コンテンツにスキップする
スクリーンショット:モニターに表示された SAP Adaptive Server Enterprise ソフトウェア

SAP Adaptive Server Enterprise (SAP ASE)

オンプレミスでもクラウドでも、トランザクションベースのアプリケーションをモダナイズして高速化

OLTP リレーショナルデータベース機能

SAP Adaptive Server Enterprise (SAP ASE) のリレーショナルデータベースサーバー機能を活用してトランザクション処理を迅速化しましょう。

トランザクション処理のパフォーマンスの向上

  • より高速にアクティブデータにアクセス
  • マルチバージョンコンカレンシーコントロールによって読み書きの競合を解消
  • 一意のインデックスキーにアクセスすることにより、高並列環境に対応

OLTP データベースのセキュリティを強化

  • 共通の暗号ライブラリによる SSL 実装の標準化と確保
  • 機密のコマンドおよびパスワードをオンデマンドで暗号化
  • 詳細な監査によりレコード数を削減

SAP HANA との統合により互換性が向上

  • SAP のデータベースプラットフォーム全体にわたって共通のダイアレクトを開発するために SQL スクリプトをサポート
  • インコンテキストセッションにより SAP ASE と SAP HANA の間の互換性を強化

OLTP リレーショナルデータベースのパフォーマンスの最適化

強化されたテクノロジーイノベーションを活用して、パフォーマンスを向上させ、トランザクション処理を高速化しましょう。
詳細
XOLTP

  • トランザクション処理の効率向上
  • 高パフォーマンス、低遅延の XOLTP エンジンをサポート
  • スナップショットアイソレーションにおけるアプリケーションの互換性を実現
  • 最新鋭のマルチコアコンピューティングプラットフォームの機能を適用

暗号化

  • 計画外のダウンタイムとセキュリティ侵害からビジネスデータを保護
  • ネイティブの高粒度データ暗号化をサポート
  • 一貫したサービスレベルとデータのセキュリティを維持

圧縮

  • リレーショナルデータと非構造化データを圧縮して RDBMS のパフォーマンスを改善
  • データをより効率的に格納し、格納コストを低減
  • データ取得の簡素化と高速化により、スピーディな意思決定を実現

MemScale

  • 最新のメモリーアーキテクチャーによって応答時間を短縮
  • 高度な同時実行性と低いコンテンションによってクエリ実行を加速化
  • コスト効果の高いストレージ管理により、頻繁に使用するデータへの迅速なアクセスを実現
  • 重要データの低遅延、低永続性、小さいキャッシング粒度を実現

パーティション

  • 膨大なデータを RDBMS 全体で小さく分割
  • ユーザーが特定のデータグループにアクセスして分析し、より迅速にインサイトを獲得することが可能
  • 大量のデータを、使用しやすいデータグループにまとめることで、トランザクション処理を高速化

柔軟なクラウド対応の RDBMS

クラウド対応 RDBMS では、適切なサブスクリプションオプションを選択して、必要な機能の料金だけを支払い、導入展開を加速化できます。
詳細
パブリッククラウド RDBMS

  • SAP ASE と SAP Replication Server の組み合わせがもたらすメリット
  • セキュリティ、ディレクトリサービス、暗号化、圧縮、パーティション化、およびワークロード分析を含むオプションを選択

プレミアムパブリッククラウド RDBMS

  • クラウドで RDBMS を効率化および高速化
  • MemScale オプションと always-on オプションを活用

ワークロード最適化

ビジネスオペレーションのコントロールの強化とリスクの軽減を図りながら、変化するワークロードに適応しましょう。
詳細
ワークロードプロファイラー

  • コスト効果の高い適切な機能を採用
  • 既存のアプリケーションに対する、インメモリー行ストレージ、差分参照コード、MVCC、オンディスク MVCC の影響を把握
  • アーカイブ済みの情報を分析し、プロファイルされた機能に関する推奨事項を提示
  • それに基づいて対象のサーバーを再設定

ワークロードアナライザー

  • ワークロード分析によりパフォーマンスを最適化
  • 本稼動環境のワークロードを収集、分析、再現
  • 業務中断を招くことなく、設定変更がアプリケーションパフォーマンスにもたらす影響を迅速に評価
  • 実際のワークロード診断に基づいてアプリケーションを改良

先頭に戻る