Skip to Content
お問い合わせ

研究開発・エンジニアリングに対する貴社固有のニーズにお応えします

Previous Next

真のスレッドとしてデジタルツインネットワークを活用

製品または設備資産を、同じように設計、製造、およびサービス化されたデジタルツインに接続することで、あらゆる製品や設備資産を、そのライフタイムの全期間にわたって効果的に管理できるようになります。

デジタルツインでビジネス成果を向上させる

デジタルツインとは、接続された物理資産のライブのデジタル描写と定義されています。インダストリアル IoT をすばやく取り込むことで、拡張性およびコスト効率の高いオペレーションの実現がどのように促進されるのでしょうか?

組織内にイノベーションを育む

イノベーションの育成とは、妥当なアイデアを生み出し、育て、成功へと導くことです。イノベーション管理フレームワークにより、優れたアイデアの活用がサポートされます。

研究開発・エンジニアリング向け SAP ソフトウェアのご紹介

SAP Commercial Project Management

チームが同じ建物内にいようと、地球の裏側にいようと、場所に関係なく、そのチームのプロジェクトの計画、管理、コラボレーションを支援します。効率を大幅に向上させ、計画外のコスト発生を避けるために変化に迅速に適応します。

  • クラウド型の導入
  • コラボレーティブなプロジェクトワークスペース
  • プロジェクトのコストおよび収益の計画
  • プロジェクトの課題管理と変更管理

SAP Portfolio and Project Management

収益アップにつながる新製品および新サービスを開発し、リソースを最大限活用し、市場投入までの期間を短縮します。プロジェクトの計画段階から完了に至るまで、主要プロセスを柔軟にサポートし、財務およびロジスティクスの情報をシームレスに統合します。

  • オンプレミス型の導入
  • 統合アプローチ
  • データモデリング
  • ビジネスアドインオプション
Previous Next

製品ライフサイクル原価計算

デザインが開発中でマスターデータが不完全な初期の段階から、将来の製品マージンを確保します。チーム間の可視化を実現し、コストを管理し、製品イノベーションやカスタム製品をサポートします。

  • オンプレミス型の導入
  • 製品の原価計算とシミュレーション
  • データモデリングと拡張性
  • インバウンドとアウトバウンドの統合

イノベーション管理

イノベーションコンセプトを収集および検証します。最初の着想から、価値を生み出す有効なコンセプトの構築に至るまで、イノベーションプロセスのあらゆる段階をサポートします。

  • オンプレミス型の導入
  • モバイルアプリ
  • オープンなイノベーション
  • イノベーションコミュニティ

SAP に関する業界エキスパートの見解

データを見る

17%
概念設計から発売に至るまで、開発プロジェクトを管理することで市場投入までの期間を 17% 短縮

SAP Performance Benchmarking

8%
新製品の要件を明確に文書化し、検証することにより収益目標の達成が 8% 向上

SAP Performance Benchmarking

破壊的な時代におけるサステナブルなパートナーシップの構築

Previous Next

クラウド、モバイル、モノのインターネット (IoT) といった破壊的テクノロジーが競争優位性の確立にどのように利用されているかご確認ください。

エキスパートからの最新情報とトレンド

Previous Next
richard.howells
リチャード・ハウウェルズ (Richard Howells)
SAP
サプライチェーンソリューション担当バイスプレジデント

リアルタイムのコネクテッドインテリジェンスで先を進む

パフォーマンス向上の洞察を得るために IoT の最先端へと McLaren 社を駆り立てるものとはなんでしょうか。ビッグデータの分析によって、McLaren 社はレーシングカーの改善や速度向上につながる貴重な情報を特定しています。

david.parrish
David Parrish
SAP
グローバルマーケティング担当シニアディレクター

デジタルツインによる業務改善

「デジタルツイン」とは SF 小説にでも登場しそうな名前ですが、実世界の物理資産を仮想世界で再現するこの仕組みは、実は導入されてすでに数年が経過しているのです。

ヴァトサン・ゴヴィンダラジャン (Vatsan Govindarajan)
SAP
製品開発

デジタルツインを利用して水中での惨事を防止

デジタルツインソフトウェアは、業務コスト、稼動停止率、損害を軽減しながら、海中設備を安全に検査するための可視化と予測をどのように実現しているのでしょうか?

 

Back to top