コンテンツにスキップする
お問い合わせ
チャットで相談 チャットで相談(受付時間外です)
チャットでご質問にお答えします。
ウェブで相談
ご意見、ご質問、フィードバックなどをお寄せください。

設備資産管理

SAP の設備資産管理 (EAM) ソフトウェアを活用して、物理的資産のライフサイクル全体を管理しましょう。

SAPPHIRE NOW Reimagined

インテリジェントエンタープライズであれば、高い回復力を有し、復旧を要する危機的状況下でも成功へと歩を進めることができます。その詳細をご覧ください。

設備資産管理が、卓越したサプライチェーンをもたらす理由を解説した、Oxford Economics 社のレポートをお読みください。
産業変革に力を合わせる Siemens 社と SAP

統合されたエンドツーエンドの製品ライフサイクル、サプライチェーン、設備資産管理ソリューションを提供する、Siemens 社と SAP のパートナーシップについての発表をご覧ください。

SAP Intelligent Asset Management ソフトウェアによるリアルタイムの洞察と予防保全

IoT、機械学習、高度なアナリティクスを用いたデジタルツインテクノロジーにより、設備資産のパフォーマンス管理能力を最大化しましょう。

SAP Asset Intelligence Network

クラウドベースのリポジトリーを活用して、設備資産情報を収集、追跡しましょう。

 

コラボレーティブ EAM

設備の最適な導入、管理、保全を行うためのベストプラクティスを共有します。

一元管理された設備資産データリポジトリー

一元管理された設備資産および機器の詳細情報にアクセスし、効果的な固定資産管理および顧客サービスプロセスを実現します。

設備資産パフォーマンス管理

設備情報を収集・追跡して、製造業者、オペレーター、サービスプロバイダーとパフォーマンスアナリティクスを共有しましょう。

この新しいネットワークによって、当社はもちろんのこと、当社のお客様やパートナーも、効率の向上と業務用設備のリスク軽減を実現することができます。

Michael Sigl, Team Lead, IT Infrastructure and Communications, NETZSCH Pumpen & Systeme GmbH Netzsch 社の導入事例を読む

SAP Asset Strategy and Performance Management

設備資産パフォーマンスを測定および改善し、保全戦略を強化しましょう。

 

設備資産の情報管理

ERP システムからデータをアップロードし、故障モード解析を管理して、モデル、設備、場所、スペアパーツを追跡しましょう。

リスクとクリティカル度の評価

さまざまなディメンションと影響度カテゴリーに基づいてリスクスコアを計算します。

故障モードと影響解析(FMEA)

潜在的な故障とその原因、影響を特定し、リスク優先順位番号 (RPN) を割り当てましょう。

SAP Predictive Maintenance and Service

SAP の事前対応型メンテナンスツールを使用して、設備故障を検出、予測、防止しましょう。

 

設備資産をあらゆる角度から把握

1 つのソリューションで、設備資産モデル、マスターデータ、トランザクションデータ、パフォーマンスデータをあらゆる角度から把握します。

高度な予測分析

リアルタイムアナリティクスをモデル化し、予測保全・保守サービスのパフォーマンス、機会、リスクを把握します。

直感で使え、拡張性に優れたインテリジェンス

高度な機械学習アルゴリズムを使用して大量のデータを処理し、設備保全に関する実用的なインサイトを獲得します。

SAP Predictive Engineering Insights by ANSYS

リアルタイムの予測エンジニアリング分析で、設備資産の効率的な管理と運用をサポートしましょう。

 

設備資産の健全性の予測

製品のデジタルツインを作成して、製品の現在の状態を評価し、劣化の兆候を特定します。

仮想センサーによるデジタルツイン

デジタルツインに配置された仮想センサーのネットワークを利用して、設備資産のステータスを継続的に監視します。

動的な 3D ビジュアル化

シミュレーションモデルを利用して、設備資産の動作の検査、異常の根本原因のビジュアル化、および部品交換時期の特定を行います。

SAP Asset Manager

コンテキストリッチなビジュアル化と行動につながる洞察を利用して、シンプルかつ迅速に設備資産管理プロセスを実行しましょう。

 

作業指図管理

作業指図を管理し、地理情報システム(GIS)と統合し、最新の設備資産パフォーマンスデータを入手します。

さまざまなデバイスとの互換性

TouchID や位置情報サービスなどのネイティブ機能を備えた iOS および Android デバイスで直感的なユーザーエクスペリエンスを提供します。

モバイル設備資産管理

オンライン、オフライン、または接続が安定しない環境でも、作業指図や設備資産プロセスのレビューおよび管理が可能です。

SAP Work Manager

SAP Work Manager モバイルアプリを利用して、保守スタッフの安全性、生産性、独立性を強化しましょう。

 

作業指図管理

作業指図や通知の監視、アクションや測定値の追跡、GIS の統合が可能になります。

保守管理

オンライン、オフライン、または接続が安定しない環境でも、保守データにアクセスし、プロセスを管理できます。

さまざまなデバイスに対応

ネイティブアプリケーションとして iOS や Android デバイス上で動作するほか、バックエンドの SAP サポートを受けることができます。

さまざまな導入展開オプション

クラウドまたはオンプレミスでの導入を選択できるため、貴社固有のビジネス要件を満たすことができます。

SAP Geographical Enablement Framework

地理情報対応の設備資産管理プロセスとマスターデータに基づいた、地図ベースのユーザーエクスペリエンスを利用して、より詳細なインサイトを獲得しましょう。

 

Web ベースの地理情報検索ツール

SAP Business Suite と SAP S/4HANA の地理空間機能を活用すれば、公開されている GIS 情報を利用したり、地図上にデータを表示したりできます。

スタンドアロンの地理情報編集ツール

SAP Business Suite または SAP S/4HANA で空間対応ビジネスオブジェクトの地理情報を作成、編集、保存することができます。

地理空間対応ソリューションのカスタマイズ

地図のユーザーインターフェースを各ユーザーグループ向けに調整し、地図のアプリケーション起動機能をパーソナライズすることができます。

GIS データのフェデレーション

REST ベースのサービスとして地理空間対応オブジェクトを取得して、標準の GIS アプリケーションから SAP の空間ビジネスデータを利用することができます。

SAP S/4HANA Asset Management

SAP S/4HANA が実現する統合・最適化されたプロセスを活用し、保全業務を計画、スケジューリング、実行しましょう。

 

保全業務のシンプル化

計画的および計画外の保全タスクを最適化して実行し、サービス担当者による不具合の検出、報告、解決、および緊急事態への迅速かつ効果的な対応を可能にします。

設備資産の運用および計画の可視性を向上

コスト、故障率、損傷などのアナリティクスにすばやくアクセスできるため、保守作業やスペアパーツ在庫に関する時間的制約が厳しい重要な作業をプロアクティブにモニタリングできます。

最適化された保守スケジューリング

範囲とワークロードのシミュレーションに基づいてスケジュールを作成し、保守計画担当者向け KPI ダッシュボード、保守スケジュールのシミュレーション、保守作業の概要のグラフィック表示によって作業ステータスを追跡します。

安全でコンプライアンスに準拠したオペレーション

安全な労働条件の確保、環境保護規制の遵守、技術システムの信頼性の維持を実現しましょう。

SAP の EAM ソフトウェアを活用して成功を収めているお客様の事例をご紹介します

  • 石油・ガス
  • 鉄道
  • 中堅企業
  • 電力・公益事業
  • 産業用機械・構成部品
  • 石油・ガス
  • 鉄道
  • 中堅企業
  • 電力・公益事業
  • 産業用機械・構成部品
石油・ガス

設備資産パフォーマンス管理によってレジリエンスを強化

現在のプラクティスに予測機能とインテリジェンスを加えましょう。IDC によると、こうした業界全体の変革につながる最大の機会を生かすことで、現地メンテナンスに関わる人件費や総在庫の削減といった成果を実現できます。

鉄道

設備資産の完全性、安全性、コンプライアンスをモニタリング

予測能力の高いインテリジェントな MRO アプローチを採用します。IDC によると、これは、鉄道業界の将来にとって非常に重要な部分になり、機械効率の向上、設備資産の可用性の向上、保守コストの削減といった成果がもたらされます。

中堅企業

設備資産管理ソフトウェアのメリット

インテリジェントで予測能力の高い設備資産管理プロセスを活用して、現地メンテナンスに関わる人件費や総在庫を削減しながら、設備保全の効率性向上、設備稼働率の向上、スペアパーツの回転率向上を実現し、中堅企業の未来を守ります。

電力・公益事業

設備資産ライフサイクル管理に次世代機能を導入

予防保全機能とインテリジェンスを設備資産管理に追加して、信頼性重視の保全プロセス、ベンチマーキング機能、継続的な文書およびデータ管理、計画的な運用設備資産のパフォーマンスに関するコラボレーションをサポートします。

産業用機械・構成部品

データ主導型の保全計画のための基盤を構築

統一されたインテリジェントな設備資産管理機能を導入することで、機械効率、設備資産の健全性、スペアパーツの回転率の向上、人件費や在庫の削減などの成果がもたらされます。

リソースセンター

物理的資産とデジタルツイン

ネットワーク化された設備資産を全ライフサイクルにわたり完全にデジタル表現することのメリット

デジタルツインテクノロジー

デジタルツインにより、設備資産や製品の仮想定義、物理定義、条件に基づく定義、商業上の定義をリアルタイムで同期することで、イノベーションの加速、オペレーションパフォーマンス条件の最適化、整備要件の予測を容易にします。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

チャットで相談 チャットで相談(受付時間外です)
チャットでご質問にお答えします。
ウェブで相談
ご意見、ご質問、フィードバックなどをお寄せください。
先頭に戻る