コンテンツにスキップする
画像:空から見る地球

SAP ECC から SAP S/4HANA への移行

S/4HANA Movement プログラムを活用して、SAP ERP Central Component (SAP ECC) からインテリジェント ERP に円滑に移行しましょう。

SAP S/4HANA への移行はなぜ今なのでしょうか?

SAP ECC 6.0 は 2027 年までフルサポートされますが、従来型の ERP システムは、現在の競争に勝ち抜くために必要とされるインテリジェントテクノロジーの利用という観点では、時代遅れのシステムと言わざるを得ません。8,700 社を超えるお客様が SAP S/4HANA を利用し、毎月数百社を超えるお客様が本稼動フェーズに入っています。今こそ、SAP の最新インテリジェント ERP に移行する時です。

現在のビジネスプロセスをさらに強化

SAP S/4HANA は、インメモリデータベースである SAP HANA の機能を使用して構築されています。よりシンプルなデータモデルにスピードが加わり、冗長性とバッチ処理を排除します。また、OLTP と OLAP を分離する必要もなくなります。 

競争優位性を獲得

組み込み型の機械学習により、組織全体で主要なビジネスプロセスが自動化され、パフォーマンスが改善されます。また、BI と予測に基づくリアルタイムのインサイトで従業員を支援し、定型業務から解放します。 

ランドスケープをシンプル化

SAP S/4HANA に移行した企業は、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドのいずれかを使用して、300% の ROI から 2 桁の収益増加まで目覚ましい成果を上げ、生産性の劇的な向上を達成しています。  

4 つの簡単なステップで SAP S/4HANA に移行

SAP S/4HANA Movement プログラムには、SAP S/4HANA の導入を加速させる無料、低コスト、または固定価格のサービスが含まれています。

ビジョンと戦略の整合

SAP S/4HANA で業種/業務部門別の多様な価値提案を探り、ビジネスニーズや目標を定義し、移行に向けた今後のステップの基盤を築きましょう。

ビジネスケースの構築

SAP S/4HANA への移行によりもたらされるビジネスバリューを明確にし、変革の計画を立てましょう。エキスパートによる支援を選択することもできますが、SAP 計画ツールを使用して独自に計画を立てることもできます。

導入計画の作成

SAP エキスパートの支援を活用して、ビジネス目標に合致した将来のランドスケープまたはデプロイメント戦略(新規導入、システム変換、または選択的データ移行)を見つけましょう。  

ビジネスバリューの実現

SAP は、さまざまなプロジェクト方法論、SAP およびパートナーによる導入サービス、SAP ツール、イネーブルメントサービスを通じて SAP S/4HANA の導入を支援します。その詳細をご確認ください。

導入スタート時に利用するツールおよびサービス

システム変換または新規導入計画のいずれかを選択

ブラウンフィールド、グリーンフィールド、その他のアプローチを含め、各組織に適した導入計画とシステム移行を選択できます。

新規導入(グリーンフィールド)

このアプローチは、SAP S/4HANA を活用して、標準機能と業界のベストプラクティスに戻るように現行のプロセスを再設計されるお客様に最適です。SAP S/4HANA を新規導入し、ご利用されている従来型 ERP のデプロイメントからデータを移行します。

システム変換(ブラウンフィールド)

ブラウンフィールドアプローチは、通常、最速のオプションで、任意のデータベース上で実行されている SAP ECC 6.x システムを SAP S/4HANA に変換し、既存の設定、カスタマイズ、履歴データはそのまま保持されます。このアプローチでは、技術的な変換を迅速に行うことができ、イノベーションを段階的に実装できます。

選択的データ移行

このアプローチでは、データとプロセスを 1 回のステップで柔軟的に移行することができるため、システム変換と新規導入の間の独自の範囲を調整することができます。ビッグバンアプローチに加えてロールアウトもサポートされているため、ランドスケープとアーキテクチャーの近代化にも使用できます(例:ERP 連結またはクラウドアプリケーションへの移行)。

トレーニングと定着化

Learning Journey

Learning Journey は、学習パスを進んでいただくことにより SAP S/4HANA の操作方法を学び、最新情報の把握やスキルの拡大もできるように設計されたビジュアルガイドです。e ブック、openSAP コース、実践学習など、ニーズに合ったフォーマットやサービスをご利用いただけます。

SAP S/4HANA トレーニング

新しい SAP S/4HANA Web ショップや、SAP S/4HANA 向けの従来型の集合研修、認定、SAP Live Class のバーチャルイベント、ウェビナー、特別イベントなどの幅広いコースからニーズに合うものを探すことができます。組織的な変更管理やカスタムコンテンツの開発に関する学習オプションもご用意しています。

openSAP コース

この無料の openSAP コースでは、プログラムにおける重要事項のほか、SAP S/4HANA 導入を進める SAP のお客様向けに提供される設備資産、ツール、サービスについても紹介します。

次のステップに進みましょう

移行を開始する

SAP S/4HANA Movement プログラムを使用してインテリジェント ERP の導入を迅速化する方法や、達成可能な成果についてご興味があれば、ぜひ SAP までお問い合わせください。

SAP ECC と SAP S/4HANA の違い

Edit Table Feature Comparison Component

SAP ECC から SAP S/4HANA への移行に関する FAQ(よくある質問)

SAP HANA のカラム型のインメモリーデータベースだけが、機能強化されたビジネスプロセス、シンプルなランドスケープ、競争優位性の獲得に必要なデータモデルのシンプル化をサポートできます。

SAP HANA には 10 年の歴史があり、世界中に数万人のお客様がいます。SAP S/4HANA システムをご利用いただいているお客様もすでに数千社あります。このシステムはすべて SAP HANA インメモリーデータベース上で稼動します。

システム変換プロジェクトの最初のステップは、Readiness Check Tool の実行です。提供される情報には、実行する必要があるカスタムコードの適合が含まれます。これらの適合の大部分は簡単に実行でき、自動化できる場合もあります。

SAP S/4HANA には、コード行、データモデル、ユーザーインターフェースに整合性を持たせた豊富な導入オプションがあります。これにより、企業本社のシステムはオンプレミスまたはプライベートクラウドに導入し、子会社のシステムはパブリッククラウドに導入する、といったことができます。  

はい。数十種類の機械学習のシナリオが SAP S/4HANA に組み込まれています。

先頭に戻る