Skip to Content
お問い合わせ

データベース管理機能

SAP SQL Anywhere RDBMS ソリューションを活用することで、データセンターで稼動するサーバーから小リソースで稼動するコンピューターデバイスまで広く対応するデータをセキュアに保護し、RDBMS 間をセキュアに双方向同期

製品機能

以下の強力な機能を使用して、データベースを埋め込んだアプリケーションを迅速に設計、デプロイ
Previous Next

強力なデータ同期

モバイル機器など SAP SQL Anywhere または Ultra Light が稼動するコンピューター機器と社内システムの双方向データ同期をサポートし、何千、何万もの SAP SQL Anywhere または Ultra Light が稼動するリモート/モバイルのアプリケーションユーザーと企業のシステムおよびデータを連携します。アクションを実行する現場で稼動するデータベース駆動型アプリケーションを開発、デプロイすることができます。

データ暗号化による強力なセキュリティ

Mobile Link によるデータ同期やアプリケーション間の通信ストリーム、さらにはデータベース、テーブル、任意のデータの 256 ビット暗号化により資産を保護します。ビルトインのユーザー認証やサードパーティー製認証システムとの統合により、データアクセスを監査し、セキュリティを強化します。

データと業務のモビリティの拡大

データセンターのサーバーからモバイル機器などの小リソースのコンピューターデバイスまで幅広く稼動する SAP SQL Anywhere RDBMS により、あらゆる場所で企業データを利用できます。エンタープライズシステムへの接続の有無にかかわらず、現場のコンピューター機器で稼動するエンタープライズレベルの SAP SQL Anywhere RDBMS にアクセスすることで、業務を止めることはありません。また有線またはワイヤレスネットワークを経由して随時効率的にエンタープライズシステムとデータを交換(同期)することができます。

瞬時のインサイトへのアクセス

現場の重要業務に必要なデータの収集と分析を現場で稼動するコンピューター上の SAP SQL Anywhere で効率化し、現場の業務の迅速かつ的確な意思決定を促進します。Mobile Link 同期テクノロジーにより、SAP HANA インメモリービジネスデータプラットフォームやその他異種 RDBMS などのデータソースとの統合を実現します。

SAP ソフトウェアのアクセシビリティ

Back to top