コンテンツにスキップする
写真:オフィスのデスクで遠くを見つめるビジネスマン

顧客データ管理

顧客データは、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンス (CX) の基盤として重要な市場での優位性をもたらします。

顧客データからのインサイトにより成長機会を最大限に活かす

SAP の顧客データソリューションを活用すると、企業全体で情報共有が可能になり、顧客のデータプライバシーを尊重し、コンプライアンスリスクを軽減しながら、確かな情報に基づいてビジネスの意思決定を行い、信頼を築き、ロイヤルティを高めることができます。

placeholder
自信を持ってチャンスの瞬間をつかむ

チャンスが来たときに、それをつかむ準備ができていますか?SAP の最高マーケティングおよびソリューション責任者のジュリア・ホワイト (Julia White) が、ビジネスプロセスのバックエンドとカスタマーエクスペリエンスのフロントエンドとを結び付けることで、ソーシャルメディアで口コミ効果が高まる瞬間をとらえて、より強固なロイヤルティと高収益へ導く方法をご紹介します。

顧客データと業務データを組み合わせる

顧客への理解を深めれば、ビジネス上の意思決定を改善できます。顧客データを ERP やサプライチェーン管理などのシステムのバックオフィスデータと組み合わせれば、360 度の顧客ビューを活かしたリアルタイムのインサイトを把握することができます。

データプライバシーを尊重し、信頼を築く

同意に基づくデータを収集して管理することは、コンプライアンスに対応し、顧客の信頼を築くために不可欠です。顧客 ID、同意、およびプリファレンスデータを完全に把握すれば、顧客がどのように関わりたいかを理解し、チャネルやタッチポイント全体で顧客のプリファレンスを適用して、規制上のリスクを軽減することができます。

すべてのエンゲージメントで顧客を知る

顧客 ID は、より多くの価値への道を開きます。ID と同意の基盤に基づいて、マーケティング、コマース、セールス、およびサービスの各システムに、関連する顧客データをリアルタイムで簡単にプッシュできる統合機能を設計して導入しましょう。

placeholder

Web キャスト:インサイトを ROI に変える

SAP Customer Data Cloud を使用してデータプライバシーランドスケープをナビゲートする方法をご確認ください。

製品概要

関連するカスタマーインサイトと適切なエンゲージメントシステムをリアルタイムで連携することで、ビジネスを拡大および強化します。

placeholder
拡大

包括的な顧客プロファイル

顧客プロファイルを統合し、個人または顧客アカウントレベルで関係を紐づけることで、
B2B と B2C のユースケースに対応できます。

目的重視のデータガバナンス

顧客ライフサイクル全体にわたってデータの目的を維持することで、データプライバシーを尊重し、規制リスクに対応します。

タッチポイントを横断したエンゲージメントのパーソナライゼーション

権限に基づく正確な顧客データを、マーケティング、e コマース、店舗、セールス、サービスの各種エンゲージメントシステムに提供します。

バックオフィスシステム接続

共通のデータモデルを用いて、ERP、サプライチェーン管理、その他のクラウドソリューションを統合できます。

リアルタイムにおけるインサイトの有効化

セグメント化、オーディエンス管理、リアルタイムの意思決定に関する属性を継続的に計算します。 

SAP Customer Data Platform への投資により、デジタルマーケティングエンゲージメントの目標を達成し、確実なデータ収集とコンプライアンス対応によって消費者との直接的な関係を醸成しています。

ジョージ・レスコ (George Lesko) 氏、バイスプレジデント兼 CIO、Ferrara Candy Company

placeholder
拡大

顧客のオンボーディングとプログレッシブプロファイリング

ネイティブ画面セットとカスタムフローにより、円滑なカスタマーエクスペリエンスを構築します。

パスワードなしの認証

フェデレーション規格、シングルサインオン、リスクベースのパスワード不要な多要素認証によって、セキュリティリスクを軽減します。

プロファイルのオーケストレーション

インデックス化された動的データベース内でファーストパーティーのプロファイルデータを一元管理し、他のカスタマーエンゲージメントソリューションとの統合を可能にします。

事前定義済みの統合

60 を超える事前設定済みのテクノロジー統合を活用できます。 

SAP Customer Data Cloud ソリューションのおかげで、顧客が Web サイトに来る前に、顧客情報を把握する機会を得られるようになりました。

イマン・アロムラニ (Iman Alomrani) 氏、Expo 2020、副最高技術責任者

placeholder
拡大

委任管理

同意、プリファレンス、および個人情報に対する管理の委任やセルフサービス機能により、パートナーや顧客のオンボーディングを進めます。

ビジネスポリシーベースのアクセス管理

ポリシーベースのアクセス制御を使用することで、アプリケーション、プラットフォーム、製品、データに対するシンプルまたはきめ細かいアクセス制御を実現します。

セキュリティリスクの軽減

動的なアクセス制御によってデータ侵害のリスクを軽減し、データを保護します。

データプライバシーのコンプライアンスサポート

同意やプリファレンスのデータを監査に対応したリポジトリーに保存し、エンドユーザー自身による個人データの管理を可能にします。

顧客データを成長の原動力に変える

顧客対応には、躊躇のないすばやい行動が求められます。顧客データは、ビジネス上の意思決定を改善し、データプライバシーのリスクを軽減し、ロイヤルティを強化するための鍵となります。

placeholder
デジタルチャネルを通じて顧客からの信頼を築く

どうすれば広く顧客からの信頼を得られるでしょうか?そして、なぜそれが収益の拡大に不可欠なのでしょうか?データプライバシーのエキスパートであるティム・ウォルターズ (Tim Walters) 氏のこのレポートで、その答えが見つかります。

placeholder
パーソナライズされた安全なエクスペリエンスで収益を拡大

スムーズなデジタルエクスペリエンスは、強固な関係の構築に役立ちます。顧客 ID およびアクセス管理を用いて、この重要な成果を達成する方法をご確認ください。

placeholder
俊敏な CX で重要なモーメントを勝ち取る

CX の俊敏性は、データに基づくパーソナライズされたインタラクション、効果的なマーケティング手法による差別化、期待とともに進化するコマースエクスペリエンスの実現につながります。

SAP の顧客データソリューションを活用して成功を収めているお客様の事例をご紹介します。

お客様のプリファレンスと同意の管理を可能にする SAP Customer Data ソリューションによって、私たちは顧客の信頼を得ることができました。LGPD および CCPA の各地域のデータ保護法を活用することで、各地域のお客様のニーズや行動、プリファレンスを把握できます。

リチャード・ガイモン (Richard Guymon) 氏、CPO(最高製品責任者)、Gigg Inc

SAP Customer Data ソリューションが割り当てる同意マーケティングコミュニケーションの設定やクッキーなどのツールにより、お客様のニーズや要望を理解しやすくなりました。

ケイティ・リリー (Katie Lillie) 氏、ネットワークエンゲージメント & エクスペリエンス担当ディレクター、Pivotal Ventures

SAP Customer Data ソリューションのおかげで、信頼性の高いソーシャルメディアの作成やログイン、顧客データエンゲージメントを展開できるようになりました。

エリン・クイン (Erin Quinn) 氏、カスタマーサービスマネージャー、Freeman Company

SAP Customer Data ソリューションは、スタッフの責任感を強めただけでなく、プロフェッショナルとしての企業イメージも向上させました。

ネイサン・ブラウン (Nathan Brown) 氏、セールスマネージャー、LogixX Pharma

SAP Customer Data ソリューションが数々の賞を受賞

2022 年、SAP Customer Data ソリューションは、TrustRadius の 3 つのアワードカテゴリーで最高評価を獲得しました。

顧客データ戦略が大きな成果を生む

placeholder
顧客データ戦略の強化をお考えですか?

新たなアプローチで顧客データに対処することで、競争優位性を獲得できます。Harvard Business Review Analytic Services 社と SAP との共同調査レポートから、アナリストと業界エキスパートによるインサイトを取得してください。

SAP の顧客データ管理ソリューションに関するアナリストの見解

placeholder
KuppingerCole 社:SAP は最先端の CDP ソリューションを提供

KuppingerCole 社の調査結果から、SAP の顧客データプラットフォーム (CDP) がどのように企業全体に価値を提供しているかをご確認ください。

placeholder
KuppingerCole 社が SAP を CIAM プラットフォームリーダーに認定

CIAM ベンダー 26 社に関する詳細な分析から、SAP が 4 回連続でリーダーに認定された理由をご確認ください。

placeholder
Forrester 社:SAP ソリューションの Total Economic Impact™(総合的経済効果)

ある複合企業が SAP の e コマースや顧客データ管理ソリューションを使用して、3 年間で 269% の ROI を達成しました。詳細をご確認ください。

FAQ(よくある質問)

2018 年の SAP による Gigya の買収が、SAP の顧客データソリューションの始まりです。SAP は、顧客 ID およびアクセス管理 (CIAM)、同意およびプリファレンスデータ管理、B2B パートナーライフサイクル管理、顧客データプラットフォーム (CDPs) に重点を置いた、ビジネス用途向けのソリューションを提供しています。

従来の ID およびアクセス管理 (IAM) とは異なり、顧客 ID およびアクセス管理 (CIAM) はカスタマーエクスペリエンス (CX) に重点を置いています。SAP CIAM for B2C は、単一のクラウドプラットフォームを採用することで、以下を実現します。

  • 顧客 ID 管理により、登録時およびログイン時の「滞り」を解消
  • デジタル資産およびデバイスを横断した、安全な認証の提供
  • 同意に基づくファーストパーティーのデータに基づいて、堅固な顧客プロファイルを構築
  • プロファイルを管理して、他のエンゲージメントソリューションとほぼリアルタイムで連携させることにより、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供

SAP CIAM for B2C を活用することで、ブランドは匿名のオンライン訪問者をロイヤルティの高い顧客に転換することができます。 
 

SAP CIAM for B2C について、詳細をご確認ください

ブランドは、個人データの活用方法について十分な透明性を確保せず、個人データを自身で管理する機能を顧客に提供しないことによって、顧客の信頼を失う可能性があります。これにより、ブランドの評判が損なわれ、データプライバシーの規制違反のリスクが高まります。SAP の企業向けプリファレンスおよび同意管理 (ECPM) ソフトウェアと顧客データプラットフォーム (CDP) を活用することで、以下のことが可能になります。

  • 顧客が求める透明性と管理機能を提供
  • カスタマーリレーションシップのすべての段階において、顧客データの意義を尊重
  • GDPR や CCPA など、データのプライバシー規制に対応

SAP Enterprise Consent and Preference Management について、詳細をご確認ください

SAP Customer Data Platform について、詳細をご確認ください

SAP は、企業が顧客の獲得率と維持率を向上し、より高い顧客ロイヤルティを得られるように、高い能力を備えたクラウドネイティブのプラットフォームを設計しました。このプラットフォームは、企業全体の大量の顧客データを取り込み、処理します。このプラットフォームが提供するデータガバナンスやデータプライバシーの機能を活用することで、カスタマーリレーションシップのすべての段階において、顧客データの意義を尊重します。リアルタイムのデータ有効化により、オンライン、オフラインを問わず、あらゆるタッチポイントで正確かつ瞬間を捉えたエンゲージメントを実現できます。
 

SAP Customer Data Platform について、詳細をご確認ください

GDPR、CCPA、LGPD などのデータプライバシー規制に対応した顧客データ管理を行うには、以下の 3 点が重要になります。

  • 明確な同意を求めることで顧客データの収集方法や処理方法の透明性を提供し、ビジネスニーズの変化に伴い適切に管理し、検索と監査に対応したリポジトリに同意データを保存すること
  • 顧客自身による個人データの管理を可能にし、該当する規制に記述されたデータ主体のアクセス権に対処すること
  • カスタマーリレーションシップのすべての段階において、顧客データの収集と処理に関する意義を尊重すること

データプライバシーの規制要件への対応について、詳細をご確認ください

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

先頭に戻る