コンテンツにスキップする

デジタルコマース

「どこでもコマース」を実現し、ビジネスに最適な e コマースソリューションを提供しましょう。

すべてのカスタマーエンゲージメントをパーソナルなショッピングの機会に

SAP Commerce ソリューションは、企業間 (B2B)、消費者直販 (D2C)、B2C、B2B2C のいずれの販売形態に対しても、ビジネスを立ち上げ、運用し、成長させるための e コマースプラットフォームと POS 機能を提供します。

 

SAP が提供するコマースソリューション

リソースセンター

導入事例
DAIMANI

複数の国が含まれる VIP ホスピタリティマーケットプレイスを運営する DAIMANI 社は、SAP Customer Experience ソリューションを活用して、パーソナライズされたきわめて高度なカスタマーサービスを提供しています。その概要をご覧ください。 

導入事例
Bosch

B2B カスタマーエクスペリエンスが従来のプロセスに風穴を開け、収益を拡大させています。その方法をご確認ください。

導入事例
MHE-Demag

市場での存在感を高め、即応性を改善しているメーカーの事例を紹介します。

導入事例
Insight

グローバルエンタープライズ IT プロバイダーが、新規顧客の迅速な立ち上げと本稼動を支援している事例を紹介します。

導入事例
Sigma Healthcare

ヘルスケア企業がエクスペリエンスとオペレーションに関するインサイトを組み合わせて、顧客の期待を上回る成果を上げています。その方法をご検討ください。

導入事例
ALBA Group

大手廃棄物処理企業が、SAP Commerce Cloud を活用して、顧客の期待を上回るカスタマーポータルを実現しました。その概要をご覧ください。

導入事例
Maui Jim

Maui Jim 社は、バーチャルな e コマースと実際のカスタマーエンゲージメントとのギャップを埋めるため、独自のショッピングエクスペリエンスを提供しています。その方法をご確認ください。

導入事例
Yell

デジタルマーケティングのマネージドサービスを展開するリーダー企業である Yell 社は、SAP のクラウドソリューションの導入により、カスタマーエクスペリエンス全体の合理化と向上を実現しています。その概要をご覧ください。

FAQ(よくある質問)

デジタルコマースプラットフォームによって、一般的なオンラインストアやその他のデジタルコネクテッドデバイス(携帯電話、ウェアラブル端末、コネクテッドカー、IoT デバイスなど)を通じ、製品、ソリューション、サービスをオンラインで販売できるようになります。実店舗をデジタルコマース戦略に組み込むこともできます。「ネットで購入して店舗で受け取る」や「ネットで購入して店舗に返品する」など、オムニチャネルフルフィルメントのシナリオで特に有効です。

ヘッドレスコマースプラットフォームでは、フロントエンドやストアフロント(「ヘッド」)を、プラットフォームのバックエンドのすべてのロジックやプロセスから分離します。これにより、より柔軟で俊敏な対応が可能になり、バックエンドで稼動するコアサービスを修正することなく、ストアフロントを更新できるようになります。また、コマース機能にもモジュール方式のアプローチを採用できます。コアコマース機能はマイクロサービスとして提供されるため、相互に独立を保ちながら API コールを通じて利用できます。さらに、顧客が利用するストアフロントなしで別の販売チャネルを供給する(「ヘッドレス」)というシナリオにも対応できます。

SAP Commerce Cloud は、主に高度な B2B、B2C、および B2B2C のユースケースを持つ大企業向けに構築された、実績のあるコマースソリューションです。固有のニーズを満たすようソリューションをカスタマイズし、非常に複雑なカタログ、製品、設定を管理することで、高度にパーソナライズされた卓越したオムニチャネルエクスペリエンスを創出することができます。このソリューションでは、強力で包括的な B2B コマース機能も利用できます。

 

SAP Upscale Commerce は、D2C(direct-to-consumer)チャネルの立ち上げを希望する中堅・中小企業向けに設計された SAP の次世代コマースソリューションです。純粋な SaaS (Software-as-a-Solution) ソリューションは、モバイルファーストのアプローチにより、卓越したコマースエクスペリエンスをわずか数週間で創出します。SAP Upscale Commerce には、インテリジェントなウィジェット、モビグラム、マーチャンダイジングアルゴリズムなどの革新的な AI ベースの機能が含まれているため、総所有コストを低く抑えながらスマートに販売できます。

先頭に戻る