Skip to Content
お問い合わせ

SAP HANA のデータアクセスと仮想化機能でビジネスを明確に把握

SAP HANA に組み込まれたデータアクセス、統合、仮想化機能を利用すれば、パフォーマンスを犠牲にせずに任意のソースからデータを取得できます。SAP のプラットフォームは、連携クエリー、データ複製、リモートデータ同期、データ品質改善プロセスをサポートしています。組織内外のデータにアクセスして、シンプルな IT ランドスケープでビジネス全体を可視化できます。

データフェデレーション

データを移動せずにリモートからデータをクエリー

SAP HANA のスマートデータアクセステクノロジーにより、インフォメーションワーカーは組織のすべてのデータに瞬時にアクセスできます。Hadoop、SAP Adaptive Server Enterprise(SAP ASE)、その他のデータベースなどのリモートデータソースで連携クエリーを実行します。そして、データ移行のコストと手間をかけず、関連する答えを取得できます。
Previous Next

データフェデレーション

SAP HANA を使用して各種オペレーティングシステム、ソリューション、コンポーネントでデータフェデレーションを実行する方法をご紹介します。

技術的な考慮事項

SAP HANA のデータアクセステクノロジーを実装し、リモートソースに連携したクエリーから答えを取得するために必要な主要ステップをご説明します。

データアクセスの専門的ヒント

事前に SAP HANA データベースに移動せずに、異種混合エンタープライズデータウェアハウスランドスケープ内のリモートデータにアクセスする方法をご覧ください。

データの統合と複製

どこからでも必要なときに必要な場所にデータを提供

データを常に使用可能にして、事業継続性を維持します。SAP HANA のデータ統合機能により、複数のソースとターゲットにわたってデータを移動し、多数のビジネスニーズを満たすことができます。高可用性と障害回復を実現し、最新の情報に基づいて状況に即した意思決定を行うことなどが可能です。
 
SAP のスマートデータインテグレーションテクノロジーは、バッチまたはリアルタイムでのデータ複製用の単一ユーザーインタフェースも提供します。共通データソース向けの既成アダプターと、するためのすべてのソースからデータを取得してビジネスを包括的に把握できる SDK アダプターを提供します。
Previous Next

詳細を見る

SAP HANA のスマートデータインテグレーションが、企業全体にわたる多様なデータソースから意味のある洞察を取得するのにどのように役立つかをご覧ください。

データ統合 101

SAP HANA Academy のビデオで、企業の全体像を把握するために、データを複製、移動、フェデレーションする方法をご覧ください。

データランドスケープの簡略化

SAP HANA のスマートデータインテグレーションのオンプレミス、クラウド、またはハイブリッド展開向けの設計の特長とユースケースをご覧ください。

データ品質

データの品質と信頼性の向上

SAP HANA のスマートデータクオリティを利用して、意思決定者に正確で信頼できるデータを提供しましょう。SAP HANA ですべてのドメインとソースにわたる品質の問題を管理し、データをクレンジングできます。名前、役職、電話番号、電子メールなどのエンティティを標準化、検証、照合し、精度を高めることができます。また、ジオコーディングを使用して、ロケーションインテリジェンスで住所データを拡充することもできます。SAP HANA に基づく SAP Agile Data Preparation アプリを使用して、組織にセルフサービス型のデータ準備機能を提供でき、ユーザーはデータの発見・成形方法をシンプル化できるようになります。
Previous Next

データ品質の変革

これらの無料の SAP HANA Academy のビデオで、SAP HANA でデータを準備、クレンジング、および変換するためのツールと方法をご覧ください。

セルフサービス型のデータ準備

SAP HANA スマートデータクオリティ/インテグレーションを活用したデータ準備アプリの概要と、このアプリを使用してデータを即応性の高い、容易に消費できる情報へと変換する方法をご覧ください。

データ準備の容易化

SAP HANA によって機能強化される SAP Agile Data Preparation アプリを使用して、ビジネスユーザーのデータ発見・成形能力を高めます。

リモートデータ同期

データをリモートで利用可能にする

SAP HANA のリモートデータ同期によって、デバイスに埋め込まれているか、ネットワークのエッジに位置するかどうかに関係なく、SAP HANA と数千の SAP SQL Anywhere データベースの間で双方向のデータ同期が可能になります。リモートの職場や高帯域幅接続の届かない場所で企業データを利用可能にすることができます。そして、リモート・データを収集・分析し、離れた場所にあるデバイスを監視し、ビジネス全体の応答性を高めることができます。
Previous Next

詳細を見る

SAP HANA のリモートデータ同期が、断続的接続の場合でも離れた場所にあるアプリとのデータの共有にどのように役立つのかをご覧ください。

データ同期のユースケース

クラウドコンピューティングの時代でも分散データモデルがまだ果たすべき役割を持っている理由を示す 3 つのユースケースをお読みください。

コミュニティに参加(英語)

SAP Anywhere コミュニティにアクセスして、埋め込み、モバイル、リモート環境でデータベース駆動アプリを構築する方法をご覧ください。
Back to top