Skip to Content
お問い合わせ

各社固有の製品ライフサイクルのニーズを解決

Previous Next

シミュレーションモデルを使用してビジネスの成果を高める

デジタルツインとは、物理的な資産をコンピューター上で表現したものです。産業用 IoT がデジタルツインの未来を切り開き、拡張性が高くコスト効率の良いオペレーションを実現する方法をご確認ください。

真のスレッドとしてデジタルツインネットワークを活用

ビジネスシステム、資産インテリジェンスシステム、R&D システムに組み込まれるリアルタイムのアナリティクスによってサポートされるデジタルツインのネットワークを利用して、資産をライフサイクル全体で効率的に管理します。

組織内にイノベーションを育む

製品のイノベーションを促進するということは、適切なアイデアを見つけて選択し、それをうまく発展させるということです。デジタルイノベーション管理フレームワークがこれをどのようにサポートできるか、このビデオでご確認ください。

R&D/エンジニアリングおよび PLM 向けの SAP ソフトウェアをお選びください

SAP Commercial Project Management

同じビルの中にいても、地球の裏側にいても、チームがプロジェクトの計画や管理を適切に行えるようにします。SAP のプロジェクト管理ソフトウェアは、最高の効率を引き出すのに役立ち、変化にすばやく適応し、計画外のコストを回避できます。

  • クラウドでのデプロイメント
  • コラボレーション用のワークスペースダッシュボード
  • プロジェクトのコストと収益の計画
  • プロジェクトの課題管理と変更管理

SAP Portfolio and Project Management

収益アップにつながる新製品および新サービスを開発し、リソースを最大限活用し、市場投入までの期間を短縮します。プロジェクトの計画段階から完了に至るまで、主要プロセスを柔軟にサポートし、財務およびロジスティクスの情報をシームレスに統合します。

  • オンプレミス型の導入
  • 統合アプローチ
  • データモデリング
  • ビジネスアドインオプション
Previous Next

製品ライフサイクル原価計算

初期段階も含めて、製品の設計と開発段階において、数年にわたってコスト中心の視点を得ることができ、製品のコスト、目標価格、利益を決定できます。また、SAP の 3D 視覚化ソフトウェアと統合することによって、CAD 図面の分析も行うことができます。

  • オンプレミス型の導入
  • 製品コストの計算とシミュレーションのモデル
  • データモデリングと拡張性
  • 入荷と出荷の統合

Engineering Control Center

機械、電気、電子の設計データを 1 つのプラットフォームに統合し、複数分野のコラボレーションを可能にします。SAP ソフトウェアのビジネスデータと、オーサリングシステムの設計情報を統合できます。統合できる設計情報は、MCAD(機械・機構系 CAD)ソフトウェア、ECAD(電気・電子系 CAD)ソフトウェア、その他のシミュレーションツール用のオーサリングシステムからの設計情報になります。

  • オンプレミス型の導入
  • 包括的な製品説明
  • 一貫性のある製品定義
  • 強力なバージョン管理機能
Previous Next

インテリジェントな製品設計

インテリジェントな製品設計向け SAP S/4HANA Cloud を活用することにより、インスタントコラボレーション、要件駆動型製品開発、ライブの実践的なインサイトを企業全体で幅広く浸透させ、製品のイノベーションを加速させましょう。

  • クラウド型の導入
  • 直感的でステートレスなユーザーインターフェース
  • 外部パートナーとの緊密な統合
  • 下流ソースからのインサイトを設計に活かす

製品コンプライアンス

SAP の製品コンプライアンスソフトウェアを使用して、製品のライフサイクルの各ステップでコンプライアンスが適用されるようにします。製品コンプライアンス向け SAP S/4HANA を活用することにより、規制を管理したり、登録や材料の量を追跡したり、製品を分類したり、コンプライアンス文書を作成したりできます。また、正確なラベリングにより、危険物質の適切な梱包、輸送、保管も可能になります。

  • オンプレミス型の導入
  • 信頼性の高い、監査可能なデータ
  • コンプライアンスプロセスの自動化
  • コンプライアンスチェックの統合とコミュニケーションの向上

SAP に関する業界エキスパートの見解

データを見る

17%
製品開発プロジェクトの概念からローンチまでを管理することによって市場投入までの時間が短くなった割合

SAP Performance Benchmarking

8%
新製品の要件を明確に文書化し、検証することにより収益目標の達成が 8% 向上

SAP Performance Benchmarking

エキスパートからの最新情報とトレンド

Previous Next
richard.howells
リチャード・ハウエルズ (Richard Howells)
サプライチェーンソリューション担当 VP、SAP

リアルタイムのコネクテッドインテリジェンスで先を進む

パフォーマンス向上のための洞察力を得るために、McLaren 社は IoT をどのように活用しているでしょうか?同社はビッグデータを分析し、レーシングカーをチューニングして速度を上げるための貴重な情報を特定しています。

David Parrish
デービッド・パリッシュ(David Parrish)
シニアグローバルマーケティングディレクター、SAP

ビジネスでデジタルツインを使用する 3 つの理由

デジタルツインと聞くと SF 小説のように思われるかもしれません。しかし、製造業では何年にもわたって使用されてる技術です。ビジネスの観点からデジタルツインの利点を探ります。

ヴァトサン・ゴヴィンダラジャン (Vatsan Govindarajan)
製品開発、SAP

デジタルツインを利用して水中での惨事を防止

デジタルツインソフトウェアは、海底設備を安全に検査するのに必要な可視性と予測性を提供し、さらには操業コストを削減し、停止や損害を減らしています。その様子をご覧ください。

Back to top