Skip to Content
お問い合わせ

SAP Dynamic Edge Processing

SAP Dynamic Edge Processing と SAP Edge Services を活用して、デジタルコアを拡張しましょう。

設備の稼動時間、オペレーションの効率、作業員の生産性などを改善するため、エッジにおけるビジネスプロセスを最適化しましょう。SAP Dynamic Edge Processing と SAP Leonardo Edge Services なら可能です。生のセンサーデータをインテリジェントかつアクション可能なインサイトにエッジで変換し、ネットワーク接続が安定しない環境においても、SAP アプリケーションの機能に常にアクセスできるため、SAP のミッションクリティカルなワークフローをローカルで実現することが可能です。

SAP Dynamic Edge Processing が選ばれる理由

エッジのデータのうち、データセンターでの分析が必要なものは、わずか 15% と言われています。残りはデータセンターの外、ネットワークのエッジで処理することが可能です。Leonardo IoT Edge に位置付けられる SAP Dynamic Edge Processing (オンプレミス)と SAP Edge Services(クラウド)を活用することで、エッジコンピューティングをシンプル化し、加速化することができます。分析や、ビジネスのためのインテリジェントなアクションを最も必要な場所で、即座に実行することができます。

Leonardo IoT Edge により、以下のことが実現可能です。

  • 様々なタイプの IoT センサーの処理パターンをシンプル化
  • デジタルコアをインテリジェントなエッジにまで拡張し、物理的な IoT デバイスつまり「モノ」とビジネスの世界を橋渡し
  • ネットワークのエッジにおいて、ワークフローをトリガーすることで迅速なアクションを可能にし、ローカルのビジネスプロセスを加速
  • エッジのセンサーから、コアのデジタルシステムへデータをセキュアに送信
  • 本当に必要なデータとインサイトのみをデジタルコアに送信することにより、通信費用を削減

ビデオを見る(約 2 分)

SAP Edge Services デモのビデオを見る

SAP Dynamic Edge Processing と SAP Edge Services により、ビジネスユーザーと IT スタッフの仕事がどのようにシンプルになるのかご覧ください。

  • エッジのデータの管理と保護:エッジデバイスや IoT センサーの管理および監視、すべてのデータ伝送の保護、アクションやモノの制御と自動化を実現します。

  • デジタルコアをエッジまで拡張:コアのビジネスプロセスをデータセンター外にまで拡張し、エッジで分析を実行して IoT データに価値を付加することで、ネットワークの接続性に依存することなく、クリティカルなビジネス機能の継続性を高めることができます。意思決定を迅速化し、作業員の効率を向上させます。

  • スピードとパフォーマンスの改善:イベントとエッジのデータをローカルで迅速に処理し、保管することで、パフォーマンスを大幅に向上させ、伝送データ量を削減します。

  • ユーザーエクスペリエンスのシンプル化:ローカルで行われるワークフローを最適化し、ユーザーエクスペリエンスの強化と作業員の生産性向上を実現します。

  • クラウドドリブンのサービスの有効化:SAP Edge Services と SAP Cloud Platform を使用して、エッジにおける永続サービス、ストリーミングサービス、ビジネスエッセンシャル機能サービスなどを、シームレスに活用することで、リアルタイムな意思決定を支援します。

  • 演算の最適化:クリティカルなビジネス機能をサポートするためにローカルで永続的に保つべきデータはどれか、データを集約してより深い分析を実行するためにデジタルコアへ送信すべきデータはどれなのかを選択します。

image

さらにご支援が必要な場合は、SAP Digital Business Servicesの詳細をご覧ください

SAP Dynamic Edge Processing と SAP Edge Services は、IoT データが発生するエッジにおいて、業界をリードする知能をリアルタイムで提供し、効率性の最適化、遅延の軽減、不安定な接続による処理中断を最小限に留めることが可能です。

  • ビジネス機能サービス:SAP のプラント保全 (PM)、在庫/購買管理 (MM)、在庫管理 (IM) ソリューションのビジネスプロセスをエッジで実行することで、ビジネスプロセスのフローを中断することなく継続的な業務の遂行が可能です。エッジサービスの繰り返し可能なアーキテクチャーを利用することで、従業員の健康と安全 (EH&S)、サプライチェーン管理 (SCM)、人事・人材管理 (HCM) など、その他の SAP アプリケーションの機能領域をエッジに拡張することができます。

  • リアルタイムの意思決定:エッジでローカルにアプリケーションをホストし、エッジのデータを使用することで、1 秒未満のシステム応答時間を実現することが可能です。クラウドとデータを往復させることなくリアルタイムな意思決定を促進できます。

  • ストリーミングサービス:IoT データストリームを分析し、調整可能なタイムウィンドウで条件を定義することで、パターン認識や自動イベントの実行が可能になります。

  • エッジパーシステンスサービス:IoT データをローカルのゲートウェイに格納し、エッジで直接稼働させることで、ネットワークの負荷集中を避けるとともに、データの自動フィルタリングやローカルデータのポリシー設定などを可能にします。

Leonardo IoT Edge に位置付けられる、SAP Dynamic Edge Processing または SAP Edge Services をディプロイしましょう。

  • SAP Leonardo Edge Services 
    SAP Leonardo Edge Services は SAP のクラウドプラットフォーム上で動作します。遅延センシティブなケースや決定論的パフォーマンスのために、クラウドをエッジまで拡張します。サブスクリプションベースの価格モデルで提供されます。

  • SAP Dynamic Edge Processing
    SAP Dynamic Edge Processing は、特に、製造および産業向け IoT ユースケースに対応します。デバイス数に応じた、永続ライセンスモデルで提供します。

Previous

よりスマートな小売のためのスマートな在庫管理

この小売デモと参考アーキテクチャーの例では、SAP Dynamic Edge Processing をどう活用し、業務オペレーションをエッジに拡張するのか紹介します。在庫管理をデジタル化することで、店舗オペレーションの変革、リアルタイムな商品追跡、在庫切れの低減を実現します。

SAP アプリケーションをエッジまで拡張

SAP Dynamic Edge Processing は、物理的な「モノ」とビジネスの世界の橋渡しをします。エッジまで拡張される機能領域には、プラント保全、在庫管理、在庫/購買管理などが含まれます。

Next

専門家のコミュニティ

Previous

この記事とインフォグラフィックでは、ローカルで行われるエッジ処理について、さらになぜそれが必要なのか説明します。

IoT にとっての夏至

夏至とエッジ処理にどのような関係があるのでしょうか。詳細は製品リリースの記事をご覧ください。

モノのインターネット (IoT) の準備

IoT が進化するにつれ、フォーカスされるキーポイントが、「インターネット」と実際の「モノ」から、結果へと移行しています。

 
IoT がどのように在庫管理の精度を向上させ、エッジ処理シナリオを改善できるのか説明します。
Next
Back to top