Skip to Content
お問い合わせ

SAP S/4HANA の特長

SAP の次世代 ERP ソリューションにより、インメモリーコンピューティングのパワーを活用して組織全体のプロセスを合理化および統合しましょう。

財務

Previous Next

財務計画と分析の強化

計画サイクルを短縮し、収益性を向上させ、財務機能の効率アップを図りましょう。さらに、あらゆる角度からライブで財務分析を実行し、ERP システム内で、組織的な変更や新しいビジネスモデルのアドホックシミュレーションを直接実施できます。

財務会計と決算処理のシンプル化

財務会計/管理会計データと収益性データを 1 つのユニバーサルジャーナルに統合し、「唯一の正確な情報源」を作成します。決算のリアルタイム処理、コンプライアンスと統制の強化、決算処理の作業負荷の削減を実現しつつ、任意のディメンションでレポートをドリルダウンできます。

財務/資金プロセスと財務リスクプロセスの改善

キャッシュフロー、トランザクション、コモディティポジション、市場データを統合し、キャッシュフローの正確な予測、流動性の管理、リスクの軽減を実現します。さらに、あらゆる視点からのリアルタイムな分析、監査証跡、コンプライアンスレポートの作成などの機能を備えた、首尾一貫した処理を最適化します。

コラボレーション型の財務業務のサポート

売掛金/買掛金処理を自動化し、シェアードサービスの提供を合理化します。リアルタイムのデータを使用して、顧客の信用リスクの評価、請求の合理化、クレームの解決、顧客に対する回収業務の優先順位付け、売掛金の回収期間の短期化を実現し、運転資本と財務健全性を改善します。

企業リスクおよびコンプライアンスを効果的に管理

リスクおよびコンプライアンスの管理、さらには国際取引業務を統合および自動化することにより、リスクとコンプライアンス違反を最小限に抑え、不正行為の検出/調査/防止を事前対処的に実施します。このようにして、事業運営の最適化、資産の保護、財務パフォーマンスの改善を図ることができます。

デジタルサプライチェーン

研究開発

Previous Next

プロジェクト管理と製品開発の改善

顧客中心のイノベーションの管理、具体化、統合により、プロジェクト効率を最適化し、質の高いプロジェクトを、期日および範囲を遵守して実施します。厳格な設計基準を維持しながら、すべての設計要件と制約条件を定義することで、品質を強化できます。 

エンタープライズプロジェクトの効果的な管理

プロジェクトポートフォリオと企業戦略とを連携させて、適切なプロジェクトに資金を投入しましょう。最大のビジネスバリューを生み出せるプロジェクトを特定して、開始から完了までの各プロジェクトフェーズにおいてリソース、スケジュール、財務パフォーマンスを管理することができます。

製品ライフサイクル管理の合理化

設計マスターデータから製造生産データへの移行をシンプル化および加速化しましょう。単一のハイパフォーマンスな環境内で、レシピと公式を迅速に開発し、既存成分を再利用し、パッケージングとラベリングを設計できます。

製品設計プロセスの迅速化

ワークセンター詳細の仕様や、必須生産資源/治工具リストなど、効率的な BOM 管理を通して市場投入にかかる期間を短縮しましょう。また、ISO/TS 16949 や ISO 9000 などの業界標準に準拠するように、クローズドループの検査計画を作成することもできます。

調達と購買

Previous Next

購買インサイトの獲得

購買発注、購買申請、請求書、および契約を分析することにより、購買支出に関する幅広い情報をリアルタイムで獲得できます。また、指定納期納入、価格、数量精度などのデータにアクセスすることで、リアルタイムでサプライヤーパフォーマンスを評価することも可能です。

購買業務の合理化

購買ポリシーおよび価格契約の遵守や推奨サプライヤーの利用により、従業員が商品またはサービスを直接購買することができます。ユーザー側で、需要の取りまとめ、サプライヤー選定および発注処理の自動化、承認/リリース手順の簡略化が可能です。

調達/契約管理プロセスの自動化

調達関連の全情報を一つのシステム内で収集および分析した後、アクセスできるようにし、自動/マニュアルプロセスで、サービス契約書、供給元一覧、購買情報記録、見積、見積依頼を作成できます。 

サプライチェーンの詳細ビュー

サプライチェーンの「見える化」の強化により、ビジネス目的に沿ったサプライヤーの最適な組み合わせを見つけ、全体的な供給リスクを削減します。複数の基準を使用してサプライヤーを分類することで、最適なサプライチェーンパートナーを特定することができます。

調達プロセスのシンプル化

各バックエンドシステムで複数の承認をするのではなく、単一の中央承認ワークフローを構築することにより、購入申請を統合してコストを削減できます。また、すべての利用可能なカタログへの単一の便利なアクセスポイントを提供することにより、カタログ使用を増加させることができます。

コモディティ調達の効果的な管理

コモディティ調達をサポートして、市場相場に基づくコモディティ契約を作成します。価格計算の自動化、請求書処理の合理化、ERP 機能の拡張により、コモディティベースの契約価格が自動化されるほか、暫定/差分/最終の請求処理が可能になります。

追加機能

Previous Next

SAP S/4HANA を管理するための機能

ソリューションの設定、ビジネスプロセスのテスト、データの移行、ソリューション範囲の表示、学習コンテンツへのアクセスを行うことができます。

データエイジング

データエイジング機能を使用して、現行データと履歴データのライフサイクルを管理することができます。 

チームと責任の管理

特定の職務に関連付けられているチームメンバーを管理し、ワークフローシナリオで彼らの職務を活動タイプにマッピングします。 

ビジネスイベント処理

ビジネスイベント処理によって、アプリケーション、パートナー、顧客は、SAP S/4HANA のすべてのビジネスオブジェクトに関連するイベントを消費することができます。

拡張性コックピット

エディション、ソリューション範囲、1 つ以上の範囲明細を選択して、ビジネスコンテキストに対応する拡張可能オブジェクトを表示することができます。 

デジタルアシスタンス

SAP CoPilot により、同僚とリアルタイムな情報を交換したり、ビジネスデータまたはアプリケーションデータを直接含めることができます。 

法務コンテンツ管理

法務コンテンツ管理では、法務コンテンツの作成と統制に関連するすべてのクロスアプリケーションプロセスを管理することができます。

アナリティクス

すべてのビジネス機能に共通する KPI の定義、管理、活用、さらにはレポートの作成と管理、分析クエリーの実行、予測モデルの構築を行うことができます。

詳細な製品範囲

SAP ソフトウェアのアクセシビリティ

製品ロードマップ

Back to top