コンテンツにスキップする

データフェデレーション

リモートソースへのクエリーのフェデレーション

リモートのデータソースに対するクエリーのフェデレーションを行うことによって、インフォメーションワーカーは情報に迅速にアクセスできるようになります。そのようなデータソースには、クラウドネイティブのリモートソース、Hadoop、SAP Adaptive Server Enterprise (SAP ASE)、その他のデータベースが含まれます。データ移行のコストと手間をかけず、関連する答えを取得できます。

データの統合と複製

あらゆる形式のデータを統合、複製

ETL、複製、フェデレーションの 3 つの統合モデルを使用できます。SAP やサードパーティー製データベースなど、あらゆるソースからデータを移動してシームレスに複製するので、いつでもリアルタイムで利用できます。データ量、データ型、データソースを問わず、オープンで包括的なサポートをご提供します。

データ品質

データの品質と信頼性の向上

ソースからターゲットへのデータ形式の変換、レコードの標準化とクレンジング、重複レコードの特定と修正、ジオコードインテリジェンスによる住所データの強化、すべてのドメインとソースにわたるその他のデータ品質問題の管理を、単一のユーザーインターフェースで実行できます。

リモートデータ同期

リモートデータの同期

SAP HANA データベースと、デバイスに組み込みの、あるいはネットワークエッジにある SAP SQL Anywhere データベースとの間での双方向同期により、リモートでデータを利用できるようになります。

データアクセスのリソースセンター

先頭に戻る