Skip to Content
お問い合わせ

SAP HANA インメモリーデータベースサービスで必要なデータに即時アクセス

SAP HANA の中心にあるのは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。単一のインメモリーデータベースに OLAP と OLTP の処理を結合し、ディスクのボトルネックを解消し、画期的な性能を提供します。この ACID 準拠のインメモリー列指向データベースは、圧縮データを格納し、マルチプロセッサーコア間の並列処理を提供し、単一命令複数データ(SIMD)コマンドをサポートします。

インメモリーデータベース

Best-Run Business になる

昨日のデータを使用して今日の意思決定を行うのはやめましょう。SAP HANA インメモリーデータベースソフトウェアでは、高速なトランザクションとともに高度な分析を実行でき、正確で最新の回答を瞬く間に取得できます。インメモリーデータベースでは、事前定義済み集約、マテリアライズドビュー、運用システムと意思決定支援システム間のデータの重複が排除されています。したがって、24 時間 365 日、必要とするリアルタイムデータを入手できます。
Previous Next

すべてに対する 1 つのデータベース

SAP HANA では、すべてのトランザクションおよび分析データを単一のデータベースで保持できます。つまり、常に、リアルタイムで必要とする正確なデータにアクセスできます。

迅速なイノベーションとデジタルトランスフォーメーション

SAP のインメモリーデータベースによって、ライブデータへの迅速なアクセスと深層分析が可能になり、瞬時に確固たる行動を取ることができます。詳細をご覧ください。

無料コース:SAP HANA 101

この自分のペースで進めるチュートリアルでは、SAP HANA インメモリーデータベースの主な特長をご紹介します。このコースは無料で、SAP HANA の技術的な知識は必要ありません。

データモデリング

データの近くでビジネスロジックを実行

SAP HANA では、グラフィカルモデリングツール、デシジョンテーブル、Core Data Services、事前構築されたビジネス機能ライブラリを使用して、複雑なビジネスロジックを容易に構築できます。ロジックをストアドプロシージャに埋め込み、それをデータベース内で実行することで不要なデータ移動を回避できます。これによる最も大きなメリットは、SAP HANA でのアルゴリズムの実行がより高速になることです。これは、モデルが、高度に最適化されたインメモリー計算エンジンを活用するためです。
Previous Next

チュートリアル:データモデリング

SAP HANA Academy のこの包括的ビデオシリーズで SAP HANA Studio でのデータモデリング機能の使用方法をご覧ください。

SAP HANA を今すぐ試用

SAP HANA データプラットフォームを実際に体験し、手順に沿った指示に従って最初のアプリケーションを構築してください。

マルチテナントデータベース

複数のテナントデータベースを単体として実行

SAP HANA マルチテナントデータベースコンテナにより、複数のデータベースを単一のものとして管理できます。すべてのテナントデータベースは同じメモリーとプロセッサーを共有していますが、 それらは互いに分離され、それぞれが独自のユーザー、カタログ、リポジトリ、データ、ログファイル、サービスを持っています。各テナントに専用リソースを割り当て、データベースのパフォーマンスを最適化します。また、すべてのデータベースを一度にバックアップ、パッチ適用、復旧することによってコストを削減できます。
Previous Next

SAP HANA マルチテナントデータベースコンテナ

SAP HANA プラットフォームは、マルチテナントデータベースをサポートしています。これにより、複数のデータベースを互いから安全に切り離したまま、単一のものとして管理することができます。その詳細をご確認ください。

マルチテナントのメリット

複数のテナントデータベースを単一のものとして実行することにより、コストを削減し、システムリソースを最適化し、データベースのセキュリティとメンテナンスをシンプル化することなどができます。

多階層ストレージ

大量のデータをコスト効率よく管理

SAP HANA の動的階層化を使用すると、アクセスがほとんどないデータはディスクに移動され、頻繁にアクセスされるデータはメモリー内に残されます。これにより、メモリーサイズに制限されずにコスト効率よく大量のデータを管理できます。アプリは、すべてのデータにその格納場所に関係なくアクセスできます。データベースストレージの設定はユーザーの希望に応じていつでも変更できます。
Previous Next

効率の高いデータウェアハウス

SAP HANA の動的階層化は、コスト効率のよいスケーリング、シンプル化、および価値に応じた大量データの管理に役立ちます。

SAP の開発者センターに参加

単一の物理データベースやパーティションが 1 つしかないテーブルにも、「ホット」データと「ウォーム」データの管理を組み込む方法をご紹介します。

ウォームへのデータエイジング

SAP HANA 内で、ホットインメモリーデータストアからウォーム動的階層化データストアに古いデータを移行する方法をご覧ください。

その他の関連資料

Previous Next

データに留まらず先に進もう

SAP HANA と従来のデータベースを比較して、革新的なテクノロジーについてのトップアナリストやお客様の感想をご覧ください。
Back to top