Skip to Content
お問い合わせ

SAP Revenue Accounting and Reporting

収益認識および会計管理プロセスの自動化とシンプル化を実現

SAPの収益会計ソフトウェアは、収益認識に関する新しい法規制の遵守を支援する目的で設計されています。また、既存のさまざまな要件に対応できる柔軟性も備えています。

SAP Revenue Accounting and Reportingを使用する理由

SAP Revenue Accounting and Reportingを使用することにより、以下のことが可能になります。
  • 複数のSAPおよび他社製システムで扱われる受注データ、請求書データ、イベントデータを処理
  • 受注入力や請求処理のシステムから収益認識ルールを切り離すことにより、高い柔軟性を実現
  • 収益会計担当者にとって使いやすい会計管理ソリューションを意図した設計

機能

収益認識に関する現行および新規の法規制の遵守と、新基準への移行管理をサポート

新たに収斂された米国GAAPおよびIFRSの収益基準への対応に特化して構築されたSAPの収益会計ソフトウェアにより、コンプライアンス対応がシンプル化します。SAPのソリューションは複数のGAAPにネイティブで対応しているため、移行期間の管理も容易になります。

Collapse
さまざまな履行義務や収益認識のタイプをサポート

さまざまな収益認識方法や複数の要素を含むシナリオをサポートするために必要な柔軟性が得られます。収益および会計管理エンジンで考慮されている業務明細とそれぞれの処理方法については、別途、詳細な情報をご確認ください。

Collapse
複数のGAAP要件をネイティブでサポート

複数のGAAP要件と複数の元帳、現行の規制と新しい規制、各地域のGAAPをネイティブでサポートしているほか、複数元帳アプローチと勘定ベースの方法の両方に対応しています。

Collapse
会計基準の変更に対する継続的な対応の基盤を確保

SAPは会計基準への対応と新しい規制の解釈について継続的にモニタリングを行っています。この取り組みに関してはSAPにお任せいただけます。SAPは規制策定プロセスにも積極的に参画しているため、新しい要件についても常に最新の動向を把握しています。

Collapse
標準の収益認識プロセスの自動化とシンプル化を実現

手作業によるプロセスやスプレッドシートの必要性の解消、エラーの削減、監査時間の短縮を、コンプライアンスを確保しながら実現することができます。標準プロセスを自動化することで、複雑な契約や特定の契約条件の検討により多くの時間をかける余裕が生まれます。

Collapse

技術的機能

拡張性

このソリューションは、圧倒的な拡張性と柔軟性を発揮できるように設計されており、標準のSAPアーキテクチャーを活用して拡張性を確保すると同時に、並列処理も利用します。

Collapse
統合性

SAPのアダプターフレームワークにより、会計管理ソフトウェアをSAPソリューションと他社製システムの両方に簡単に統合することができます。アダプター再利用レイヤー(ARL)は、収益会計に関連のある業務明細やイベントからデータを取得します。取得するデータの構造は、さまざまな業務明細または業務システムごとに設定することが可能です。取得したデータは、ARLにより、定義済みのルールに基づいて収益会計契約および履行義務に変換されます。

Collapse
ルールベース

定評のあるSAPのルールベースエンジン(BRF+)を用いて、履行義務とイベント処理を簡単に定義することができます。SAPのソリューションでは、収益会計がレポートエンジンから切り離れているため、より高い柔軟性が得られます。

Collapse

前提条件:

  • SAP enhancement package 5 for SAP ERP Financials 6.0 SP 10、または
  • SAP enhancement package 6 for SAP ERP Financials 6.0 SP 6、または
  • SAP enhancement package 7 for SAP ERP Financials 6.0 SP 1、または
  • SAP Simple Finance(旧称:SAP Financials Add-On for SAP Business Suite powered by SAP HANA SP 1)

収益会計エンジンをSAP販売管理(SD)に統合している場合、SDシステムは以下のSAP ERP 6.0リリースで使用できます

  • SAP ERP Financials 6.0 SP 15、または
  • SAP enhancement package 2 for SAP ERP Financials 6.0 SP 6、または
  • SAP enhancement package 3 for SAP ERP Financials 6.0 SP 5、または
  • SAP enhancement package 4 for SAP ERP Financials 6.0 SP 5、または
  • SAP enhancement package 5 for SAP ERP Financials 6.0 SP 3、または
  • SAP enhancement package 6 for SAP ERP Financials 6.0 SP 1、または
  • SAP Simple Finance(旧称:SAP Financials Add-On for SAP Business Suite powered by SAP HANA SP 1)

他社製のシステムとの統合も可能です。

 

 

SAP Revenue Accounting and Reportingは、SAP ERP Financialsのライセンスに含まれています。追加の購入オプションについては、貴社担当のSAPアカウントエグゼクティブにお問い合わせください。一般的なライセンス情報については、SAPソフトウェアのライセンス:購入者向けガイド(英語)をご覧ください。

トレーニングと認定

SAP Revenue Accounting and Reporting 1.0 OKP
SAP Revenue Accounting and Reporting 1.0の機能と、この収益会計エンジンの導入を計画および実行する方法について理解を深めることができます。

 

Previous

SAPソリューションに関するすべてを迅速化

SAPソリューションを効率的に導入・運用するために、また、新しいテクノロジーをいち早く利用するために、SAPのサポートサービスを有効にご活用ください。基本レベルのサポートから、戦略的な契約、共同イノベーションなど、さまざまなサポートサービスをご用意しています。

製品ドキュメントを見る

インストールからアップグレード、セキュリティ、統合、製品のリリース情報まで、SAP製品に関する豊富な情報をご利用いただけます。

Next

収益会計に関して今一番ホットなトピック

Previous

収益認識ルールの理解不足から抜け出せないCFOたち

テクノロジー企業のCFOの多くが、会計管理および収益認識に関する新時代のスタンダードを、いまだに把握していない現状が明らかになりました。

新しい標準に対応する新たなSAPソリューション

新しいSAPソリューションは、会計管理および収益認識に関する新しい標準への移行管理をどのように支援するのでしょうか? そのポイントをぜひご確認ください。

新しい基準への対応準備を進めるための
5つのステップ

公開企業と非公開企業の両方が、新たに制定される収益会計基準によって大きな業務変更を迫られることになります。貴社ではその準備が整っていますか?

Next

IFRS 15収益認識基準に備える

2014年5月に発表された新しいIFRS 15収益認識基準の適用が開始される2018年はもう目の前に迫っています。準備は整っていますか。

貴社のニーズと次のステップを評価するため、SAP Advisory for IFRS15 Serviceで、コンプライアンスアセスメントを行ってみましょう。

SAP Digital Business Servicesは、7つのステップと包括的なサービスを通して、新しい基準への移行をサポートします。オンプレミスおよびクラウド対応のすべてのSAPアプリケーションをカバーする、エンドツーエンドのポートフォリオをご提供します。 変わりゆくビジネスランドスケープに簡単かつシームレスに対応しましょう。

Previous

現在のビジネスランドスケープと未来の目標に合わせたIFRS 15コンプライアンスのロードマップを描く

適切なソリューションアプローチを採用するために、ベストプラクティス、テクノロジー、アクセラレーターを活用

極めて複雑でリスクの大きいシナリオに取り組むプレミアムクラスのエンゲージメントを選択することでリスクを軽減

Next
Back to top