアダプター拡張と認証を活用して、最新の業界標準を導入します。
  • ASE アダプターおよび ASE ECC JAVA アダプターを利用して、SAP Adaptive Server Enterprise (ASE) ソースで変更データキャプチャを実行するために、ログ転送言語 (LTL) 技術を活用します。
  • 新しいトリガーベースのアダプターを使用して Oracle 19c データベースに接続し、古いログベースの複製を置き換えます。
  • 遅延のチケット管理、スループットの測定、ボリューム分析、履歴設定、リモートソースによって適用されたレコード量測定などの拡張監視機能により、エンドツーエンドのパフォーマンス測定を最適化します。

計算ビュー

  • 計算ビューモデリングの拡張機能を使用して、クエリのパフォーマンスを高め、リソース消費を削減できます。さまざまなタイプのモデリングされた SQL 階層ビューの生成や、多次元式 (MDX) クエリの技術階層の削除によるデプロイメントの高速化が可能です。また、「エンドユーザービュー」フラグを設定して計算ビューの役割を示したり、非等価結合を定義する場合は式を使用することができます。  
  • SQL コンソールに表示されるようになった SQL 警告、SAP HANA データベースエクスプローラーの新しいレイアウト、追加データベースウィザードによって、SAP HANA コックピットと SAP HANA データベースインフラストラクチャー (HDI) サービスレイヤーのデータベースオブジェクトの作業効率を高めることができます。

Python/R クライアント

  • 複数ステートメントの SQL、空間関数とグラフ関数、DocStore ファイル形式、および DataFrame オブジェクトのインデックス、ソート、結合/結合解除メソッドのサポートにより、Python と R の機械学習クライアントを使用する場合の生産性が向上します。
  • PAL プロシージャを利用すると、機能範囲とビジュアライゼーションの拡張に関して、生産性を高め、継続的に更新することができます。

予測分析と機械学習

インテリジェンスを作成して次世代の高度なアプリケーションに組み込み、新しいリアルタイムの機械学習ユースケースに対応します。このユースケースは、統一された回帰、分類、予測、スペクトルクラスタリングと、ベイズ(確率、BCPD、BSTS)、中断、ボラティリティ (GARCH)、多変量 (ベクトル ARIMA)、加法モデルなどの時系列分析による強化のほか、統一された指数平滑化法(大規模な並列予測、モデルの解釈可能性、説明可能性などの強化)を通じて実現されます。

空間

空間参照系 ID (SRID) を指定せずにテーブルに空間列を定義するオプション、Esri JSON データフォーマットのサポート、長方形グリッドのジェネレーターによる柔軟性の向上からメリットを得ることができます。

SAP HANA と SAP HANA Cloud の最新リリースとアップデートの詳細

継続的な革新は、SAP HANA と SAP HANA Cloud の戦略の重要な構成要素です。最新のサポートパッケージスタック (SPS) で導入された機能やアップデートを発見し、ニュース速報で最新情報を入手してください。また、特定のリリースバージョンをご確認いただけます。

SAP Analytics Cloud のドキュメント、トレーニング、ロードマップの検索

SAP Help Portal

製品のオンボーディング、導入、拡張性、その他多くのトピックに関するドキュメントを検索できます。

SAP Support Portal

あらゆる導入オプションで、事前対応型、予測型、予防型のサポートを受けながら、最新テクノロジーを活用してビジネス目標の迅速な達成を実現しましょう。

ロードマップ

現在のオプション、計画されているイノベーション、将来の機能についてご確認ください。

SAP Help Portal

製品のオンボーディング、導入、拡張性、その他多くのトピックに関するドキュメントを検索できます。

SAP Support Portal

あらゆる導入オプションで、事前対応型、予測型、予防型のサポートを受けながら、最新テクノロジーを活用してビジネス目標の迅速な達成を実現しましょう。

ロードマップ

現在のオプション、計画されているイノベーション、将来の機能についてご確認ください。

先頭に戻る