Skip to Content
お問い合わせ

最新の SAP HANA リリースとアップデートの詳細

継続的な革新は、SAP HANA インメモリーコンピューティングプラットフォーム戦略の重要な構成要素です。最新のサービスパックスタック(SPS)で導入された新機能やアップデートを発見し、ニュース速報で最新情報を入手してください。以下のドロップダウンから、特定のリリースバージョンをご確認いただけます。
Previous Next

SAP HANA Academy

SAP HANA 2.0 の特徴や機能を紹介する SAP HANA Academy の最新ビデオをご覧ください。

SPS 02:データベースの機能強化

Previous Next

高可用性と障害回復 (HA/DR)

  • システム複製を実行したまま、異なるマルチテナント環境間でテナントデータベースをコピー/移動できるため、柔軟性が向上します。
  • 2 つの二次システムにとどまらず、多階層のシステム複製チェーンの導入を可能とするこの柔軟性によって、SAP HANA の高可用性ランドスケープをさらに拡張できます。
  • クラスターマネージャーとの緊密な統合により、データ資産へのアクティブ/アクティブ読込対応アクセスが簡素化されます。

ワークロード管理

  • 着信するデータベース要求を、割り当てられた優先順位に従って自動的に管理する SAP HANA の機能により、重要なワークロードに適切なリソースが確保されるようにして、管理工数を削減します。さらに、各ユーザー/アプリケーション/ワークロードクラスが消費するメモリー容量と CPU リソースの累積値に制限を設定します。

運用管理と監視

  • 特定のユーザーグループに管理者を割り当て、ユーザーグループ、暗号化、データベースのコピーを SAP HANA コックピット内で管理するというシンプル化のメリットを生かして、効率と生産性を向上します。
  • 管理を一元化するために SAP HANA システム全体に標準パラメータを適用して、ランドスケープ全体にベストプラクティスの適用を徹底します。

SPS 02:高度な分析処理

Previous Next

予測分析と機械学習

  • リアルタイムスコアリングへの対応を拡大し、外部機械学習フレームワーク(Tensorflow™ にも対応開始)と統合することで、最新のインテリジェンスに基づいた、よりスマートなレコメンデーションによってユーザーの能力を高めます。
  • アルゴリズムを簡単に起動し、SAP HANA 対応の SAP Web IDE を使用できるため、予測アプリケーション開発が加速されます。予測モデルや機械学習モデルは SAP HANA Predictive Analytics ライブラリ (PAL) を活用して開発されます。

テキスト分析、グラフおよび地理空間データ処理

  • SAP HANA 対応 SAP Web IDE ですべてを管理する、簡素化されたエンドツーエンドプロセスによってテキスト分析資産の導入を加速します。今回のリリースで、異なるデータドメインに対するカスタム設定や、カスタム辞書向けに言語固有の語形変化を自動生成する機能が搭載されました。
  • 新しい GraphScript 拡張機能により、接続されたデータセットからより迅速にインサイトを引き出せるようになり、サブグラフ、反転グラフその他のナビゲーションや操作が容易になりました。
  • 形状オブジェクトの検証の向上により、地理空間データからより正確でより深いインサイトを得られるようになりました。

SPS 02:アプリケーション開発とツール強化

Previous Next

ツールと言語

  • 新しい強化された SQLScript と SQL 関数、簡素化された XML と JSON ドキュメント処理、SQL 階層のより効率的なサポートによって、革新を加速します。
  • 高効率化された Python ドライバーと新たにリリースされた Go ドライバーにより、アプリケーション開発を合理化します。

SAP HANA, express edition

  • SAP HANA express edtion を使用すれば、コストをかけずに最新のデータプラットフォームに即座にアクセスできるようになり、あらゆるデータに対してアナリティクスとトランザクションを融合させたリアルタイムアプリケーションを開発できます。SAP HANA express edtion には、新たに高速のデータプロビジョニング、バルクデータ移動、SAP HANA スマートデータインテグレーションによるフェデレーションが装備されています。
 

SPS 02:データ管理の強化

Previous Next

エンタープライズランドスケープ管理

  • SAP Enterprise Architecture Designer, SAP HANA エディションによって、貴社のエンタープライズランドスケープ全体のデータおよびプロセス管理を簡素化します。今回、SAP Solution Manager からのモデルのインポート、ネイティブのデータストアオブジェクトの表示、データの移動元と移動先に対する総合的なデータ移動ビューの表示機能が加わりました。

データ統合とデータフェデレーション

  • データプロビジョニングアダプターの性能を向上する、外部データソース統合の向上と、サードパーティーデータベースアダプターの設定の簡素化によって、ビジネスをより幅広く展望できるようになります。
  • 仮想テーブルの自動作成により、リモートソースへの連合データアクセスの設定と管理が合理化され、自動システムフェイルオーバーによりリモートデータへの継続アクセスが保証されます。

多階層ストレージ

  • SAP HANA 動的階層化の 2 層および 3 層のシステム複製をサポートすることでシステム可用性を強化して、あらゆるデータへの継続的アクセスを実現します。
  • 拡張ストアからメモリーへのデータ転送の高速化と、診断追跡とトラブルシューティングの強化により管理を簡素化することで、貴社ビジネスが必要とするデータにより低コストで即座にアクセスできるようにします。
Previous Next

SAP HANA Academy

SAP HANA 2.0 SPS 01 の新しい機能や特徴を紹介する SAP HANA Academy の最新ビデオをご覧ください

SPS 01:データベースの機能強化

Previous Next

マルチテナントデータベース

  • SAP HANA コックピットの直感的なインターフェースによるテナントバックアップおよび復元を一元化します。
  • 異なるユーザーロール間でアクセスポートを分け、エンドユーザーの接続を暗号化することでテナントセキュリティを強化します。

高可用性と障害回復 (HA/DR)

  • マルチストリーミングや並列処理によりデータの事前読み込みを高速化して、二次ノードのセットアップ時間を短縮します。
  • 一次サーバーが再起動モードに入った場合に、二次ノードへの連続データアクセス機能によってシステムの可用性を高めます。

セキュリティとコンプライアンス

  • 動的データマスキングにより機密データの保護を強化します。
  • ネイティブのバックアップ暗号化機能により、データおよびログのバックアップが常時、確実に暗号化されるようにします。
  • デフォルトのマルチコンテナデータベースモードを活用することで、アプリケーションの隔離を進め、より強力な職務分掌を実装し、セキュリティ設定を強化します。

管理

  • ワークロードおよび SQL の分析を強化することで、SPA HANA 環境の調整にかかる時間とコストを削減します。
  • 再実行されるワークロードの結果比較機能を拡張することで、システムアップグレードを合理化します。
  • SAP HANA コックピットからのバックアップ暗号化の監視機能によりセキュリティ管理を簡素化します。
  • 複数の性能 KPI を 1 つのビューで監視し、さらにトラブルシューティングするためにドリルダウンする機能によって、SAP HANA ランドスケープの健全性に関するインスタントスナップショットを取得できます。
  • ネットワークスピードや二次システムの状態など、必要な情報すべてを利用して、システム複製を効果的に管理および監視します。
  • マルチテナント環境でも使用できるようになったスナップショットベースのバックアップによって、SAP HANA のインストールすべてに一貫した戦略の適用が可能になり、バックアップが簡素化されます。

SPS 01:高度な分析処理の強化

Previous Next

ドキュメントストア

  • SQL を介してアクセス可能なネイティブの JSON ドキュメントストアがもたらすスキーマの柔軟性と半構造化データのメリットを生かして、新しいクラスのアプリケーションを実現します。
  • 単一のデータベース内で構造化データと半構造化データを処理することで、新しいインサイトを収集します。

予測分析と機械学習

  • 多岐にわたるパッケージ済みアルゴリズムおよびリアルタイムのモデルスコアリング機能によって、強力な予測アプリケーションを作成できます。

ストリーミング分析

  • 強化された機械学習機能のメリットを生かします。ストリーミングデータに対してトレーニング済みのデシジョンツリーアルゴリズムを実行する機能が加わりました。

テキスト分析と検索

  • センチメント分析の多言語サポートを活用し、世界規模で顧客を把握できます。アラビア語およびポルトガル語に対応できるように機能強化されました。
  • アプリケーションで、エンタープライズ検索 API によって空間データを検索できます。

グラフデータ処理

  • パターンマッチングや Cypher のグラフ探索を強化し、GraphScript のサポートや SQLScript のヒエラルキーを拡張することで、グラフデータの分析が効率化されます。

SPS 01:アプリケーション開発とツール強化

Previous Next

アプリケーションサーバー

  • 各ユーザーのニーズに合わせて調整された直感的なインターフェースによって新規アプリケーションの開発を加速します。SAP HANA Extended Applicaion Server Advanced (XSA) 内で Fiori ラウンチパッドを使用できます。
  • アプリケーションの監査ログを一元的に追跡およびアクセスできるため、アプリケーションのトラブルシューティングとコンプライアンスが簡素化されます。

ツールと言語

  • SAP HANA の Web IDE で計算ビューのグラフィックモデルが強化されたことで、アプリケーション開発が加速します。
  • データウェアハウジング (DW) シナリオに特化して設計された新しいセントラルオブジェクト(ネイティブのデータストアオブジェクト - DSO)により、データを永続化します。
  • SQLScript の強化、新しい SQL 関数および SAP HANA Core Data Services のマルチコンテキスト対応のメリットを生かします。

SPS 01:データ管理の強化

Previous Next

データ統合とデータフェデレーション

  • Apache Impala - Coudera、PostgreSQL、Apache Camel JDBC、汎用 JDBC アダプターなどデータ統合のソースを拡充し、リアルタイムアクセスのためのファイルアダプターを強化することで、ビジネスをより幅広く展望できるようにします。
  • ライブのトランザクションデータとクラウド上のビッグデータを結合することで新しいインサイトを導き出します。SAP HANA Spark Contrller を介して SAP Cloud Platform Big Data Services(以前の Altiscale)に透過的にアクセスできます。
  • ランドスケープ間で仮想テーブルを直感的にインポート / エクスポートできるため、データフェデレーションの設定が簡素化されます。
  • ダイレクトリンクを介した SAP HANA 間のアクセスに手作業による仮想テーブルの作成が不要となり、結果をより迅速に得られるようになります。

多階層ストレージ

  • マルチテナント環境でサードパーティーツールを使用できるようなり、バックアップの選択肢が広がります。
  • すべてのストレージ階層でシステム複製が可能になり、マルチテナント環境におけるシステムの回復力が向上します。
  • インメモリーストアと拡張ストアを単一のホストに共存させることで、システム性能を強化し、IT ランドスケープを簡素化します。

ニーズに沿った SAP HANA 2.0 の導入

現在、イノベーションの適用ペースをお客様にご選択いただけます。以下はその選択に関する情報です。
Previous Next

SAP HANA 2.0 SPS 00

  • サポートパッケージスタック(SPS)を介して提供されるテクノロジー強化を活用し、新しいアイデアを実現しましょう
  • テクノロジー拡張を年に 2 回受け取れます(例:SPS 01 と SPS 02)
  • 保守サポートのコンプライアンスを維持するには、SPS が 2 つリリースされたらアップグレードが必要です(例:SPS 00 は SPS 02 がリリースされるまでサポート対象)
     

SAP HANA 1.0 SPS 12

  • サポートパッケージスタック(SPS)アップグレードによる中断がない、安定した環境でアプリケーションを実行しましょう
  • メンテナンスリビジョンを 2019 年 5 月まで受け取れます(ただし、新しい SPS はなし)
  • SAP HANA 2.0 にいつでもアップグレード可能です

SAP HANA 2.0 の新機能

イノベーションに向けて最適化された次世代の SAP HANA プラットフォーム
に関する主要な疑問に対する答え
Previous Next

SAP HANA 2 FAQ

最新のインメモリーテクノロジーを活用してビジネス運営を行いたい企業のデジタル変革をサポートするには、この新しいリリースが理想的です。その詳細をご覧ください。

SAP HANA Academy

SAP HANA 2.0 SPS 00 の新機能や特徴を紹介する SAP HANA Academy の最新ビデオをご覧ください。

データベースの機能強化

高可用性と障害回復/バックアップと復旧

  • アクティブ/アクティブ読込対応モードにより、SAP HANA の一次インスタンスと二次インスタンス間で、読み込みの多い操作の負荷を分散します。
  • 強化された SAP Landscape Managment 統合により HA/DR プロセスオーケストレーションを自動化します。
  • SAP HANA ログバックアップを集約することでサードパーティーによるバックアップツールのワークロードを最適化します。

セキュリティ

  • データおよび Redo ログファイル用の SAP HANA の総合的な暗号化機能を使って、使用していないデータを保護します。
  • 役割の自動割り当てに既存の LDAP グループを使用することで TCO を削減します。
  • 新しい SAP HANA コックピットで、セキュリティアラートの監視やセキュリティおよびユーザーの設定を簡素化します。

管理

  • SAP HANA コックピットの管理および監視ツールでは、1 つのインスタンス、複数のテナント、または何千もの SAP HANA インスタンスを管理できます。
  • 強化されたワークロード管理機能により、クエリーの暴走を予防し、システムしきい値を管理します。
  • 複数回繰り返されるワークロードを収集、比較、分析することで、変更を実装する際の時間とコストを削減します。

高度な分析処理強化

検索

  • 日付に対する検索およびフィルタリング機能の改良により情報をより迅速に見つけることができます。
  • 重複検出のための検索ルールを動的に設定できます。
  • 検索ルールを「バッチモード」で実行し、1 回の呼び出しで大量のレコードを確認できます。

テキスト分析

  • 単語間の空白文字を使用して、テキスト分析を使用するアプリケーションの機能をすべての言語へと拡張します。
  • 新しいネイティブ SQL インターフェースによって、貴社の製品に自然言語処理機能を簡単に埋め込めるようになります。
  • 分野固有の独自のカスタム辞書およびルールを、SAP HANA の Web IDE で管理します。

グラフデータ処理

  • 新しいビジュアル化機能により、グラフデータの分析を効率化し、結果をより迅速に得ることができます。
  • パターンマッチングに使用する Cypher を SAP HANA でサポートしているため、既存の Cypher クエリー言語のスキルを生かすことができます。

予測分析と機械学習

  • パッケージ済みアルゴリズムの拡充により、予測アプリケーションの機能を充実させることができます。
  • 大規模なパーティション化されたデータに並列処理を適用することでスコアリング機能をより高速に実行できます。

アプリケーション開発とツール強化

アプリケーションサーバー

  • BYOL (Bring Your Own Language) と BYOR (Bring Your Own Runtime) のサポートにより、TCO を低減します。持ち込まれたアプリケーションは XS Advanced フレームワーク内で実行します。
  • マルチテナント (MDC) ランドスケープで制約なしにネイティブアプリケーションを構築できます。
  • JAVA/JavaScript ランタイムに対するサポートとトレース機能の強化により、JAVA ベースのアプリケーションのサポート工数を低減します。

ツール、言語、API

  • 計算ビュー、コアデータサービス、データ型(空間、テキスト、グラフなど)に使用するモデルを強化することで、アプリケーション開発を加速します。
  • グラフィックモデラーの依存関係を使用せずに、階層を直接作成し照会できます。
  • SAP HANA ビューに対して MDX ベースのクエリーと命令を検査、開発でき、その他の MDX 機能も活用できます。
  • 構文エラーのトラブルシューティングが改善され、影響および系統分析が拡張されたことで、生産性が向上します。

データ管理の強化

SAP Enterprise Architecture Designer, SAP HANA エディション

  • 既存の SAP HANA モデル化ツールを補完する、この新しい Web ベースのツールを使用することで、エンタープライズアーキテクチャーやビジネスプロセスをモデル化するとともに、SAP HANA をターゲットとした物理データモデルを構築および計画できます。

多階層ストレージ(* 近日リリース予定)

  • マルチストアテーブルにより大量のデータの管理を簡素化します。
  • 暗号化された拡張ストア、システム複製、差分バックアップをサポートすることで、動的階層化の管理を統合します。

データ統合

  • 並列データ読み込み、自動復元、SAP ABAP ベースのシステムとのデータ統合(仮想プロシージャをサポートする BAPI を使用)により、データ移動を簡素化および加速します。
  • Microsoft Access および SharePoint に対するサポートが加わり、より多くのデータソースにアクセスできるようになります。

データ品質とデータフェデレーション

  • 強化されたアドレスクレンジング機能を活用して、ロケーションベースのデータの精度を向上します。
  • リモートデータスキーマのコピーとの整合を簡素化するリモートメタデータ同期を活用します。

SAP HANA バージョン SPS 12 の新機能

最新の Service Pack Stack(SPS) で導入された新機能とユースケースのすべての概要をご確認いただけます。詳細は 6 分間の SAP HANA Academy のビデオをご覧ください。

SPS 12:データベースの機能強化

Previous Next

運用管理とセキュリティ

テストシステムでの実際の本稼動ワークロードをシミュレートするワークロードのキャプチャと再生機能で、革新採用のリスクを低減します。ワークロードクラスと制約を有効化 / 無効化にすることで、月次決算などの特定のタスクを優先します。さらに、強化された承認のトラブルシューティングおよび簡略化された鍵管理によってデータセキュリティが向上します。

高可用性と障害回復

テナントとクローンデータベース用の新たな移動機能でほぼゼロのダウンタイムを達成し、クロステナントのシナリオについてログを監査し、システム監視の詳細な情報にアクセスします。さらに、複製および設定のより柔軟なオプションや、ネットワークのスループットが次善である場合はバックアップスナップショットからのデータの読み込みを選択できます。

SPS 12:データ処理の機能拡張

Previous Next

グラフデータ処理

ビジネスデータに関係の次元を追加します。すぐに使用できるグラフ横断アルゴリズムだけでなく、ハイパー接続されたデータからより簡単に洞察を抽出する直感的なモデリングおよび可視化ツールを利用します。

テキスト分析とマイニング

テキストマイニングインデックスへの直接アクセスにより、テキストデータからより多くの情報を取得できます。文書で使用される用語の頻度をキャプチャし、「fast food」などの複数ワードの概念に照準を合わせて精度を高めることができます。

空間データ処理

新しい Application Functional Modeler(AFM)により、空間データ型をサポートし、空間アルゴリズムを構築できます。自動的に共通参照システムをインポートし、サードパーティーの地理空間ツールと統合して空間展開をシンプル化できます。

アプリケーションサービスと開発ツールの機能強化

Previous Next

業界標準のサポート

追加のランタイム(JavaScript (Node.js)、Java on Apache TomEE / Tomcat)から選択できます。部分的なランタイムのダウンロードにより、各サービスの起動時にそれらを再展開することを回避できます。また、Git 承認とコードレビューのための改善されたワークフローなど、標準コード管理ツールのサポートも拡張されています。

開発ツール

SAP HANA の開発環境でのテストを効率化します。クロスオブジェクトの影響分析と系統分析でオブジェクト間の依存関係を分析します。また、現在 SAP HANA と SAP PowerDesigner の両方の SAP Web IDE でサポートされている Core Data Services(CDS)アーティファクトにより、アプリケーションを容易に拡張できます。

データ統合/品質の機能拡張

データ統合

Google+、Informix、電子メールファイル用の新しいアダプターを使用して、広範なシステムのデータにアクセスできます。また、このリリースでは、データのプライバシーと保護ポリシーに確実に準拠するために、抽出、変換、ロード(ETL)プロセス中に機密データをマスクできます。

SAP HANA バージョン SPS 11 の新機能

SAP HANA SPS 11 で導入された強力な機能をご確認ください。それらが、最新のアプリケーションの開発と管理、洞察を得るまでの時間の短縮化、IT ランドスケープのシンプル化にどのように役立つのかをご紹介します。

SPS 11:データベースの機能拡張

Previous Next

高可用性と障害回復

システム障害後にデータへの即時アクセスを回復します。SAP HANA バージョン SPS 11 では、ホットスタンバイ構成のサポートが追加されています。この機能は、最新の状態のスタンバイデータベースにフェイルオーバーすることで、アプリケーションがデータへの即時アクセスを回復することができるため、ビジネスの中断を最小限に抑えるのに役立ちます。

セキュリティ

悪質なコードの実行を妨げる SQL インジェクション防止機能でユーザーとデータのセキュリティを強化します。アプリケーションとデータベース全体でユーザーの資格証明を一貫して管理します。SAP システム全体にデフォルトのセキュリティポリシーを実装します。さらに、リアルタイムセキュリティダッシュボードで KPI を監視します。

管理

オンプレミスまたはクラウドで、統一された Web ベースの管理ツールを活用します。これは、動的階層化、スマートデータアクセス、リモートデータ同期、および SAP Adaptive Server Enterprise のアクセラレーターをサポートしています。管理者はそれを使用して差分バックアップを実行し、応答しないシステムの診断とトラブルシューティングを行えます。

データ処理の強化

Previous Next

予測アルゴリズムとストリーミングデータ処理

ストリーミングデータの高度な分析によってビジネスの俊敏性を高めます。SAP HANA SPS 11 では、ライブストリーミングデータで検出されたパターンやトレンドの変化に基づいて、機械学習技術を活用して自動的にパーティションを調整する予測アルゴリズムが追加されています。

空間データ処理

SPS 11 に追加された空間データパーティショニングで位置ベースのデータの分析を加速します。パフォーマンス向上のために、位置ベースのデータを複数のノードに分散して処理します。そして、OGC 認定による広範な分析のために外部の地理空間データを活用しています。

テキスト分析とマイニング

強化されたテキスト分析およびマイニング機能によって非構造化データからより多くの価値を抽出します。文章の要素間の関係を特定し、オンデマンドのテキスト分析、行レベルの言語識別、およびサポートされる多数の言語を活用します。

アプリケーションサービスと開発ツールの機能強化

Previous Next

Web およびアプリケーションサービス

より多くのプログラミング言語(Apache TomEE の Java、Node.js の JavaScript、C++ ランタイム)を使用して、マイクロサービスでアプリを柔軟に設計します。SAP の新しい拡張アプリサービスによって、データベースサービスから独立してスケールアウトでき、システムリソースの最適化と高いアプリケーションパフォーマンスの実現が促進されます。

開発ツール

既存の専門知識を活用でき、アプリケーション開発の加速に役立つ標準化されたツールをご利用ください。SAP HANA Service Pack Stack 11 では、Git、GitHub、Maven などオープンソースコード管理ツールのサポートが追加されています。さらに、SAP PowerDesigner の計算ビューがサポートされています。

SAP HANA バージョン SPS 10 の新機能

SAP HANA SPS 10 は、ミッションクリティカルなアプリケーションの実行、企業とモノのインターネット(IoT)の接続、ビッグデータ処理の分野に対するイノベーションに重点を置き、次世代アプリケーションの開発を促進します。

データベースの機能強化

Previous Next

多階層ストレージ

SAP HANA 動的階層化の拡張機能には、マルチテナントデータベースコンテナー、グラフテーブル、自動フェイルオーバー、バックアップとリカバリ、および監視のための新しいサポートが含まれています。

ワークロード管理と負荷分散

SAP HANA SPS 10 の新しいワークロードクラスが、ユーザーまたはアプリケーション、あるいはその両方のリソース割り当ての向上にどのように役立つのかをご覧ください。これにより、ワークロードの優先順位付けが向上し、リソースの使用が最適化されます。

マルチテナント

動的階層化やスマートデータストリーミングと連携して、マルチテナントデータベースコンテナーを使用する方法をこ確認ください。SAP HANA コックピットと SAP DB Control Center からデータベースコンテナーを管理します。

運用管理とセキュリティ

今日のデータベース管理者は、どこからでもシンプル化されたツールを使用して、インストール、アップグレード、バックアップ、システムのレプリケーション、ロールの割り当て、および証明書管理を実行できます。その方法をご覧ください。

仮想化

スケールアウト展開での VMware vSphere 5.5(限定出荷)や IBM と日立データシステムズの論理パーティショニングなど、仮想化オプションの拡張リストをご覧ください。

ハードウェア

10 SPS が、SAP HANA 上の SUSE Linux for SAP BW での IBM POWER8 システム、および TSX 搭載の Intel Haswell プロセッサーのサポートにより、どのように以前のバージョンよりも最大 6 倍の速度でトランザクションを処理できるのかをご確認ください。

データ処理の強化

Previous Next

高度なアルゴリズムと空間データ処理

Application Functional Modeler の向上、予測アルゴリズムライブラリの機能強化、アプリケーション機能ライブラリにカスタムアルゴリズムを追加する機能、および空間データ処理の機能強化などの新しい処理能力については、こちらをご覧ください。

系列データ

向上したユーザビリティ、新しい集約、ウィンドウ機能など、系列データ機能に対する SPS 10 の拡張に関するリソースをご確認ください。この機能拡張により、高スループットのセンサーデータを扱っている場合でも、効率的にデータを格納できます。

アプリケーションサービスと開発ツールの機能強化

開発ツール

SAP HANA の Web ベース開発者ワークベンチには、いくつかの強力な新機能が備わっています。これらには、GitHub の統合、新しい計算ビューアエディタ機能、SQLScript のデバッグ機能、モデリング機能などが含まれます。

データ統合/品質の機能拡張

Previous Next

Hadoop 統合

最新の Hadoop ディストリビューションをサポートし、Spark SQL を使用して高速なデータ転送を実現し、単一ユーザーインターフェイスを使用して SAP HANA と Hadoop の両方のデータを管理します。SAP HANA コックピットと Apache Ambari の統合によって、これが可能になります。

リモートデータ同期

SPS 10 に導入されたリモートデータ同期機能をご紹介します。これらの機能により、1 つの中心となる SAP HANA インスタンスを介してネットワークのエッジにある数千のデータベースが、トランザクション的に一貫した方法でデータを交換できるようになります。 
Back to top