コンテンツにスキップする
画像:夕日に向かって電球をかざす人

SAP と共にイノベーションを起こす

現在直面している問題と同様の課題に取り組んできた別の企業から、教訓を得たいと思いませんか?また、全く別の視点からインスピレーションを得てイノベーションに活かしたいとは思いませんか?そんな思いを SAP が叶えます。SAP のエキスパートチーム、お客様、パートナーによる選りすぐりのコンテンツをご覧いただき、企業運営の最適化にお役立てください。

画像:野菜スタンド
  • 食品・消費財
  • 製造
  • エネルギー・公益事業
  • エンジニアリング・建設
  • 食品・消費財
  • 製造
  • エネルギー・公益事業
  • エンジニアリング・建設
食品・消費財

サステナビリティの取り組みが主流に

食品・消費財企業は、消費者のニーズに応えられるサプライチェーンづくりに優先的に取り組んでいます。SAP の調査により、経営幹部たちが、時には相反する指針をうまく操りながら、サステナビリティを高め、イノベーションを推進し、サプライチェーンのレジリエンス(回復力)を向上させると同時に、消費者に影響するその他の方法で競争力を維持し続けることができる重要な領域が明らかになりました。

製造

サプライチェーン構築に重点を置き、サステナビリティを高める

製造業者は、競争力を高め、製品とサービスのイノベーションを推進するために、サステナビリティの向上に優先的に取り組んでいます。SAP の調査により、経営幹部たちが、サステナビリティを高め、インダストリー 4.0 を進め、サプライチェーンのレジリエンス(回復力)を改善できる、鍵となる領域が明らかになりました。

エネルギー・公益事業

サステナビリティ向上に重点を置き、規制強化に対応

公益事業会社は、規制強化への対応、エネルギーコストの削減、製品イノベーションの推進、顧客ニーズへの対応のために、サステナビリティの向上に優先的に取り組んでいます。SAP の調査によると、これらの課題に対応できるかどうかが、将来の世代がより生きやすい世界を創ることにつながるだけでなく、会社の財務パフォーマンスと存続を左右する可能性もあると示されています。

エンジニアリング・建設

サステナビリティ向上に重点をおき、製品イノベーションを推進

エンジニアリング・建設会社は、提供する製品やサービスのイノベーションを推進し、エネルギー消費コストを削減するために、サプライチェーンのサステナビリティ向上に優先的に取り組んでいます。SAP の調査により、経営幹部たちが、時には相反する方針をうまく操りながら、サステナビリティを高め、イノベーションを推進し、サプライチェーンのレジリエンスを向上させることができる、鍵となる領域が明らかになりました。

高速道路を走行するトラック
貨物用コンテナ

サプライチェーンのレジリエンス(回復力)を高めるために、ローカルで考える

パンデミックだけがグローバルなサプライチェーンに対する脅威ではありません。混乱を生き抜くために、企業は顧客に近い存在であるサプライヤーを組み込んでいく必要があります。

記事を読む

新型コロナウィルス収束後の世界に向けた 5 つのサプライチェーンの真実

過去 30 年間に席巻した長く、無駄のない、低コストのグローバルサプライチェーンは、これからもこのまま同じではありません。リスクを重視する新しいルールが現れつつあります。

記事を読む

サプライチェーンリソースのライブラリーにアクセス

最新の記事、リサーチ、ビデオをご覧いただけます。

先頭に戻る