コンテンツにスキップする
都市の夜景

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーションは、ビジネス変革戦略にとって重要な構成要素であり、変革の取り組みを成功させるためのカギとなります。適切なテクノロジーと、人、プロセス、オペレーションを組み合わせることで、組織は、混乱やビジネスチャンスにすばやく適応し、顧客の新たなニーズや進化するニーズに対応して、成長やイノベーションを推進できますが、それは多くの場合、思いもよらない方法で実現します。

 

4 つの産業革命のうち最初の産業革命(第 1 次産業革命)において、世界を変えた破壊的技術は蒸気機関でした。第 2 次産業革命では組み立てラインが、第 3 次産業革命ではコンピューターが破壊的技術でした。現在は第 4 次産業革命期にあり、デジタルが破壊的技術にあたります。人工知能 (AI)機械学習モノのインターネット (IoT) ネットワーク、高度なアナリティクス、ロボットなどのインテリジェントなデジタルテクノロジーには、私たちの働き方や取引方法(企業が顧客や世界とつながる方法)をまったく新しいものに変える力があります。

デジタルトランスフォーメーションの定義

デジタルトランスフォーメーションによって、あらゆるビジネス領域にデジタルテクノロジーとソリューションが組み込まれます。このことは、組織の技術面と同様、カルチャー面にも変化をもたらします。業務の進め方や、顧客にエクスペリエンスやメリットを提供する方法を根本的にシフトする必要があるためです。デジタルソリューションは、労働力の拡大にも寄与し、ビジネスプロセスとビジネスモデルの変革を導くことができます。

デジタルイノベーションによるビジネス変革の促進

 

デジタイゼーション:情報と文書をアナログからデジタルに変換します。

デジタライゼーション:デジタルテクノロジーを既存のビジネスプロセスに組み込みます。

デジタルトランスフォーメーション:カスタマーエクスペリエンス、ビジネスモデル、運用に関する考えを根本的に変えるものであり、価値の提供、収益の創出、効率の向上を実現する新たな方法を見つけることです。

今日のビジネスにおけるデジタルトランスフォーメーションの重要性

2020 年以降、企業が成長し競争に打ち勝つためには、レジリエンス(回復力)、競争力、即応力を高めなければならない、ということが明白になりました。企業は、デジタルランドスケープを構築し、変革する必要があります。デジタル化の対象としては、原材料を扱うサプライチェーンの初期層から始まり、パーソナライズされたサービスや受注処理など急速に変化する顧客ニーズへの対応、ビジネスモデルのモダナイズや大幅変更まで多岐にわたります。

 

経営幹部を対象とした McKinsey 社の最新調査で、コロナ禍において、ビジネスリーダーたちがプロセスやレガシーシステムのデジタル化とモダナイズに対してはっきりと切迫感を抱いていることが明らかになりました。この調査によると、多くの回答者は、自社のビジネスモデルが時代遅れになったことを認識しています。経済的見地から、現在のビジネスモデルが 2023 年まで存続すると考えている回答者は 11% にとどまり、64% は成功するために新しいデジタルビジネスを構築する必要があると回答しています。

 

今日の企業が現在のビジネス状況の中で競争するには、デジタル化必要かどうかはもはや問題ではなく、デジタルトランスフォーメーションの取り組みをどれだけ早く開始できるかが問題になっています。

ビジネスイノベーションおよびデジタルトランスフォーメーションの 3つの側面

今日の企業は、急速に激しさを増す競争と顧客の要求に直面しています。デジタルトランスフォーメーションの主な目的は、ビジネスリーダーたち、そして従業員たちがより効率的に業務を推進し、競争力を強化できるよう支援することです。以下の新しいテクノロジーは、変革を推進する上で中心的な役割を果たしますが、ビジネスプロセス、ビジネスモデル、組織文化、および変革を受け入れる心構えも同様に重要です。

どの変革計画でも、以下の 3つの領域について検討する必要があります。

 

  1. ビジネスプロセスの変革:この変革では、変化するビジネス目標、競争、顧客の要求に対応するため、多くの場合、長年続いてきた中核的なプロセスとワークフローを変更する必要があります。デジタルトランスフォーメーションとビジネス変革(ビジネストランスフォーメーション)という 2 つの言葉はしばしば区別せずに使われますが、デジタルトランスフォーメーションはビジネス変革の一部です。デジタルトランスフォーメーションは、コネクテッドテクノロジーのフレームワークを構築し、プロセスの変革を支える基盤となります。

    ワークフロー管理の改善のおかげで、ビジネスプロセス変革の可能性は、業務内のあらゆる箇所で見つけることができます。例えば、デジタル化されたクラウドベースのサプライチェーン管理システムを導入することにより、ダウンタイムの縮小や生産の合理化、収益率の向上が可能になります。
  2. ビジネスモデルの変革:ビジネスプロセスの変革は、ワークフローやタスクにまつわるビジネス領域が対象になりますが、ビジネスモデルの変革は、特定業種において価値をどのように提供するかに関わる基本構成要素が対象になります。実質、企業はデジタルトランスフォーメーションにより従来のビジネスモデルを変革します。

    自動車業界では、サブスクリプションベースのビジネスモデルと請求処理の一元化および自動化をデジタルテクノロジーを利用して実現しています。急速に変化する顧客の要求と一般カルチャーの変化が重なって、従来の自動車購入モデルは、サブスクリプションベースのモデルに変わりつつあります。
  3. 組織とカルチャーの変革:デジタルトランスフォーメーションを成功させるには、組織のカルチャーや価値との整合が取れている必要があります。企業カルチャーに対する社内の信頼が失われていると、社員の生産性、自発性、健康に影響が及ぶ可能性があります。新しいデジタルテクノロジーの導入を遅らしたり、否定的な見解を示したりすれば、目標を失い、競争力や収益、さらにはブランドの価値まで失いかねません。

    組織変革を実現するために最適な方法は、デジタルトランスフォーメーションが各担当者またはワークフローに及ぼす影響や、一時的にはコストがかかっても長期的にはリスクを負う価値があると経営陣が考える理由について、共同作業の中でオープンな議論をトップダウンで展開することです。

顧客の好みが変化し、とりわけ物理的な製品の所有に対する関心が薄れてきたため、ソフトウェアやデジタルサービス以外でもサブスクリプションベースのサービスへのシフトが加速しています。
Boston Consulting Group 2021

デジタルトランスフォーメーションのメリット

デジタルトランスフォーメーションは企業のあらゆるレベルと機能を統合します。インテリジェントテクノロジーは、組織が今日の競争を生き抜き、成功を収めるために不可欠なツールを提供します。デジタルトランスフォーメーションの実現により得られる可能性のある効果は以下のとおりです。

  • リアルタイムの意思決定につながる深い洞察の創出:多くの企業にとって、業績や ROI の評価は過去を振り返る作業になっています。データの収集と処理、手作業による分析が終わるころには、チャンスを載せた船は出港し、遠くへ行ってしまっています。モダンな ERP システム高度なアナリティクスを活用する企業は、リアルタイムのデータを表示し、強力な分析アルゴリズムをカスタマイズして即座に最善の意思決定を下すことができます。
  • 効率と生産性の向上:IoT ネットワーク内のデバイスとマシンは、データ、マシンログ、およびパフォーマンスレポートを継続的に送信します。このデータは、高度なアナリティクスに活用されて、予防保全とダウンタイムの短縮をサポートし、より生産性が高く、効率のよいワークフローを実現するためのインサイトを提供します。
  • カスタマーエクスペリエンスの改善:顧客は自分たちのやり方でニーズを満たしたいと考えています。パーソナライゼーション、オムニチャネルアクセス、カスタマイズされたサービス計画、データへのリアルタイムアクセスは、リードを増やし、顧客維持率と顧客ロイヤルティを高めつつ、絶えず変化する顧客の期待に応えるのに役立ちます。
  • ビジネスモデルのイノベーション促進:消費者や市場のニーズが変化し続ける中、ビジネスモデルのイノベーションが価値創造の手段としてその重要性を増すであろうことは疑いありません。しかし、基本的なビジネスモデルとカスタマーエクスペリエンスを変革しモダナイズするには、企業はリアルタイムにデータを収集して分析し、さらに、インテリジェントな自動プロセスを開発して、新しいビジネスモデル、決済モデル、サービスモデルを管理できる必要があります。
  • 強固で競争力のある企業成長戦略を支援:企業がコネクテッドテクノロジーによって業務をデジタル化し、サービスを最適化することで、連携と協業を行う新しい方法や、以下を含む将来のビジネス成長戦略を合理化する方法を見つけることができます。
    • 新しい製品とサービスの開発
    • 収益性の向上と収益チャネルの強化
    • 新たなリードと顧客の獲得および維持
  • 混乱に対する俊敏性と抵抗力を伸ばす:コロナ禍によって、現代のビジネスプロセスとビジネスモデルに多くの脆弱性が存在することが明らかになりました。しかしそれは、企業が過去数年間で徐々に直面するようになった、多数の文化的、経済的、政治的な変化や市場の変化の一部にすぎません。モダンな企業は、新しい製品やサービスを迅速に開発するためのツール、また、混乱の発生や市場の変化と機会を予測するための予測アナリティクスツールを準備するため、デジタルトランスフォーメーションに注目するようになりました。そして、このような企業は、プロバイダーを変えることなく、企業規模を簡単に調整できたり、イノベーションを支援するクラウド接続ソリューションのフルスイートを手に入れたいと願っています。

ビジネス変革を実現するテクノロジーの変革

デジタルトランスフォーメーションは、以下のコアテクノロジーや新しいテクノロジーに支えられています。

 

最新の ERP とデータベーステクノロジー


最適なクラウド ERP ソリューションは、インメモリーデータベーステクノロジーを活用して、拡張性と適応性を高めます。こうしたソリューションは基本的にデジタルビジネス変革の裏にある「頭脳」であることから、ここは重要なポイントです。ERP は、会社経営に必要なすべてのコアプロセス(財務、人事、製造、サプライチェーンなど)を使用し、これらのプロセスを単一のシステムに統合します。また、AI テクノロジーを採用したモダンな ERP には、ビッグデータの管理と処理だけでなく、ビッグデータを分析して学習する能力が備わっています。

 

高度なアナリティクス


価値を提供するには、データを活用し、データを理解する必要があります。AI と機械学習のアルゴリズムを使用する高度なアナリティクスからは、詳細で正確な、そして利用可能な洞察とレポートを得られます。企業は必要に応じてデータ分析の設定をカスタマイズすることもできます。これにより、ビジネスリーダーはビジネスチャンスを掴むために、あるいはリスクに対応するために、速やかに断固たる行動を取ることができます。

 

クラウド接続


クラウドインフラは、デジタルトランスフォーメーションと、IoT ネットワークおよびコネクテッドビジネスシステムを構築するために不可欠な構成要素です。あらゆるシステム、設備資産、データへのアクセスが一元管理され、オンデマンドで利用できれば、必要に応じてインフラ規模を調整し、ワークフローの変更や自動化に迅速に対応できます。その結果、ビジネスの優先度や業務モデルを速やかに変更することができます。
Forrester 社によると、2021 年時点で、北米の企業の約 60% がクラウドプラットフォームを利用しています。この割合は 5 年前の 5 倍にも及びます。

 

AI および機械学習ソリューション


ビッグデータは AI機械学習と共に成長しました。ビッグデータを処理し、理解するには、AI と機械学習のパワーが必要です。AI と機械学習を使って正確で有意義な結果を引き出すには、AI と機械学習のどちらにも十分な大きさのデータセットを用意し、堅牢な学習と分析の実現をサポートする必要があります。ビッグデータと AI、アナリティクスを連携させることが、ビジネス変革とデジタルトランスフォーメーションの中核であり、それにより予測に基づく計画と即応性の高い自動化が促進されます。

 

モノのインターネット (IoT)


IoT ネットワーク内のデバイスやマシンはデジタルデータを送受信できます。そして、マシンログや保全レポートを分析してパフォーマンスと効率を最適化できます。AI を活用したビジネスシステムは、この情報を継続的に分析してパターンや傾向、相関関係をつかみます。こうした洞察は予防保全とワークフローの自動化の促進に役立ち、機械学習アプリケーションが IoT データから「学習」することにより、徐々に効率と生産性が向上します。

 

ロボットと RPA(ロボティックプロセスオートメーション)


ロボットと RPA はどちらも、自動プロセスを活用して反復タスクや事前にプログラム化されたタスクを実行します。ロボットデバイスは、特定の物理タスクを実行するために取り付けられた可動式の機械パーツで構成されます。RPA プロセスは同様にプログラム化され、自動化されますが、物理デバイスではなくソフトウェアのプロセスとして存在し、実行するタスクは本質的に管理に関わるものです。

デジタルトランスフォーメーションの事例

サプライチェーン、調達、製造

Gartner 社は 2020 年 7 月のレポートで、サプライチェーンを拡大し、最適化したい場合、「企業はサプライチェーンの運用モデルを変革し、競争優位性を提供する可能性のある革新的なテクノロジーに目を向ける必要がある」と指摘しています。サプライチェーンと製造のデジタルトランスフォーメーションは、原材料から最終消費者までをカバーする一元化された可視性を提供し、レジリエンスを強化します。

ERP システムによって大幅に効率を高め、将来性豊かな事業を展開している、製剤加工とヘルスケアソリューション企業の Kiara Health 社の事例

 


サービス業界と人事

この 10 年で、デジタルテクノロジーは職場に大きな変化をもたらしています。VR、チャットボット、モバイルデバイスによって、オンボーディングプロセスはカスタマイズされ、従業員に対するサービスやサポートも改善されています。情報のプライバシーと精度はブロックチェーンによって保護され、機械学習によってバイアスが排除され、ダイバーシティとインクルージョンへの取り組みをサポートしています。

従業員向けチャットボットにより生産性向上と年中無休の従業員サポートを実現した EY 社の事例

 


医療とライフサイエンス

医療分野のデジタルテクノロジーのワークロードは複雑です。研究と診断プログラムは AI と機械学習に大きく依存しています。手術器具と医療機器は強力なクラウドテクノロジーとデータベーステクノロジーのスピードと精度を必要とします。そして、患者のケアとサポートを提供する医療従事者は、ユーザーがセルフサービス型モバイルテクノロジーで安心、信頼を得られるように、モバイルオプションとモニタリングオプションの改善を続けています。

 

銀行

2020 年 JD Power レポートには次のような記述があります。「(前略)私たちは分岐点に立たされていると言ってもいいでしょう。デジタルを用いた解決策を正しく理解している銀行は、デジタルソリューションの社内定着と満足度の両面で、そうでない銀行を大きく引き離しています」。金融サービス業界のデジタルトランスフォーメーションは、カスタマイズされたサービスとハイパーパーソナライズされたサービス、優れたモバイル機能のほか、財務計画や与信管理など複雑なサービスへの無料のリモートアクセスを可能にします。

 

小売

小売業界でデジタルトランスフォーメーションを実現すると、物流ネットワークの自動化と最適化が可能になり、納品をカスタマイズしてスピードアップさせることができます。また、その他の消費者部門と同じように、パーソナライズされたサービスの需要が伸びていることもデジタルイノベーションの促進要因です。Epsilon 社の最近の調査から、買い物客の 80% が、年中無休のチャットボット、パーソナライズされた製品提案、予測に基づく推奨、流動的なオムニチャネルモビリティなど、パーソナライズされたサービスを提供する小売業者を選択する可能性が高いことが判明しています。

 

自動車

自動車業界は、製造ロボットとデジタルオートメーションを早くから導入していました。しかし、世界で最も競争の激しい業界の一つである自動車業界において、最新のデジタルイノベーションの多くが、カスタマーサービスと顧客維持に関係したものになっています。パーソナライゼーションとドライバーインターフェースアプリケーションによって、人は安全に運転を楽しむことができます。また、企業側も、より正確な製品開発、マーケティング、カスタマーエクスペリエンスの提供に役立つ価値あるデータを得ることができます。

デジタルトランスフォーメーションの最大の課題

McKinsey 社Harvard Business Review などのソートリーダーによる調査では、ビジネス変革とデジタルトランスフォーメーションの取り組みのうち、うまくいっていないものが 70% に上ることが明らかになりました。しかし、詳細を確認すると、必ずしも新しいテクノロジーやビジネスイノベーションに欠陥があるのではありません。問題なのは、十分に練られていない計画やコミュニケーション戦略および変更戦略、また、変更の影響を受けるすべてのチームから賛同を得ていないというリーダーやプロジェクトマネージャーのよくある失敗です。つまり、前述したデジタルトランスフォーメーションの 3 つの主要領域のうち、「カルチャーの変革」は最も議題になりにくいにも関わらず、現実には最も重要であると言えます。

 

Oxford Economics 社は 2020 年に、規模が大きいグローバルな 10 業種に属する 3,000 人の経営幹部を対象に、広範な調査を行いました。そこで明らかになったのは、ビジネス変革が最も真価を発揮するのは、「外部パートナーや顧客を含め、企業のあらゆる構成要素が俊敏であり、相互に接続されている場合だということ、そして経営幹部は、質の高い情報がビジネスエコシステム全体に行き渡り、エコシステムに参加するすべての人の相互作用により組織目標が進展するように努めなければならない」ということです。

placeholder

デジタルトランスフォーメーションのベストプラクティス

相互接続された企業がリーダーシップとレジリエンスを示す

デジタルビジネス変革に向けた準備

景気が悪いときには、企業はあらゆる競争優位性をうまく利用する必要がありますが、今、その競争優位性はデジタル化であると言えます。2018 年には既に、89% 以上の経営幹部がデジタルファーストのビジネスポリシーを採用し、その数値は 2021 年まで高まる一方でした。しかし、前述のように、デジタルトランスフォーメーションのプロジェクトの多くが意思疎通や計画が不十分なために行き詰っています。

 

デジタルトランスフォーメーションを開始する際には、次の 4 つの初期ステップから始めてください。ソフトウェアベンダーと相談し、変革戦略とロードマップを作成し、自社のビジネスニーズに最も合ったソリューションを特定しましょう。

  1. 起点の決定。既存のシステムと設備資産の監査を行います。デジタル化が終わっているマシンはどれなのか。IoT ゲートウェイが必要になるマシンはどれなのか。使用している EPR は最新のもので拡張可能か。あるいは、これまでどおりにディスクを使ったデータベースメモリー上で稼動しているのか。プロジェクトを早期に支援するには、まずは、運用の優先順位が高く、変革の過程がそれほど複雑ではないプロセスをビジネス内で洗い出しましょう。
  2. 優先順位を定義する。最初の 1 区間を走り切れるようになる前にマラソンへの参加を計画してはなりません。デジタルトランスフォーメーションの長所は、すべて一斉に実行する必要がないことです。スマートテクノロジーは、積み木と同様、積み上げていくことで、進化、拡張、統合できるように設計されています。 
  3. ロードマップの作成。スマートテクノロジーの大きなメリットは、迅速な適応と再設定に対応できる計り知れない拡張性とキャパシティにあります。優れた変革ロードマップでは俊敏性と成長を考慮すべきですが、まずは、強力で達成可能な目標をいくつか設定したロードマップから始めましょう。そして、確固たる変更管理と移行戦略を計画に組み込みます。デジタルトランスフォーメーションには、テクノロジーによる変革という面だけでなく、人間を介した変革という面もあります。これらは、初期に実行すべき重要なステップです。各社固有のニーズを理解し、最善の方針を立てられる専門家からのサポートを受けてください。
  4. チームの準備。「物事は変わらない。変わるのは私たちだ。」これはソローの言葉です。スマートテクノロジーを活用すると、反復タスクと煩雑なタスクを減らすことができ、従業員エンゲージメントを改善し、コラボレーションをサポートすることができます。しかし、こうしたメリットは、社員の準備が整っていて初めて実現できるものです。いきなり社員に情報を伝えないようにしましょう。社員の意見やアイデアに耳を傾け、社員が感じている懸念に対処し、社員に変化するための時間を与えましょう。
placeholder

今すぐ変革を始める

最新の ERP をトランスフォーメーションロードマップに組み込みましょう。

その他の記事

FAQ:デジタルトランスフォーメーションに関するよくある質問

デジタルトランスフォーメーションはビジネス変革であり、全社的な変更管理プロジェクトです。デジタルトランスフォーメーションのプロジェクトが失敗したり、行き詰まったりしても、それが技術的な問題であることはめったにありません。すべてと言ってよいほど、それは人為的な問題です。McKinsey 社のレポートやその他の記事によると、不十分な計画、適切に調整されていない目標、不明確な戦略が、多くの変革失敗の原因になっています。

調査会社の Altimiter 社は 5 回目の年次レポート「State of Digital Transformation」で、一般的にデジタルトランスフォーメーションの責任はほぼ CIO と CEO に集約されるとしています。しかし、デジタルトランスフォーメーションは単なる技術的な取り組みではない、という認識とともに、企業は、デジタルテクノロジーの統合によって社員全員に最良のメリットが確実にもたらされるよう、内部のビジネスプロセスのスペシャリストを今まで以上に頼るようになってきています。

もちろん、この答えは事業内容によって異なりますが、ほとんどの企業の場合、インメモリーデータベースを備えた、AI を活用したモダンなクラウド ERP が、デジタルエンタープライズの中心になります。この ERP システム内部が、ビジネス全体のあらゆるデータと情報を分析、管理、処理する頭脳になります。

所属する業界と組織にとって重要な指標(リード獲得、製造の生産性、予測に基づく計画など)をいくつか選択することから始めてみましょう。そうした基準に基づいて進捗状況を確認し、現実的な目標を設定し、決められた時点で再度測定してみましょう。

デジタルトランスフォーメーションは、従来のソフトウェアのアップグレードとは異なり、他と分離された単独の IT プロジェクトではありません。組織内のあらゆる領域と部門に影響を及ぼし、テクノロジーとカルチャー両面の適応力とレジリエンス(回復力)を必要とするものです。このようなプロジェクトを始める前には、ソフトウェアベンダーに連絡を取り、そのプロジェクトが現在の状況に合った最良の道筋を描けているか確認してみることをお勧めします。

SAP Insights ニュースレター

placeholder
今すぐ購読

ニュースレターを購読して、重要なインサイトを手に入れましょう。

参考文献

先頭に戻る