コンテンツにスキップする
お問い合わせ
チャットで相談 チャットで相談(受付時間外です)
チャットでご質問にお答えします。
ウェブで相談
ご意見、ご質問、フィードバックなどをお寄せください。

めまぐるしい変化の中での俊敏性の強化

この統合および拡張プラットフォームによって、ランドスケープを接続し、ニーズに合ったアプリケーション拡張機能を構築する方法をご覧ください。

プロジェクト予算を作成する

SAP Cloud Platform ユースケースのコストを確認しましょう。

マジッククアドラント 2020 リーダー

Gartner 社は、マルチエクスペリエンス開発プラットフォーム(MXDP)に関するマジッククアドラントの 2020 年度リーダーとして SAP を選定しました。

SAP Cloud Platform ライセンスの入手方法

SAP は、SAP Cloud Platform の購入に関して 2 つのビジネスモデルを提供しています。貴社のビジネスとプロジェクトの要件に最適のモデルをお選びください。

こちらのビジネスモデルは、SAP Cloud Platform Enterprise Agreement (SAP Cloud Platform EA) とも呼ばれ、実際の使用量に応じてクラウドクレジットを消費できます。最大限の柔軟性を提供するモデルです。

具体的には…

 
  • たった一つの契約で、SAP Cloud Platform EA が提供するすべてのサービスを使用でき、その設定は SAP Cloud Platform のグローバルアカウントに適用されます。サービスには、契約の締結日以降に提供される新機能やイノベーションも含まれます。
  • クラウドクレジットの支出方法を選択してサービス利用量をリアルタイムで監視すれば、プロジェクトコストをより正確に把握できます。
  • プロジェクトの要件に基づいてサービスを消費します。契約の変更は不要であり、使用した内容に対してのみ課金されます。

次のステップ:

発見

SAP Cloud Platform のサービスカタログを参照して、SAP Cloud Platform の全サービスについての詳細をご確認ください。

評価

プロジェクトコストを見積って SAP のセールスチームと共有すれば、購入の諸手続が簡単になります。または、デモを申し込むか、稼働中のユースケース事例をご覧ください。

購入

SAP のセールスチームに連絡して、パーソナライズされた見積と、導入に向けて必要となるすべての情報を手に入れてください。

こちらのビジネスモデルでは、実際の消費量に関係なく、固定レートで固定サービスを利用できます。

具体的には…

 
  • 契約は、プロジェクトで使用できるサービスを厳密に指定し、事前設定された利用権として SAP Cloud Platform のグローバルアカウントにプロビジョニングされます。
  • 利用権を持つクラウドサービスならば、購入済みサブスクリプションの限度まで使用できます。それを超える場合は、ライセンス量を増やすことができます。
  • SAP 営業担当者に問い合わせるか、SAP Store にアクセスすることで、新しいサービスを追加したり、契約を変更したりすることができます。
  • 必要な機能を正確に把握することによるコストの最適化、より大きな値引き率、契約期間中の予算確保などのメリットがあります。

次のステップ:

発見

サービスカタログを参照して、SAP Cloud Platform の全サービスについての詳細をご確認ください。

評価

SAP Cloud Platform のエキスパートと面談し、パーソナライズしたデモをご覧ください。

購入

SAP のセールスチームに連絡して、パーソナライズされた見積を入手するか、SAP Store にアクセスして選り抜きの SAP Cloud Platform サービスをオンラインでご購入ください。

SAP Cloud Platform の無料評価版を試す

無料評価版に登録して SAP Cloud Platform を使いはじめましょう

 
  • スターターシナリオを検討すれば、SAP Cloud Platform で貴社のユースケースを実現する方法がわかります
  • ベータ機能をいち早く利用して、SAP Cloud Platform コックピットから直接フィードバックを送信できます。
  • その他のチュートリアル、学習教材、Q&A には、SAP コミュニティからアクセスできます。
先頭に戻る