コンテンツにスキップする
電動工具を使って火花が散る様子

サプライチェーン管理 (SCM) の定義とその重要性

製品が顧客に届くまで、その背後で発生するすべてを管理する — これがサプライチェーン管理の基本的な定義です。購買、発注、製造、輸送、在庫管理などが含まれます。そのプロセスは、マーケットの声に耳を傾け、顧客がいつ何をいくつ欲しいのか知ることから始まります。そのジャーニーは、調達、生産、ロジスティクスと、すべてのステップを経て進みます。この非常に複雑な仕事をできるだけ効率的に行うためには、そのチェーン内の各パートナー(または「リンク」)を、1 つの緊密に調整された応答性の高いシステムに統合する必要があります。

 

2020 年、世界は、サプライチェーンが極めて重要なものであるということに気付きました。生活必需品が届かない、製造業者が必要な材料を調達できないという事態に直面し、消費者と企業はともにレジリエントでスケーラブルなサプライチェーンの価値を認識したのです。今やあらゆる企業が、グローバルなサプライチェーンと、それを運用するためのテクノロジーについて検討を重ねています。そして、この先も自社事業を継続させるために自分たちにできることは何かを自問しています。

図:サプライチェーン管理プロセスの 6 ステップ

サプライチェーン管理の基本コンポーネント

サプライチェーン管理はなぜ重要なのか?

周りを見回してみてください。あなたの自宅や仕事場にサプライチェーンなしで存在しているものは一つもないはずです。世界中の何万、何億という仕事がサプライチェーンにつながっています。安価な日用品から手術設備、必須のリソースまで、すべてはサプライチェーンを介して届けられるのです。このように SCM はグローバル経済の根幹であるにもかかわらず、多くの企業は自社のサプライチェーンの運営に 50 年前から使ってきた仕組みをいまだに使っています。

 

SCM の運用を改善すれば、ビジネスを変革することができます。企業は、コストを下げ効率性を向上させると同時に、無駄と余剰を最小化することで競争力を高めることができます。個々の好みに応じてパーソナライズされたロジスティクスを提供することで、顧客ロイヤリティを高めることができます。また、プロセスを自動化することで、それをもっと早く、もっとスマートに、もっと生産性の高いものにすることができます。  

グローバルサプライチェーン管理の過去と現在

過去数十年の間、他国の低賃金と安価な原材料を求めて、グローバルなサプライチェーンが構築されてきました。そして今、世界は大きく変わりました。貿易政策と関税政策は、時に前触れもなく変更され、政治の先行きも不透明です。そして顧客は、原材料がさまざまな経路を経て梱包されるまでを追跡し、配送トラックの燃料も含めて、その製品の原産地とサステナビリティに関する詳細な情報を得たいと考えています。幸いなことに、テクノロジーもまた進化を続けています。モダンなサプライチェーンは、チェーン内のすべてのリンクから生まれるビッグデータを用いて生産と製造を合理化し、同時に、各社独自のサプライチェーンソリューションの発展も後押ししています。

サプライチェーン管理の基本コンポーネント

サプライチェーン計画とは

 

サプライチェーン計画は、製品需要を予測し、その需要を満たすために、サプライチェーン内の全リンクを調整するプロセスです。サプライチェーン計画には、 需要予測と需要計画に加えて、 供給計画資材所要量計画 (MRP)、生産計画、 販売事業計画 (S&OP) が含まれます。最新のサプライチェーン計画では通常、これらすべての計画が 1 つの 統合事業計画 (IBP) に結び付いています。

 

ロジスティクス管理とは

 

ロジスティクス管理は、原材料および製造というサプライチェーンの起点から、最終製品の店舗や顧客への配送へと続き、アフターサービス、返品、リサイクルに至るまでの商品の輸送と在庫に関するプロセスです。管理対象となるビジネス機能には、入出荷の輸送管理、フリート管理、倉庫管理、在庫管理、顧客サービスが含まれます。

 

製造テクノロジーとは

 

SCM 内の製造においては、品質、サステナビリティ、顧客満足度を維持(および改善)しながら、生産とプロセスをできる限り無駄のないものにすることが最優先事項になります。サプライチェーンのシステムを 人工知能 (AI) と モノのインターネット (IoT) 機能で強化すれば、ビッグデータを収集、分析して製造プロセスを合理化および自動化することができます。オンデマンド 3D プリンティングを活用すれば、不足と余剰を抑えることができ、さらにスマートマシンを使えば、マスカスタマイゼーションを経済的な方法で実現できます。 

 

製品ライフサイクル管理 (PLM) とは

 

製品ライフサイクル管理 (PLM) は、構想/エンジニアリング/設計から、製造/アフターサービス/廃棄(またはリサイクル)に至るまでの製品ライフサイクル全般で製品を管理するプロセスです。  PLM ソフトウェアシステムは、これらのプロセスを統合して企業全体のコラボレーションを促進し、各製品におけるライフサイクルを通じた製品情報基盤を提供します。 

 

設備資産管理 (EAM) とは

 

設備資産管理 (EAM) は、工場ロボティクスから配送用フリートまで、サプライチェーン全体にわたる物理的資産を維持管理するプロセスです。IoT センサー、マシンツーマシン (M2M) コネクティビティ、デジタルツインは EAM を変革するテクノジーであり、効率性、稼動時間、安全性を改善し、予防的で予測可能な保守を実現します。ネットワークに接続された資産は、修理時期や故障時期を予測し、ライフサイクル延長のために必要な部品の調達と発注をすぐに行って、自ら保守を実行することさえ可能です。

 

サプライチェーン調達とは

調達は、ビジネス要件を満たす材料、商品、サービスを入手するプロセスで、商品の品質と価値を保証し、適正価格の交渉を行います。調達チームの主要な課題は、発注ボリュームを正確に予測することです。発注の不足も余剰もビジネスに損害を与えるからです。SCM システムに 機械学習予測分析を採り入れることで、調達・購買プロセスから推測に頼った作業を排除することができます。

サプライチェーン管理のメリット

  1. 生産性の向上:設備資産管理システムと予測メンテナンスにより、機械とシステムの運用効率を向上させることができます。ボトルネックを解消しワークフローを改善して生産性を高めます。また、自動化されたプロセスと応答性の高いデータ分析が出荷/納入時間を短縮します。
  2. サプライチェーンコストの削減:予測分析を用いれば、高コストの「勘に頼る判断」を排除し、無駄な備蓄や、リスクを伴う欠品を軽減できます。IoT は既存資産の応答性を改善し、あらゆる状況に対して最も効率的で有用なワークフローを提供します。さらに正確な予測を実現することで、積載率の低い配送トラック、無駄の多い配送ルート、非効率なフリート管理を軽減できます。
  3. サプライチェーンの俊敏性とレジリエンス(回復力)の向上:トレンドやマーケットの変化は突然訪れます。したがって、変化に適応できる体制を作り、あらゆる状況に俊敏に対応できる SCM システムを準備しておくことが重要です。リアルタイムデータとスマートインサイトを活用すれば、サプライチェーン管理者は機械と要員を再配備してワークフローを改善することができます。さらに、顧客からのフィードバックを迅速に収集してすぐに適切な対処を行うことができます。仮想在庫とスマート倉庫プロセスでは、需要と供給を継続的に調整することができます。
  4. 製品品質の向上:顧客からのフィードバックを直接 R&D チームと共有することにより、顧客ニーズを完全に把握した上で製品設計と開発を行なうことができます。R&D チームと製造チームは、機械学習と分析からのインサイトを用いて有意義な設計改善を行い、顧客トレンドと要望に対応することができます。
  5. 顧客サービスの向上:最も優れた SCM には、顧客を中心に据えた高い応答性と適応性が必要です。今やワンクリックだけで勝敗が決する時代です。モダンな SCM であれば、企業は設計/製造からラストマイルロジスティクス/配送/返品までのすべての過程に、顧客からのフィードバックとトレンドを反映させることができます。

サプライチェーン管理の進化

今まで何十年もの間、顧客がサプライチェーンに関わるのはその一番最後の部分だけでした。製品がどこから来て、何から作られ、どのように店舗に届くのかということはあまり意識されませんでした。今日、サプライチェーンの透明性とサステナビリティは消費者の重大な関心事になっています。同様に、購入方法や購入場所など、フルフィルメントジャーニー上のさまざまなオプションを顧客側で選択できるようにすることも求められています。

 

今日のマーケットで成長し、競争に勝つために、モダンな SCM ソフトウェアは、サプライチェーン全体から生み出されるすべてのデータを収集して解釈できる能力を備える必要があります。これらのデータを完全に活用するためには、データをリアルタイムインサイトに変換し、それをスマートかつ俊敏に利用して SCM プロセスとワークフローを自動化する新しいテクノロジーが必要です。私たちは未来を予言することはできません。しかし、経済の変化、予期せぬ出来事、顧客需要の急変は必ずやってきます。そこで、データ駆動/テクノロジー駆動型の SCM システムを活用すれば、サプライチェーン管理を改革し、これからの時代に必要とされる高い応答性を備えた新しいサプライチェーンを構築することができるのです。

知性は変化に適応する能力である。

スティーブン・ホーキング

新しいサプライチェーンテクノロジー

デジタルサプライチェーンの変革を推進するテクノロジーが数多く誕生しています。 AI と機械学習はサプライチェーン管理への利用が進んでいます。モノのインターネット、クラウドとエッジコンピューティング、予測分析、ロボットやドローンなどの自律制御機械、3D プリンティング、拡張現実 (AR)、仮想現実 (VR)、ブロックチェーンなども同様です。これらテクノロジーが相互に活用されることで、第 4 次産業革命(あるいはインダストリー 4.0)が加速されています。サプライチェーン管理の進むべき方向もここにあります。  

サプライチェーン管理のトレンド

新型コロナウイルスのサプライチェーンへのインパクト

 

2019 年の時点で、2020 年の私たちの行く手に混乱と破壊の波が待ち受けていることを知る人はいませんでした。それを知ることは不可能ではありましたが、それでも、もう少し準備しておくことはできたのではないでしょうか。世界中の企業は新型コロナウイルスによって目が覚めたのです。サプライチェーンプロセスが、非常に脆弱で時代遅れのものだということに気付きました。そして今、企業は、AI、機械学習、予測分析を SCM システムに組み込むことで、予期せぬことが起きても迅速に適応し、賢い決定を下して、レジリエンスを高めることができるのです。 

 

Amazon 効果 

 

Amazon はその倉庫とフルフィルメントネットワークの巨大さで、翌日発送/即日発送を可能にしました。今、顧客はすべてのオンライン小売業に対して同じスピードでの配送を要求しています。Amazon 効果は SCM に大きなインパクトを与えました。そのような顧客の期待に応えるために必要なリストラクチャリングは、倉庫ネットワークの拡張からラストマイル配送のアウトソーシングまで、広範囲に及んでいます。

 

グリーンサプライチェーン

 

環境への配慮をサプライチェーン管理に組み込むことで、製品設計から材料調達、製造、ロジスティクス、配送、最終的な製品の処分まで、すべてを変革できます。循環型サプライチェーンは、リサイクルだけでなく、廃棄製品に含まれるプラスティックや電子部品などのリパーパスも目指します。

 

サプライチェーンの透明性

 

2020 年、グローバル経済にはこれまでなかった視線が注がれています。サプライチェーンの実践や方針に倫理的な取り組みを行っている企業が取引先として優先されるようになっています。ブロックチェーンや追跡センサーなどのテクノロジーを利用すれば、サプライチェーンの透明性やサステナビリティを高めることができます。原材料や生産労働力の倫理的な調達から、配送トラックの燃料に至るまで、すべてのリンクの原産地と起源を、顧客はモダンなサプライチェーンから確認することができます。

 

オムニチャネルサプライチェーン

 

オムニチャネルショッピングへのニーズは複雑化しています。企業は、単にオンライン店舗を提供するだけでなく、バーチャル店舗とリアル店舗との間をシームレスに行き来できるようなショッピングエクスペリエンスを提供しなければなりません。支払方法、注文場所、製品の受け取り方、情報の受領方法など、顧客はショッピングとフルフィルメントの選択肢を自ら組み合わせてパーソナライズしたいと考えています。最適な SCM システムでは、あらゆるタッチポイントの顧客サービスとショッピングオプションが統合されます。

 

貿易と政治の変化 

 

過去数年間は、新しい関税や貿易政策に関して全く予測できない状態が続きました。海外のサプライヤーや製造委託業者に全面的に依存していた企業は、その脆弱性に気付き、自国に近いより安全な代替案を探しています。IoT や 3D プリンティングのようなデマンド製造ソリューションの登場で、仮想在庫や自国での製造ソリューションがより現実味のあるオプションになりつつあります。  

placeholder

SAP SCM ソリューションの詳細はこちら

サプライチェーンの効率性、レジリエンス(回復力)、可視性を最大化しましょう。

SAP Insights ニュースレター

placeholder
今すぐ購読

ニュースレターを購読して、重要な情報や知見を手に入れましょう。

参考文献

先頭に戻る