コンテンツにスキップする
写真:コンピューターモニターに表示された SAP Data Warehouse Cloud ソフトウェア

SAP Data Warehouse Cloud

SAP の統合データとアナリティクスクラウドソリューションを活用して、データとビジネスコンテキストを結び付け、ビジネスユーザーがインサイトを引き出せるようにします。

SAP Data Warehouse Cloud とは

SAP Data Warehouse Cloud は、マルチクラウドソリューション内でデータとアナリティクスを統合し、データ統合機能、データベース機能、データウェアハウス機能、アナリティクス機能によりデータ主導型企業の実現を支援します。SAP HANA Cloud データベースを基盤とするこの SaaS (Software as a Service) を使用すれば、業務データをより的確に把握し、リアルタイム情報をもとに確信に満ちた意思決定を行うことができます。

  • ビジネスコンテキストを維持しながら、マルチクラウド/オンプレミスのリポジトリー間でデータをリアルタイムで接続
  • ユーザーに仮想ワークスペースとノーコード環境を提供して、IT 部門が管理する環境でデータを安全に接続、モデル化、視覚化、共有できるよう支援
  • リアルタイムデータに関するインサイトを取得し、あらゆるタイプの構造化データ、非構造化データ、地理空間データをインメモリー方式の速度で分析
  • 事前統合済みデータベース、データウェアハウス、データインテリジェンス、データレイク、アナリティクス機能により、導入を迅速化
  • BW ブリッジオプションにより、既存の BW モデル、変換、およびカスタマイゼーションを再利用。価値実現までの時間を短縮し、既存の投資を活用

最新のクラウドデータウェアハウジング

クラウドへの移行と、統一されたクラウドデータウェアハウスの構築についてご確認ください。

SAP Data Warehouse Cloud を活用して成功しているお客様の事例を紹介します

SAP Data Warehouse Cloud に関するアナリストの見解

クラウドデータベース管理システムへの移行のシンプル化

ガートナー社によるクラウドデータベース管理システム (DBMS) に関するベンダー評価レポートをお届けします。クラウド DBMS の 2021 年度マジッククアドラントで SAP がリーダーに選ばれた理由をお読みください。

統一されたデータおよびアナリティクスの重要性

現在の課題、イノベーション戦略、自動化の優先順位について 420 人のデータ戦略リーダーたちが語る知見の中から、多数の戦略的メリットを見つけましょう。

Value calculator

SAP Data Warehouse Cloud が生み出す経済的効果を定量化してください。

SAP Data Warehouse Cloud の FAQ (よくある質問)

はい。SAP Data Warehouse Cloud は IT ユーザーとビジネスユーザーの両方に対応しています。SAP およびソリューションパートナーは、事前構築済の業種および事業部門 (LoB) コンテンツ、テンプレート、およびモデルを提供します。LoB ユーザーは、事前構築済みのコンテンツと高度な分析を使用して、すべてのデータから即座に価値を引き出すことができます。ビジネスユーザーはこのコンテンツにより、技術的なプロトコルや言語を理解する必要なく、より迅速に結果を得ることができます。さらにビジネスユーザーは、よりビジネス要件に適合するように標準コンテンツを調整し、組織内の他のユーザーと共有することができます。同時に、このソリューションにより、IT 部門には強力なセキュリティ機能およびデータガバナンス機能が提供されます。IT 部門はシンプルなリソース管理を通じて、データモデリング、データ統合、ストーリー構築に必要なメモリーとコンピューティング能力を、個人とチームに割り当てることができます。

SAP Data Warehouse Cloud には、お好みの ETL ツールを接続できる柔軟性があります。また、このソリューションでは、ネイティブなデータ統合機能と仮想化機能も提供されており、ユーザーはツールやさまざまなデータソースを統合することができます。

ビジネスユーザーは、事前構築済みデータモデルを使用して、データを簡単にモデル化し、検討することができます。SAP Data Warehouse Cloud のデータビルダー機能により、ユーザーは統合されたシンプルなグラフィカルモデリング環境でデータをマッピングできます。また、柔軟なセルフサービスにより、直感的なドラッグ & ドロップインターフェースでデータの接続とモデリングを行うことができます。

データウェアハウスとアナリティクスの統合は、時間のかかる大きな課題となることがよくあります。そのため、SAP Data Warehouse Cloud には SAP Analytics Cloud がネイティブ統合されています。また、サードパーティーの BI ツールをサポートするオープン API も提供します。

企業はクラウドを活用することで、クラウドが実現する運用のシンプルさ、柔軟性、俊敏性、および時間の短縮というメリットを得ています。しかしながら、ほとんどの企業には、オンプレミスのデータウェアハウスの利用を止めてクラウド移行するためのリソースがありません。SAP Data Warehouse Cloud アーキテクチャーは、SAP HANA for SQL data warehousing、SAP BW/4HANA、サードパーティー環境などの、既存のオンプレミスデータウェアハウスデプロイメントの拡張を支援できるように設計されています。このハイブリッドのシナリオにより、クラウド移行のペースとリスクのバランスを取ることができます。

SAP BW/4HANA のお客様は、現在のオンプレミス環境を簡単に拡張してクラウドシナリオを含めることができます。SAP BW/4HANA から管理対象サービス製品である SAP Data Warehouse Cloud へのデータ移行を選択できます。または、データをそのままにして、SAP Data Warehouse Cloud でデータセットを複製することなく、直接 SAP BW/4HANA からデータセットを使用し、データをクラウドまたはオンプレミスシステムのサードパーティーデータソースと結合することができます。ハイブリッドアプローチとして、一部のデータをオンプレミスの SAP BW/4HANA に残し、一部のデータをクラウドの SAP Data Warehouse Cloud に置くこともできます。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

* 「Gartner Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems」、Donald Feinberg、Merv Adrian、Rick Greenwald、Adam Ronthal、Henry Cook、2021 年 11 月 23 日

ガートナーは、ガートナーリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の称号を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

先頭に戻る