コンテンツにスキップする

SAP Data Intelligence とは?

SAP Data Intelligence は、包括的なデータ管理ソリューションです。SAP Business Technology Platform のデータオーケストレーションレイヤーとして、分散データから有用なインサイトを引き出し、大きなイノベーションへとつなげます。

分散データ処理におけるデータインテリジェンスの活用

IT ランドスケープ全体を統合することにより、インテリジェントで関連性が高く、状況に即したインサイトをユーザーに提供します。

  • 場所と方法を問わず、必要なあらゆるデータを発掘、接続
  • 膨大なデータ量を統合、調整して、大規模にストリーミング
  • 機械学習を原動力としたイノベーションの合理化、実働化、ガバナンスを実現 
  • 包括的なメタデータ管理ルールにより、ガバナンスを最適化し、コンプライアンスリスクを最小化

情報管理の合理化

充実したメタデータタグ、ユーザーによるレーティングとコメントの生成、一元化されたビジネス用語集により、最も関連性の高いデータを見つけましょう。

  • 分散したメタデータを発掘してカタログ化することで、検索可能なデータファブリックを構築
  • データに基づく価値のプロファイリング、強化、創出
  • セルフサービス型のデータ作成

大規模なハイブリッドデータ管理

データサイロを結びつけ、グローバルなデータ資産に対する可視性が向上する、企業データファブリックを構築しましょう。

  • 保存場所を選ばないデータの一元的な管理と処理
  • オンプレミスおよびクラウドの処理エンジンの自動化と再利用
  • 分散環境間にまたがる複雑なデータタイプへの対応

SAP Data Hub のオンプレミスまたはクラウド環境における進化

単一ソリューションでデータによるイノベーションを実現する SAP Data Intelligence

SAP Data Hub を含む SAP Data Intelligence 3.0 は、クラウド、オンプレミス、およびライセンス持ち込み (BYOL) 方式の導入により、データ主導のイノベーションを実現します。

データ統合に関するアナリストの見解

Forrester 社、SAP を企業データファブリック分野のリーダーに認定

企業データファブリックに関する最新の Forrester Wave で SAP がリーダーに選ばれた理由をご覧ください。

Gartner 社、SAP を企業情報管理分野のリーダーに認定

メタデータ管理、データ品質、データ統合に関する Gartner 社の最新 MQ レポートで SAP がリーダーに認定された理由をご覧ください。

大規模なデータオーケストレーションおよびデータ統合の管理

データオーケストレーションで、ハイブリッドランドスケープや複雑なデータ型が含まれるデータ統合がどのように行われるのかご覧ください。

SAP Data Intelligence の対話型デモを見る

SAP ソリューションによるデータ主導イノベーションの促進

分散ランドスケープに広がるあらゆるシステムに接続し、メタデータ管理を通じてデータを結合、プロファイリング、作成できる SAP Data Intelligence の対話型デモをぜひお試しください。登録はこちら。

SAP Data Intelligence を活用して成功を収めているお客様の事例をご紹介します。

SAP Data Intelligence リソースセンター

その他の製品

ビジネスニーズを満たすその他のデータ管理製品をお探しですか?

SAP Data Services

データ統合、品質管理、クレンジングなど、優れた管理機能を利用して、組織内の構造化/非構造化データの価値を最大化します。

SAP Data Quality Management ロケーションデータ向けマイクロサービス

アドレスクレンジング、検証、およびジオコーディングをビジネスプロセスまたはアプリケーションインターフェースに埋め込むことで、連絡先データのクオリティを向上させることができます。

SAP Data Mapping and Protection by BigID

SAP Data Mapping and Protection で保護されたデータを利用して、全社にわたって使用できる実用的なインサイトを取得できます。

SAP Information Steward

データプロファイリングツール、データリネージツール、メタデータ管理ツールを組み合わせてデータの完全性を最大限まで追求し、企業データモデルに対する継続的なインサイトを提供します。

データインテリジェンスに関する FAQ(よくある質問)

FAQ(よくある質問)

SAP Data Intelligence とはどんなものですか?

SAP Data Intelligence は、分散したデータ資産を、全社規模で接続、発掘、拡充、調整することで、行動につながるインサイトへと転換する、包括的なデータ管理ソリューションです。

異種混合の企業データからのデータウェアハウス構築、IoT データストリーム管理のシンプル化、拡張性のある機械学習の促進を可能にします。SAP Data Intelligence は、業務アプリケーションの能力を高め、インテリジェントエンタープライズへの進化を加速させるとともに、企業データのすべてを管理、統合、処理する包括的で一元化された手段を提供します。 

SAP Data Intelligence には、次のような機能があります。

  • 単一の企業データファブリックから、場所と時間を問わず、あらゆるデータを発掘、接続
  • 複雑なデータタイプ間でデータを変換、強化し、堅牢で検索可能なデータカタログのキュレーションを実現
  • 拡張性と再現性に優れ、実働レベルに達した機械学習パイプラインがサポートする複雑なデータフローを自動化することによって、インテリジェントなデータ処理を実現
SAP Data Intelligence が必要な理由は何ですか?

企業は、膨大な量のデータからビジネスバリューを引き出し、不正行為の防止、予知保全、サプライチェーンの最適化などの社内プロセスを改善する必要があります。しかし、SAP や他社製システムから送られてくる大量かつ多様なデータの変換は簡単ではありません。そこで SAP Data Intelligence を利用することによって、データの統合、イノベーション、コンプライアンスを強力にサポートすることができます。

SAP Data Intelligence が必要な理由を 5 つ教えてください。

SAP Data Intelligence には、次のような機能があります。

  • あらゆるデータを統合し、洪水のように押し寄せる膨大なデータを調整できます。
  • あらゆるエンジンを再利用し、SAP または他社製のデータ処理エンジン間のオーケストレーションを実行できます。
  • 機械学習の導入、拡張、実働化、統制を容易にしてインテリジェンスを民主化します。
  • データ資産を同一ツール内で発掘、作成、統制できるようにして、データ品質を確保します。
  • ハイブリッドまたはオンプレミスを問わず、あらゆる組み合わせのハイパースケーラーへの導入が可能です。
SAP Data Intelligence の導入でメリットがあるのは誰ですか?
  • データスチュワード:組織のデータガバナンスプロセスを活用して、データ要素(コンテンツとメタデータの両方)の適合性を保証できます。
  • 最高データ責任者:企業全体のガバナンスをより強力に確立し、データ処理・分析、データマイニング、情報取引、その他の手段を通じて、情報を資産として活用できます。
  • データウェアハウス管理者:データウェアハウジングやデータマートのシステム開発および保守を、データ開発ライフサイクルの全期間にわたりサポートできます。このライフサイクルには、データのプロファイリング、設計、開発、テスト、サポートが含まれます。
  • ビジネスアナリスト:データ分析によって、プロセス、製品、サービス、ソフトウェアの改良に対する指針を示し、IT 部署とその他の部署間のギャップを埋めることで業務効率を上げることができます。また、プロセスの評価、要件の決定、データに基づく提言や、エグゼクティブやステークホルダーへの報告にも、データ分析機能が威力を発揮します。
  • CIO:把握できていない可能性がある要件も漏らさず管理し、データサイエンスを低コストで確信を持って展開できます。
SAP Data Intelligence は新しい ETL ツールなのですか?

SAP Data Intelligence は、従来のバッチ ETL またはリアルタイムストリーミングを超える存在です。これらの機能をさらに拡張して、企業全体で活用します。これは、従来の ETL エンジンでは実現できなかったことです。また、分散ランドスケープで動作する新しいテクノロジー(たとえば、Docker や Kubernetes)との統合も可能です。その枠組みは、データが保存されている場所までロジックを持って行き、コンピューティングパワーを用いることです。ETL では、このような複雑なデータランドスケープに伴う大量のデータや、膨大な各種システム、ソース、消費ポイントに対応できません。SAP Data Intelligence は現行の機能をそのまま提供しながら、この近代的なランドスケープ全体への拡張性を確保します。

先頭に戻る