Skip to Content
お問い合わせ

SAP Jam Collaborationを利用してクラウドでつながる

顧客、パートナー、従業員が重要な情報とプロセスにアクセスできるクラウド環境を構築しましょう。SAP Jam Collaborationなら可能です。この全社規模のソーシャルコラボレーションソフトウェアは、問題の速やかな解決とビジネス成果の促進に必要となる、あらゆるモノ(そして、あらゆる人々)を結びつけます。セールスサイクルの短縮、顧客エンゲージメントと従業員エンゲージメントの強化、研修費用の削減などにお役立てください。

エンタープライズコラボレーション分野をリードするSAP

SAP Jam Collaboration はソーシャル型の安全なコラボレーション機能をアプリケーション内、モバイルデバイス上、SAP Jam Collaboration 自体など、あらゆる業務環境で実現します。チーム間の障壁を取り去り、情報の縦割り管理をなくし、ソーシャルツールをあらゆるビジネスプロセスに導入することができます。

  • 作業パターンとソーシャルビジネスプロセス: 人々、コンテンツ、アプリケーション、バックエンドのエンタープライズシステムのリアルタイムデータを結びつけます。
  • コラボレーションの体系化: 長所/短所分析、フォーラム、ランキングなどの各種ツールをブレインストーミング、問題解決、意思決定に活用します。
  • 外部とのコラボレーション: 特定の顧客、パートナー、ベンダー、サプライヤーなどとコラボレーションするためのグループを立ち上げます。
  • 全社規模のソーシャルネットワーキング: グループ、フィード、ディスカッション、文書共有を活用して「つながり」やコミュニケーションを強めることができます。
  • セキュリティと運用管理: エンタープライズグレードのセキュリティと、SAPおよび他社製ソフトウェアとの統合の利点を活用できます。統合機能はあらかじめ構築済みで、拡張性にも優れています。

SAP Jam Collaboration の経済効果を見る

SAP Jam の ROI を計算する

Previous

人事分野で SAP Jam が選ばれる理由

採用から退職までの人事プロセスを全社規模のコラボレーションツールで合理化しましょう。ソーシャルラーニングを通じて従業員の研修コストを最小限に抑え、ベストプラクティスを共有して従業員の貢献意欲を高めることができます。

  • 使いやすいツールにより、従業員が常に必要な情報にアクセスしてコラボレーションを行える環境を整備
  • 構造化された作業と構造化されていないアイデアやトピックの共有の双方に対応できる幅広いツールを提供
Next
Previous

学習およびトレーニング分野で SAP Jam Collaboration が選ばれる理由 

学習プログラムにソーシャルコラボレーションを取り入れて、学習管理システム(LMS)の枠を超えた効果を上げましょう。

  • 従業員が全社の分野別エキスパートと質疑応答できる環境を作り、学習と知識共有の文化を醸成
  • コースの履修中およびその前後での学習を徹底することで効果を増大

  • LMSコースに直結した知識共有のコミュニティに従業員を取り込む  
  • 従業員がエキスパートを簡単に見つけてコンタクトできるようにし、能力開発を促進

SAP SuccessFactors Learning

Next
Previous

セールス分野で SAP Jam が選ばれる理由

営業組織は、ターゲット顧客や案件の状況に応じて、営業チーム、社内エキスパート、顧客、パートナー間で効果的に連携することにより、販売サイクルを加速できます。より多くの取引をより速やかに成約に導き、顧客との関係を強化できるように、営業チームの仕事力を高めましょう。コラボレーション機能を活用すれば可能です。

  • SAP Hybris Sales Cloud などの基幹業務系ビジネスアプリケーションとの統合を活用して、コラボレーション型アカウント管理、案件管理、見積管理などを実施
  • 営業チームが開発部門と直接コラボレーションできる環境により、常に最新の開発状況を把握
  • 見込客、顧客、パートナーが集うコミュニティを構築し、製品や市場セグメントに関する情報源として活用
  • セールストレーニンググループ、メンターリング、コーチングなどを通じてナレッジを共有し蓄積する
  • 販売伝票に関するコラボレーション環境を整え、提案・見積・契約に関して顧客と連携


マーケティング分野で SAP Jam が選ばれる理由

コラボレーション機能を活用して、マーケティングプログラムの計画や実行、および分析を強化できます。

  • 内外のエキスパートと連携して、よりスマートなマーケティングキャンペーンと卓越したコンテンツを構築
  • 体系的なブレインストーミングと豊かなコミュニケーションチャネルを通じて創造性を促進し、優先順位付け、投票、行動などを支援
  • セールスチームやパートナーチームに、効果的な販売に役立つ最新コンテンツを提供
  • チームとして予算を優先順位付けし、追跡、および管理する
  • SAP Hybris Marketing や SAP S/4HANA Marketing Cloud などの基幹業務系ビジネスアプリケーションとの統合を活用


カスタマーサービス分野で SAP Jam が選ばれる理由

コラボレーション型のケース管理を活用して、顧客、社内のステークホルダー、エキスパートが連携し、サービス依頼を迅速かつ効果的に処理できます。

  • SAP Hybris Service Cloud などのビジネスアプリケーション内でコラボレーションを構築し、迅速かつ効果的に対応
  • エキスパートのナレッジベースを活用することで、顧客の問題を迅速に解決する適切なリソースを特定
  • カスタマーエンゲージメント、顧客満足度、顧客維持率を大幅に改善
  • 迅速なオンボーディング、学習の加速化、親密なメンターリングを通じて顧客との最初のコンタクトまでの時間を短縮し、チームのパフォーマンスを強化
Next
Previous

IT 分野で SAP Jam が選ばれる理由

ビジネス成果の促進に欠かせない情報・アプリケーション・プロセスに、誰もが安全かつ速やかにアクセスできる環境を整えましょう。

  • 組織内の縦割り管理によって分断されたソーシャル環境を解消
  • 統一された安全なソーシャルコラボレーション基盤をビジネス全体に提供
  • 必要な機能が集約されたシームレスな体験をすべてのビジネスユーザーに提供
  • ユーザー情報、ユーザー別の貢献度と使用状況、ディスク使用量に関する統計情報をモニタリング

技術的管理機能

  • SAP Jam Collaborationモバイルアプリの設定:SAP Jam Collaborationのモバイルアプリを簡単に設定/有効化し、従業員を招待するまでの作業は、すべて管理コンソールで行うことができます。
  • ドメイン管理:電子メールドメインのホワイトリスト/ブラックリストを作成して、社内のSAP Jam Collaborationインスタンスに対する外部ユーザーのアクセスを許可または拒否できます。
  • CRMとの統合:コラボレーションツールをSAP CRMやSAP Cloud for Customerに直接組み込むことができます。プロセスやアプリケーションを変更する必要がないシームレスなコラボレーションを実現するのはSAP Jam Collaborationだけです。
  • サードパーティー環境との統合:Microsoft SharePointと連携して動作し、イベントをiCal互換アプリケーション向けに簡単にエクスポートできます。また、各種の電子メールクライアント、Google Calendar、Box、Twitter、YouTube、Kalturaとの統合機能も、あらかじめ構築済みです。
  • SAPとの統合:SAP SuccessFactors Platform、SAP SuccessFactors Learning、SAP Learning Hub、SAP BusinessObjects BI Platform、SAP Cloud for Financials、SAP Cloud for Customer(Sales、Service、Social Engagement)、SAP CRM、SAP Sales and Operations Planning、SAP Business Suite、オンプレミス型アプリケーションとのSAIL(Social Application Integration Layer)経由の統合機能が、あらかじめ構築済みです。
Next

SAP Jam Collaborationのご購入の準備は整いましたか?

ソーシャルコラボレーションソフトウェアの購買と導入の詳細については、SAPの営業担当者にお問い合わせください。

SAP Jam Collaborationのシステム要件

システムおよびソフトウェアの要件は、お客様固有のシナリオごとに異なり、変更される場合があります。システムとソフトウェアの要件、および更新、リリースの最新情報については、 SAP Jam Collaborationのガイドをご参照ください。

システム要件 説明
Webブラウザー SAP Jam Collaborationは、インターネット接続とサポートされるWebブラウザーを必要とするクラウドベースの製品です。以下のサポートされるWebブラウザーのいずれかを使用する必要があります。
  • Internet Explorer - バージョン11(IE 8、9、10に対するサポートは2016年3月4日を持って終了しました)
  • FireFox - 最新バージョン
  • Safari - 最新バージョン
  • Chrome - 最新バージョン(v.42以降、Microsoft OfficeとMicrosoft Lyncの統合はサポート対象外となりました)
ブラウザー設定 ブラウザーを次のように設定する必要があります。
  • SAP Jam CollaborationはWeb 2.0に対応したアプリケーションです。静的コンテンツについてはキャッシュを多用します。キャッシュを消去するとパフォーマンスに大きな影響が及ぶため、Webプロキシキャッシュを消去しないことをお勧めします。推奨最小キャッシュサイズは250 MBです。新しいWebページは有効にする必要があります。
  • HTTP 1.1とJavaScriptを有効にしてください。
  • 認証のために、ブラウザセッションCookie(非永続的)を有効にする必要があります。
  • SAP Jamドメインからのポップアップウィンドウを許可するようにブラウザーを設定する必要があります。
Adobe Flash Adobe Flashプラグインが必要です。現在のところ、SAP JamはAdobe Flash Player 10.0以降をサポートしています。
Java オーディオの録音とビデオの録画には、Java Runtime Environment (JRE) 1.7以降が必要です。学習管理システム(LMS)のオフラインプレーヤーを使用するには、JRE 1.7.0_6以降が必要です。
ネットワーク帯域幅 ネットワーク帯域速度として300~400 Kb/sが必要です。

お客様の声をお聞きください…

SAP Cloud トラストセンター

SAP は、クラウド上の高い信頼性、セキュリティ、コンプライアンスをお約束します。パーソナライズされたクラウドサービスステータスを含む、SAP クラウド信頼関連のあらゆるコンテンツに簡単にアクセスできます。

導入

導入の成功とROIの最大化を確実に実現しましょう。計画からインストール、運用まで、SAP Jam Collaborationのさまざまなフェーズを網羅した幅広い情報リソースをご活用いただけます。

Previous

設定の計画

新たに導入するコラボレーションソフトウェアの設定方法については、「SAP Jam Collaboration Administrator Guide」のセクション 2「Configuration」を参照してください。

SAP Jamソフトウェアの営業担当者へのお問い合わせ

ソーシャルコラボレーションツールの購入と導入の詳細については、SAP の営業担当者にお問い合わせください

Next
image

導入・実装に関してさらにご支援が必要な場合は、SAP Digital Business ServicesまたはSAP Enterprise Supportサービスまでお問い合わせください 

image

導入を支援するSAPパートナーを探す

Previous

開発者ガイド(英語)

この開発者向けガイドは、SAP Jam Collaboration と他のビジネスアプリケーションを統合して高度な業務パターンを実現するための情報を提供しています。

ユーザーガイド(英語)

このユーザーガイドでは、SAP Jam Collaboration のユーザー(グループ管理者、ページデザイナー、メンバー)が利用できるすべての機能について説明しています。

モバイルアプリユーザーガイド

SAP Jam Collaboration モバイルアプリの利用開始方法が説明され、使用頻度の高い機能についてのクイックヒントも示されています。

Next
Previous

グループ管理ガイド(英語)

この包括的なガイドでは、SAP Jam におけるグループの作成・管理について必要となるあらゆる情報をご確認いただけます。

開発者コミュニティ

API に関するドキュメントから、サンプルコード、ABAP 開発者向けの情報まで、SAP Jam の開発者向けリソースが見つかります。

Next
image

導入・実装に関してさらにご支援が必要な場合は、SAP Digital Business ServicesまたはSAP Enterprise Supportサービスまでお問い合わせください 

image

導入を支援するSAPパートナーを探す

このコースでは、SAP Jam Academy バーチャルクラスを受講するための前提条件として、SuccessFactors HCM Cloud Suite プラットフォームの基本、共通要素の設定、ユーザーデータの入力方法を説明します。


image

SAP Education の利用計画について支援が必要ですか?SAP の教育・研修コンサルティングサービスの詳細をご覧ください

SAP Jamリリースノート

  • 四半期ごとに新しいリリースが予定されており、SAPのデータセンター側で、すべてのお客様のSAP Jam Collaboration環境を自動的に更新します。  
  • SAP Jam Collaborationの最新リリースの新機能と、現四半期向けリリースの制限事項をご確認いただけます。
 

SAP 製品ロードマップ

今後の製品機能の開発計画については、SAP Jam Collaboration 製品ロードマップをご覧ください。このロードマップでは、最近のイノベーションに関する情報、今後計画されているイノベーションや製品の将来的な方向性に関する概要などを提供します。

サポート

SAP Jam Collaborationを常に最高のパフォーマンスで実行するために、SAPのサポートをご利用ください。ソフトウェアの価値を最大限に引き出し、最新のビジネスモデルや機能の利点を活かしながら、さらなるビジネスメリットを実現できるように、SAPのエキスパートがご支援いたします。

専門家のコミュニティ

SAPのエキスパートとつながりましょう。SAP Jam Collaborationの導入、アップグレード、イノベーション、ベストプラクティスに関する最新のニュースや見解を知ることができます。

Previous

企業全体にメリットをもたらす HR ラーニングプログラム

ラーニング文化を受け入れている企業は、将来的な顧客要求に対する準備が 58% も優れており、従業員の生産性が 35% 以上も高くなっています。

ソーシャルコラボレーションがもたらす業績向上

Forrester Consulting社の調査によると、典型的な企業はSAP Jamの導入によって527%ものROI(投資回収率)を達成できる可能性があります。詳細をご覧ください。

ソーシャルコラボレーション: CHRO の秘密兵器

ソーシャルコラボレーションツールのメリットをビジネスで活かす 4 つの方法をご紹介します。

Next
Back to top