コンテンツにスキップする
お問い合わせ
チャットで相談 チャットで相談(受付時間外です)
チャットでご質問にお答えします。
ウェブで相談
ご意見、ご質問、フィードバックなどをお寄せください。

SAP システムによる不動産管理の合理化

企業不動産、住宅用不動産、商業用不動産の管理をシンプル化しましょう。SAP のソフトウェアシステムは、バックエンドの財務会計と統合し、最新のデジタルテクノロジーを使用して、不動産ポートフォリオのパフォーマンス、建物管理、リース会計などの改善を支援します。

不動産管理に対する貴社固有のニーズにお応えします

Previous Next

建物と設備のパフォーマンス管理用の新しいツールを導入

SAP の建物パフォーマンス管理コックピットを使用して、建物データを可視化し、スペース利用状況、インフラ、エネルギーコストなどに関する重要な洞察を取得しましょう。SAP と Siemens 社が共同開発したこのコックピットによって、ERP と建物自動化システムからのリアルタイムデータが統合されます。 

クラウドで企業不動産を管理

SAP Cloud for Real Estate の全貌をご紹介します。インメモリーテクノロジーを基盤とし、SAP Cloud Platform 上に構築されているこの最新の企業不動産管理ソリューションには、「ロケーション管理」と「契約およびリース管理」という 2 つの主要モジュールが用意されています。それぞれのモジュールの特長と導入効果をご確認ください。

新しいリース会計基準への準拠

SAP の住宅用・商業用不動産管理ソフトウェアである SAP Real Estate Managementを使用することで、リース管理者とリース経理担当者間の連携の強化、貸借対照表へのリースの計上の簡易化、間もなく施行される IFRS 16 および米国 GAAP 会計基準への準拠を実現できます。 

不動産管理向け SAP ソフトウェアのご紹介

+
SAP Real Estate Management
SAP Cloud for Real Estate
サポート対象の不動産プロセス 商用および住居向け 企業向け
導入型 オンプレミスまたはプライベートクラウド パブリッククラウド
CAD アプリケーションおよび GIS アプリケーションとの統合
KPI その他の運用アナリティクスのサポート SAP Real Estate Cockpit を使用 SAP Cloud for Real Estate アプリケーションのネイティブ機能
スペースに個人、グループ、組織を割り当てる機能
新しいリース会計基準 (IFRS16/ASC842) のサポート
SAP S/4HANA ネイティブ統合 リアルタイム統合
リアルタイムイネーブルメント
ビッグデータの最適化
SAP Real Estate Management SAP Cloud for Real Estate
サポート対象の不動産プロセス
商用および住居向け
企業向け
導入型
オンプレミスまたはプライベートクラウド
パブリッククラウド
CAD アプリケーションおよび GIS アプリケーションとの統合
KPI その他の運用アナリティクスのサポート
SAP Real Estate Cockpit を使用
SAP Cloud for Real Estate アプリケーションのネイティブ機能
スペースに個人、グループ、組織を割り当てる機能
新しいリース会計基準 (IFRS16/ASC842) のサポート
SAP S/4HANA
ネイティブ統合
リアルタイム統合
リアルタイムイネーブルメント
ビッグデータの最適化

IFRS 16 および米国 GAAP ASC 842 に向けた準備

Previous Next

財務会計基準審議会 (FASB) および国際会計基準審議会 (IASB) は先日、組織のリース会計報告に関するコンバージェンス基準を発表しました。この新しい基準では、リースの大部分を企業の貸借対照表に計上する義務が生じます。新しい基準に対応する準備ができているかどうか、SAP Real Estate Management がどのように役立つのかをご確認ください。

エキスパートからの不動産管理関連の最新情報とトレンド

Previous Next
スザンナ・ハブラネク (Susanna Havranek)
ソリューションマーケティング
SAP

企業不動産管理のデジタル化

企業不動産ポートフォリオの情報を一元化することで、ペーパーワーク、電子メール、スプレッドシートを削減し、正しい情報をすぐに入手できるようになります。  

トム・アンダーソン (Tom Anderson)
ソリューションマーケティング
SAP

FASB と IASB の新しいリース基準への準拠

リース契約データの収集および検証用に単一の入力ポイントを使用することで、リースに関する企業の会計報告を最新の要件に準拠したものにします。

スザンナ・ハブラネク (Susanna Havranek)
ソリューションマーケティング
SAP

機械学習で IFRS16 に真正面から取り組む

IFRS および米国 GAAP 基準に従って賃貸不動産やリース設備を報告する期限が迫っています。自動化されたデータ抽出により、報告期限を守ることができます。

先頭に戻る