コンテンツにスキップする
クリップボードを持ちながら無線で話している女性。

SAP Supply Chain Management (SAP SCM) ソフトウェア

SAP のグローバルサプライチェーン管理 (SCM) ソフトウェアとツールを使用して、顧客志向の製品をより迅速に低コストで市場に投入しましょう。

設計から運用まで、レジリエンス(回復力)と接続性を備えた持続可能な SCM プロセスの導入

完全相互連携型のサプライチェーン管理ソリューションにより、レジリエンス(回復力)、俊敏性、生産性、持続可能性を維持しましょう。

placeholder

インダストリー 4.0

製造をサプライチェーン全体のエンドツーエンドのプロセス実行につなげる

placeholder

ハノーバーメッセ 2022 by SAP

最新のモノづくりデジタルソリューションに加えて、サステナビリティ強化に向けた様々な取り組みをご紹介

よくある質問 (FAQ)

持続可能なサプライチェーン管理とは、製品の設計・開発から、材料の選択(原料の抽出や農業生産を含む)、製造、梱包、輸送にいたるサプライチェーンライフサイクル全体に、環境面と財務面の両面から実行可能な施策を組み込むことです。SAP Supply Chain Management ソリューションのサステナビリティに関するデモはこちらからご覧いただけます。

サプライチェーンのレジリエンスとは、「変化に直面した際に、存続、適応、変革できるサプライチェーンの能力」のことを指します。2020 年から私たちが学んだのは、レジリエンスを備えたビジネスモデル構築の重要性にほかなりません。今後 1 年間で、企業は、柔軟性、可視性、管理を強化する能力の拡充や変革に積極的に取り組むため、レジリエンスを備えたデジタルサプライチェーンモデルへの移行をさらに進めるでしょう。必要なのは、継続的に生じる混乱、需要の変化、不確実性に即座に対応できることです。SAP Supply Chain Management ソリューションが支援するレジリエンスを備えたサプライチェーンに関するデモはこちらからご覧いただけます。

環境に配慮したサプライチェーン管理 (GSCM) とは、持続可能な環境保護プロセスを従来のサプライチェーンに組み込むコンセプトのことを指します。このコンセプトには、サプライチェーンのパラドックス(収益と環境配慮のバランス)が内在しています。さまざまな業種がサプライチェーンのサステナビリティ向上に優先的に取り組んでいるのはなぜでしょうか。その答えを確認し、持続可能なサプライチェーンのメリット、ベストプラクティス、それを支えるテクノロジーを探ってみましょう。GSCM の詳細はこちらからご覧いただけます。

サプライチェーンの透明性とは、取引先、株主、顧客、消費者、規制当局への情報開示を意味します。サプライチェーンを理解することが、かつてないほど重要になっています。自身の購入活動が健康やコミュニティ、さらには世界全体に与える影響について、消費者がますます関心を持つようになってきているからです。

サプライチェーン・アズ・ア・サービス (SCaaS) とは、サプライチェーンに対する革新的な新しいアプローチであり、購買、生産管理、製造、品質、倉庫管理、ロジスティクスなどのサプライチェーンニーズのすべての工程、またはその一部をサービスパートナーに委託することで、企業はより高い投資回収率を達成できるようなります。SAP Business Network は、これまでの分断されたサプライチェーンを、コラボレーティブかつインテリジェントにつなぐ統合ネットワークです。

先頭に戻る