コンテンツにスキップする
夜更けにオフィスの窓から外を見つめる男性

人工知能

AI を組み込んで、ビジネスのあらゆる側面を変革しましょう。

SAP のビジネス AI で潜在能力を引き出す

placeholder
SAP の AI ソリューション

  • 組み込み型のビジネス AI
    SAP アプリケーションに組み込まれている、AI を活用したインサイトやレコメンデーション、自動化により、ビジネスのあらゆる側面をすばやく最適化し、働き方を改善できます。
  • 適応可能なイノベーション
    業務に合わせてカスタマイズもしくは事前にトレーニングされた AI モデルを採用することで、アプリケーションの機能を簡単に拡張できます。
  • 信頼できる AI
    先進的な倫理基準とデータプライバシー基準に基づいた AI を実行して、組織全体に対するガバナンスとライフサイクル管理を行います。

placeholder

AI サービス

AI の力で、インテリジェントなビジネスアプリケーションやビジネスプロセスを実現しましょう。

すべてのビジネスプロセスに革新的なインテリジェンスをもたらす

リードから入金まで、設計から運用まで、調達から支払いまで、採用から退職までを含むコアビジネスプロセスに対してすぐに利用できる AI のメリットをご覧ください。

SAP Cash Application により 99% の自動化率を達成し、ほぼすべての入金を自動的に正しく割り当てられるようになりました。これにより、シェアードサービスセンターでの負荷が大幅に軽減されました。

ファビエンヌ・トランマー (Fabienne Trummer) 氏
支払処理チームリーダー、SBB AG

SAP IBP for Supply Chain で実現されるインテリジェントなデマンドセンシングは幅広い製品の需要予測に役立つので、より高い生産性と成長率を目指すことができます。

アルフレッド・ベニー・クリステンセン (Alfred Benny Christensen) 氏
シニアソリューションアーキテクト、Arla Foods Amba

SAP Conversational AI では、強力なチャットボットを既存のシステムに接続して利用できるので、レジリエンス(回復力)と俊敏性が高まります。これにより、サービスチームはビジネスバリューを高めることに集中でき、新型コロナウイルスによるパンデミックの最中でも作業負荷が軽減されました。

ロベルト・ファン・ウデン (Robert van Uden) 氏
シニアソリューションエンジニア、Coöperative Rabobank U.A.

SAP のサポートにより、SAP SuccessFactors の機能を拡張し、従業員が会社の将来に不可欠なデジタルスキルを身に付けるのに役立つ、革新的なソリューションを構築することができました。

ガブリエル・デ・ディエゴ (Gabriel de Diego) 氏
人事戦略兼変革担当ディレクター、Telefónica S.A.

SAP に関するアナリストの見解

placeholder
SAP、組み込み AI において 30 社中 3 位にランクイン

Omdia 社が、SAP を世界で最も優れた、AI に前向きな SaaS 企業の一つであると評価している理由をご確認ください。SAP は、そのアプリケーションに幅広いエンドツーエンドの AI 機能を組み込むと同時に、カスタムまたは事前トレーニング済みの AI モデルをデプロイできる柔軟性を、顧客に提供しています。

よくある質問 (FAQ)

リードから入金までのプロセスとは、製品やサービスのマーケティングと販売、受注の管理とフルフィルメント、アフターサービスの提供、そして顧客への請求、債権管理、支払回収に関連するすべての活動のことをいいます。また、基礎的な要素として顧客管理とチャネル管理もこのプロセスに含まれます。

このプロセスは、主に顧客のタイプ(B2B であるか B2C であるかなど)、製品やサービスを提供するチャネル(直販、デジタルコマース、実店舗など)、販売する製品やサービスのタイプ(シンプルな有形製品、設定可能な製品、設計済製品、無形製品、一回限りまたは定期的なサービス、複雑なソリューション、またはプロジェクトなど)によって異なります。

設計から運用まで (D2O) のプロセスとは、製品の設計、計画、製造、納入の方法から運用や保守の方法まで、エンドツーエンドでつながり、相互運用可能なサプライチェーンのプロセスにおける製品のライフサイクル全体のことをいいます。

このプロセスにおける計画段階には、サプライチェーン戦略や製造戦略、サービスフルフィルメント戦略の決定、需給計画や在庫計画の立案、販売事業計画の調整、さらにサプライチェーンのパフォーマンス管理が含まれます。計画のプロセスは、オペレーショナル調達の開始に向けて進められます。

このプロセスにおける生産段階には、有形製品と無形製品の両方についての生産計画、生産オペレーション、品質管理、および生産パフォーマンスの管理が含まれます。

このプロセスにおける納入とフルフィルメントの段階は、製品が有形製品であるかサービスであるかによって異なります。有形製品の場合は、あらゆるコンテキストにおける入荷伝票または出荷伝票、受注確約、倉庫や在庫の管理、ドックロジスティクスとヤードロジスティクス、輸送管理、およびロジスティクスのパフォーマンス管理がプロセスに含まれます。サービスの場合は、サービスの計画立案やスケジュール管理、サービスの実施や提供、そしてサービスのパフォーマンス管理が含まれます。

このプロセスにより、データ管理、コラボレーション、品目の識別と追跡、サステナブルな製造オペレーションといった基礎となる活動が実現されます。

調達から支払まで (S2P) のプロセスとは、製品やサービスの調達と購買の管理に関連するすべての活動のことをいいます。このプロセスは購買計画と支出管理に始まり、次にソーシングとサプライヤーの選定、サプライヤー契約の交渉と管理、そしてオペレーショナル調達の準備と実行が行われます。次のステップは、入庫、潜在的な返品やクレームの処理、サプライヤーの請求書の処理や債務管理(サプライヤーへの最終支払など)、そしてサプライヤーデータの管理です。

調達から支払までのプロセスは主に、対象となる製品やサービスの種類によって異なります。たとえば、間接製品や直接製品、サービス、ソリューション(製品とサービスの組み合わせなど)、そしてフィールドサービス製品の調達などが S2P のバリエーションとして挙げられます。

採用から退職まで (R2R) のプロセスとは、社内外の従業員の雇用や、組織内でのライフサイクルの管理に関連するすべての活動のことをいいます。これには、人材要件に関する戦略と計画の立案、新しい人材の発掘とオンボーディング、企業を成長させる人材の育成、適切な報奨と評価制度による人材の確保、さらには人材のライフサイクルを通じて定期的に行われるすべての管理業務などが含まれます。管理業務の対象には、従業員に関連するデータやライフサイクルイベント(昇進、異動、オフボーディング、旅費や経費の管理、給与や経費の支払など)が含まれます。

この R2R のプロセスは、管理対象が社内の従業員であるか社外の従業員であるかによって異なります。出張から立替経費の払い戻しまでのプロセスもすべて R2R に含まれます。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

先頭に戻る