コンテンツにスキップする
コンピューターのモニター上で動作している SAP HANA ソフトウェア
オンプレミスおよびクラウドでマルチモデルデータに対する高度なアナリティクスを提供する、高性能なインメモリーデータベースです

SAP HANA および SAP HANA Cloud の機能

SAP HANA は、データベース管理、データセキュリティ、マルチモデル処理、アプリケーション開発、データ仮想化など、多数の堅牢な機能を提供します。

製品ロードマップ

現在のオプション、計画されているイノベーション、将来の機能についてご確認ください。

製品リリースのハイライト

ライブバーチャルエキスパートシリーズに参加して、最新機能をご確認ください。SAP HANA および SAP HANA Cloud のすべての機能については、旧エディションのオンデマンドウェビナーをご覧いただけます。

データベースサービス

他にはないエンタープライズ対応のデータベースソリューションである SAP HANA を使用して、IT ランドスケープを簡素化し、データ管理の負荷を軽減しましょう。

SAP HANA によるデータベース管理

ビジネスプロセスを強化し、IT 環境を簡素化するための組み込みの機械学習機能により、1 つのデータインスタンスでトランザクションワークロードと分析ワークロードをサポートします。 ローカルデータ、仮想データ、分散データへのリアルタイムな透明性の高いゲートウェイによって、オンプレミスとクラウドをまたいでフットプリントとワークロードを拡張します。

  • ハイブリッドインメモリーデータベース:ローカルデータ、仮想データ、分散データへのリアルタイムな透明性の高いゲートウェイによって、オンプレミスとクラウドをまたいでフットプリントとワークロードを拡張します。
  • トランザクション処理と分析処理:あらゆる種類のデータをサポートし、さまざまな種類のワークロードを実行します。
  • データモデリング:グラフィカルなモデルにより、ステークホルダー間の協働を促進し、複雑な分析をリアルタイムで実現できるように支援します。
  • 多階層ストレージ:データの価値とアクセス性を最大化しながら、パフォーマンス、コスト、ストレージを最適化し、クラウドでデータを効果的に管理します。

ユルゲン・ミューラー (Juergen Mueller)
SAP SE 最高技術責任者兼エグゼクティブボードメンバー

 

SAP HANA 革命
SAP が 2010 年にインメモリーデータベース SAP HANA のアイデアを初めて紹介したとき、懐疑派はこのアイデアを「完全な幻想」と退けました。オンプレミスリレーショナルデータベースは、長い間、エンタープライズシステムのバックボーンだったのです。

SAP、2020 年版「Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems (クラウドデータベース管理システム分野のマジッククアドラント)」でリーダーに認定

SAP は、最近追加した SAP HANA Cloud および SAP Data Warehouse Cloud により、広範なデータ管理製品ポートフォリオのイノベーションを続けています。 これらのソリューションは、SAP HANA を基盤とし、さらに運用ワークロードと分析ワークロードの両方に対する、業界をリードするデータベースソリューションを提供してきた 10 年以上もの SAP の実績がその礎になっています。 

データベース運用

信頼性の高いパフォーマンスのための基盤を構築しましょう。SAP HANA インメモリーデータベースで利用できる管理ツールを使用すれば、IT 運用をシンプル化してプロセスを監視および最適化し、継続的な可用性を実現しながら、セキュアでアクセス可能なデータを提供できます。

監視: データベースのパフォーマンスを設定、チューニング、監視します。 コア管理タスクを実行し、高度な操作を自動化できます。

パフォーマンス管理:IT の更新によるパフォーマンスとコストの影響を予測し、業務オペレーションを中断することなく、更新中および更新後の IT ランドスケープの安定性を保護します。

高可用性と災害復旧: 企業が、顧客に継続的にサービスを提供できる信頼性と安全性の高いデータセンターを、コスト効率の高い方法で準備できるようにします。

スクリプトおよび開発ツール: アプリケーションの自動化とカスタマイズ、および SAP HANA でのコマンドの実行を簡単に行うことができます。

SAP HANA によるデータセキュリティ

システムを保護し、今日のデジタル世界の規制要件に準拠させるための手順を実装しながら、サイバーセキュリティに関する課題に対処し、確信を持ってイノベーションを起こすことができます。SAP HANA は、業界標準(SAML など)と文書化されているインターフェースをサポートしており、シングルサインオン、ID 管理、監査ログ、コンプライアンスツール、脅威検出、ウイルス対策検査などのために、お客様のセキュリティネットワークやデータセンターインフラとの統合が可能です。

セキュアなデータとアプリケーション:包括的な ID およびアクセス管理機能とデータの匿名化によって、通信、データ、サービスを保護し、プライバシーと信頼性を確保します。

セキュアな設定:暗号化およびセキュアな通信は、SAP HANA コア機能セットの一部です。 

セキュアなソフトウェア:SAP HANA で利用可能なライフサイクル管理ツールを通じて、セキュリティアップグレードが月 1 回のペースで提供され、最新のセキュリティアップグレードが可能になります。

メラニー・ハンドレック (Melanie Handreck)
SAP

 

SAP HANA 2.0 SPS 05 でセキュリティ設定を促進
セキュリティ設定は、SAP HANA によるイノベーションを自信を持って行うための最初のステップです。 既存のランドスケープに安全に統合する場合でも、新しい機能を初めて試す場合でも、設定については慎重に考慮する必要があります。

データ仮想化

すべてのアプリケーション、データストレージ、そしてクラウドへのリアルタイムのゲートウェイを提供し、ビジネスに対する完全な可視性を得られるようにします。

データ品質:組み込みのデータ品質機能とサービスを活用して、データの標準化から強化までの、データの品質向上を実現します。

データフェデレーション:他のシステムから、透明性の高いリアルタイムのデータをオンデマンドで提供します。

データの統合と複製:選択した統合オプションに従って、あらゆるデータソースからビジネスインテリジェンスを獲得できます。

アプリケーション開発

最適なアプリケーションの構築に役立つオープン標準とツールを活用し、組み込みの開発機能とランタイム機能を使ってインテリジェントなリアルタイムアプリケーションをシームレスに構築しましょう。

シンプル化されたアプリケーションアーキテクチャー:大幅にシンプル化されたアプリケーションアーキテクチャーにより、最新のアプリケーションをより迅速に構築できます。

アプリケーション開発言語:ニーズに合った既存のスキルやプログラミング言語を活用できます。  

アプリケーション開発ツール:Eclipse、Web IDE、および ABAP ベースの開発ツールなど、SAP HANA 用に最適化された、貴社のニーズに合ったさまざまなアプリケーション開発ツールを使用できます。

スマートマルチモデル

複数のデータ型を単一のスケーラブルなソリューションで保存、処理および分析する機能を組み合わせることによって、境界のないイノベーションを実現します。スマートなリアルタイムソリューションをより簡単に開発できます。

マルチモデル処理:地理空間、グラフ、JSON ドキュメントなどを保存、処理、分析できる、統合データベースソリューションです。

ネイティブ機械学習:組み込みの機械学習と外部機械学習からデータ主導のインサイトを引き出し、ビジネスプロセスの拡張と改善を図ります。

ハイブリッドなトランザクション処理と分析処理:単一のデータセットでトランザクションワークロードと分析ワークロードを組み合わせる最新のアプリケーションを使用して、イノベーションを実現します。

SAP、「The Forrester Wave: Multimodel Data Platforms, Q3 2021」でリーダーに認定

レポートの完全版をお読みいただくと、マルチモデルプラットフォームにより、組織がリアルタイムかつ一貫性のある、信頼できるデータを提供し、新しいビジネス要件に対応する方法をご確認いただけます。

SAP HANA Cloud Database-as-a-Service (DBaaS) コンポーネント

オンプレミスとクラウドの互換性により、クラウド導入がシンプル化され、既存のスキルを使用してハイブリッドデータを活用することができます。クラウドでは、SAP のさまざまなクラウドソリューションを使用してデータを分析し、データのエンタープライズレベルのプライバシー、セキュリティ、コンプライアンスを確保することができます。

SAP HANA Cloud, data lake

データレイクは、あらゆるデータ型に対応するリポジトリです。このリポジトリからデータを調査したり、アクセスして使用したりすることができ、データ主導の意思決定を行うことができます。クラウドデータレイクを導入することで、組織のコスト削減、パフォーマンスの改善、インサイトを生み出す大規模で低コストのデータへのアクセスの容易化につながります。

  • リレーショナルデータレイク内の膨大なデータに対する取得、保存、照会が可能に。このデータレイクは、ほぼすべてのファイルタイプに対応したネイティブのオブジェクトストレージを提供
  • Sybase に対する既存の投資を活かして、既存の SAP IQ ソフトウェアをサポート
  • 既存の SAP IQ データベースを、選択したクラウドに完全なマネージドサービスとして移行

SAP HANA データベース

ビジネスプロセスを強化し、IT 環境を簡素化するための組み込みの機械学習機能により、1 つのデータインスタンスでトランザクションワークロードと分析ワークロードをサポートします。 ローカルデータ、仮想データ、分散データへのリアルタイムな透明性の高いゲートウェイによって、オンプレミスとクラウドをまたいでフットプリントとワークロードを拡張します。

  • インメモリー方式のスピードと圧縮によるメリット
  • スマートマルチモデル処理、機械学習、グラフ、空間、およびドキュメント機能により、ビジネスデータを処理および保存
  • チューニングなしで高度なリアルタイム分析とハイパフォーマンスなトランザクションを実行

ユルゲン・ミューラー (Juergen Mueller)
SAP 最高技術責任者兼エグゼクティブボードメンバー

SAP HANA 革命

SAP HANA 革命 SAP が 2010 年にインメモリーデータベース SAP HANA のアイデアを初めて紹介したとき、懐疑派はこのアイデアを「完全な幻想」と退けました。オンプレミスのリレーショナルデータベースは、長い間、エンタープライズシステムのバックボーンだったのです。

SAP HANA Cloud, Adaptive Server Enterprise

SAP のリレーショナルデータベースサーバーは、より少ない労力で、より高速で信頼性の高いオンライントランザクション処理 (OLTP) を実現し、フルマネージド・クラウドサービスとして主要ハイパースケーラープラットフォーム上に展開されます。

  • SAP Adaptive Server Enterprise (SAP ASE) に対応する、互換性のある完全管理されたクラウドオプションの提供
  • SAP HANA のユーザーに高速なデータ収集を提供
  • 選択したハイパースケーラー上の SAP HANA Cloud で提供される多くの機能により SAP ASE を拡張

SAP HANA Cloud, SAP Adaptive Server Enterprise Replication

SAP HANA Cloud, SAP Adaptive Server Enterprise Replication を使用して、人気の高い SAP およびサードパーティのデータソースからのデータをリアルタイムで移動、管理、統合できます。これにより、高品質なデータへのアクセスが常に可能になり、IT 投資の価値が増大します。

  • SAP HANA Cloud, Adaptive Server Enterprise コンポーネント間で、柔軟かつハイパフォーマンスなデータ複製を実現
  • 複数のデータベースをまたいでデータトランザクションの一貫性を維持
  • ログに基づいた効率的な双方向の複製および、既存の Sybase スキルの再利用

データ仮想化に関しては、SAP HANA Cloud はオンプレミスの SAP HANA スマートデータアクセス/ SAP HANA スマートデータインテグレーションの多くのアダプターをサポートしています。さらに SAP HANA Cloud では、AWS Athena (S3) および Google BigQuery からのデータ仮想化をサポートしています。Adaptive Server Enterprise サービスでは、CIS プロキシテーブルを使用できます。

はい。100 を超える機械学習アルゴリズムが組み込まれています。

SAP HANA は、業界標準と文書化されているインターフェースをサポートしており、シングルサインオン (SSO)、ID 管理、監査ログ、コンプライアンスツール、脅威検出、ウイルス対策検査などのために、お客様のセキュリティネットワークやデータセンターインフラとの統合が可能です。

先頭に戻る