コンテンツにスキップする

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはセキュリティにとって重要です。その理由を探ってみましょう。新しい情報が書き込まれた新しいブロックは、必ず、チェーンの最後に追加されます。追加された情報はそれぞれ、固有のデジタル署名、つまり一連の数字と文字で構成されるハッシュを持っています。これは秘密の数学コードのようなものです。ブロック内で金額や数値の変更が追加されると、この署名も変更されます。


ハッカーは、ブロックチェーンのいたるところですべての情報を間違いなく変更しなければ、ハッキングできません。


この技術によって、仲介者も不要になるので、企業はコストを節約できます。さらにブロックチェーンによって、従来の方法よりも直接的に取引を検証したり安全な取引を結ぶことができます。論理的には、弁護士、銀行、代理店などの仲介者なしで取引を遂行できます。また、チェーン内の誰でもデータを変更できるので、よりインタラクティブに取引を進めたり、別の参加者に取引内容を確認したり検証してもらうこともできます。

ブロックチェーンの仕組みは、共同使用の側面を理解すると最もよくわかります。その仕組みは、分散型元帳と呼ばれる技術に基づいています。元帳を構成するピアツーピアネットワークの参加者は誰でも、自分のコピーのブロック内の同じ情報を参照することができます。


1 台のコンピューターつまり 1 つのノードで記録されるトランザクションは、デジタルネットワーク内の各コンピューターから見ることができます。誰もが同じデータを参照できるのです。さらに、見ている情報を拒否したり、検証したりもできます。この情報はその後、チェーン内のその他の各ブロックに通知されます。


この仕組みが、このテクノロジーのハッキングを非常に困難にしています。1 台のコンピューターではデータをコントロールできず、1 つのブロックでデータを変更すると、チェーン全体でこれに合わせて変更する必要があるのです。各自が自動的に更新されるコピーを持っているため、変更するには、ネットワークのすべての参加者が検証しなければなりません。さらに、プログラミング可能なコードを追加することで(Ethereum Network の共同創業者であるロシア系カナダ人のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が最初に考案)、特定の条件を満たすと契約が締結される「スマートコントラクト」の作成にこのテクノロジーを使用することができます。

ブロックチェーン技術の透明性と不変性により、各組織は数多くのメリットを得られます。

  • 透明性:ブロックチェーン内の情報は、すべての参加者が参照できますが、変更はできません。このため、リスクや不正行為が減り、信用が生み出されます。

  • セキュリティ:分散化と暗号化というブロックチェーンの特徴は、ハッキングが困難であることを意味します。これは、ビジネスやモノのインターネット (IoT) のセキュリティに役立ちます。

  • 仲介者の減少:ブロックチェーンは、何らかの形で介在する第三者仲介への依存が減少する、真のピアツーピアネットワークです。これにより、プロセスの効率が向上します。つまり、データ入力エラーの件数を削減し、取引手数料を節約することができます。

  • トレーサビリティ:ブロックチェーンデータは不変であるため、例えば、複雑なサプライチェーン全体で商品や原産地を追跡するのに最適です。

  • 効率と ROI の向上:分散型元帳は、よりスリムで、効率と収益性の高いプロセスを構築するのに役立つため、より早期に ROI を実現します。

  • よりスピーディなプロセス:複数の関係者が関与するプロセスの実行が加速し、営業時間に制限されない、より迅速な取引が可能になります。

  • 自動化:ブロックチェーンはプログラミング可能です。このため、条件が満たされたときに自動的にアクション、イベント、支払いがトリガーされる仕組みを構築できます。

  • データの機密保護:情報は、コンセンサスプロセスを通じて検証され、ブロックチェーンに追加されますが、データそのものはハッシュコードによる一連の文字と数字に変換されます。ネットワークの参加者が、キーなしで情報を変換することはできません。

ブロックチェーンネットワークには、それぞれ異なる目的に適した 4 つの主要なタイプがあります。

パブリックブロックチェーン

ビットコインやイーサリアムなど、ブロックチェーンネットワーク最初期の最もよく知られた形がパブリックネットワークです。パブリックブロックチェーンは、誰でも読み出すことができ、トランザクションを送信し、コンセンサスプロセスに参加できます。パブリックブロックチェーンは「許可不要型」と考えられています。トランザクションはすべて公開されますが、ユーザーは匿名のままで利用できます。

セミプライベートブロックチェーン

セミプライベートブロックチェーンは、単一の企業が運営し、その企業があらかじめ定めた基準を満たすすべてのユーザーにアクセスを許可します。このタイプの許可型ブロックチェーンは完全な分散型ではありませんが、企業間 (B2B) ユースケースや政府機関での利用に適しています。

プライベートブロックチェーン

プライベートブロックチェーンも単一の組織によって管理されます。ブロックチェーンの読み出し、トランザクションの登録、コンセンサスプロセスへの参加を誰に認めるかは、その組織が決定します。プライベートブロックチェーンは、完全な集中管理型であるため、実働版ではなく、サンドボックス環境として使用する場合に適しています。

コンソーシアム

ブロックチェーンネットワークの 4 つの構築方法のうち、企業に最も受け入れられているモデルはコンソーシアムです。コンソーシアムブロックチェーンのコンセンサスプロセスは、企業のグループなど、あらかじめ選定されたグループによって管理されます。ブロックチェーンを読み出したり、そこにトランザクションを登録する権利は、公開にする場合と、参加者に限定する場合があります。コンソーシアムブロックチェーンは、ビジネスでの利用に最も適した「許可型」ブロックチェーンです。

ブロックチェーンの目的とは

ユースケースと事例をご紹介します。

ブロックチェーン技術は、サプライチェーン全体の透明性と説明責任を向上させます。ほぼすべての業界で、さまざまな企業が、供給元の追跡、信憑性やオリジナルの証明、先行リコール、商品流通の加速化などの用途でブロックチェーン技術を使用しています。

ブロックチェーンが非常にうまく活用されている分野の 1 つは、フードチェーンです。農場から食卓まで、生鮮食品を追跡するために利用されています。許可型ブロックチェーンを通じて、食品メーカーは、食品アグリゲーターやサステナブルな農業を営む農家など、または個人生産者でも、すべての参加希望者をネットワークに招待することができます。収穫時に、生産地、生産者の名前、有機栽培かどうか、フェアトレード企業からの出荷かどうかなどの情報を含む QR コードが農産物に割り当てられます。データは暗号化されてブロックチェーンに入力され、サプライチェーン内を商品が移動すると新しい情報で更新されます。

こうすると、商品のリコールが発生した場合、生産者はブロックチェーンを使用して影響を受けるバッチに的を絞ることができるので、大規模なリコールに伴う廃棄やコストが削減されます。商品が配送されると、小売業者や消費者は、QR コードを使用して商品の主要な情報を確認できます。スムージーに使われている複数の果物も追跡できます。

42 %

ブロックチェーン技術を使用して取引を安全に記録している組織の割合。

SAP デジタル診断テスト

Naturipe 社は、複数の年代層が参加する果物とアボカドの生産者集団です。この企業は、ブロックチェーンを導入し、農産物が収穫されてからサプライチェーン内に存在する間中、デジタル技術で追跡します。

Naturipe 社は、チリから世界中の顧客に向けて新鮮な果物を迅速に配送すると同時に、消費者に対してサステナビリティ体制を証明できるようになります。

Bumble Bee Seafood 社は、インドネシアの地元漁師に捕獲されたキハダマグロの原産地証明にブロックチェーンを活用しています。捕獲地の情報は、暗号化されてブロックチェーンに入力されます。安全検査を受けた魚のデータがブロックチェーンに追加されると、最終的に米国のレストランや小売業者がその情報を確認できるようになります。

Bumble Bee Seafood 社は、アナリティクス技術を合わせて活用し、魚の捕獲地、捕獲者、経由地など、サプライヤーと共有できる主要な情報に関する全データを確認できます。

食品以外では、医療用品の追跡ももう一つの有望な分野です。ブロックチェーンベースの追跡システムはすでに存在しており、医療提供者、薬局、製薬会社が出荷される医薬品が本物であることを証明できるようになっています。グローバル製薬企業の Boehringer Ingelheim 社は、このようなシステムを活用して、医薬製品の真正性を証明し、偽造薬品の問題に取り組んでいます。

官公庁・公共機関は、ブロックチェーンを建物、家屋、車両、特許などの行政や市民が所有する資産の公簿として使用する可能性を探っています。また、投票の容易化、不正行為の低減、購買などのバックオフィス職務の改善なども可能になります。この技術は、官公庁・公共機関のユースケースに最適です。詳細な精査と検証を必要とする厳しい法規制があるからです。ブロックチェーンを導入すれば、検証プロセスは不要になります。


イタリアの南チロル自治州では、政府が、Hyperledger Project および Blockchain Research Institute とのパートナーシップを通じて、ブロックチェーンにより窓口のお役所仕事を改善しています。このプロジェクトにより、住民データの作成やその真正性の証明、また、長期にわたる管理が可能になります。住民は、政府の手続きのたびに書類に記入する必要がなくなります。州の職員は、4 つの手順を 1 つにまとめてプロセスをシンプル化できます。この技術によって、欧州のデータ共有規則にも準拠できるようになります。住民の手続きがシンプルになった上、一度記録されれば処理が滞りなく行われるため、不正行為を防いで高い信頼性、透明性、保護を実現することができます。


チロル自治州政府は、ユネスコ保護区のドロミテに新しい通信塔の建設を求めている通信会社の申請を詳しく精査する機能を拡張する計画も立てています。さらに、ブロックチェーンを利用して、通信会社の設備が環境に影響を与えないことを証明するために、適切な専門家と環境関連の業者を雇ったことを示すワークフローを追跡できるようにする予定です。

 

ブロックチェーンは、チロル自治州政府が官僚主義と闘い、環境保護を確実に推進できるよう支援します。

ブロックチェーンソフトウェアソリューションは、電力・公益事業の幅広い用途で検証中です。例えば、隣人間でのピアツーピアの太陽エネルギー売買、公益事業コングロマリット間のエネルギー取引、自律型の電気自動車充電ステーションにおける請求処理の自動化、その他多くの用途で検証が進められています。オーストラリアでは、多数の公益事業会社がブロックチェーンに対応したテクノロジーを利用しています。グローバルなエネルギーテック企業の GreenSync 社は、オーストラリア政府と提携し、分散型エネルギー取引市場 (deX) を開設しました。この市場は、太陽光発電/蓄電システムを持つ家庭と企業への支払いを促進するためのオンライン市場として機能します。これにより、蓄積された電気を他の企業が利用できるようになり、送電グリッドの強化につながります。AGL 社でも、P2P 太陽光エネルギー交換プログラムを構築しました。また、LO3 Energy 社は、組織、学校、個人の家庭が再生可能エネルギーを含むエネルギーの購入先を選択でき、地域内でのエネルギーの販売や共有も可能にするマイクログリッドプラットフォームを構築しました。

志望者の適性や経験を検証するプロセスは時間がかかる場合があります。特に今の世の中、志望者が複数の企業で働いていたり、単発の仕事を引き受けていたり、転職を繰り返していたりするとなおさらです。教育レベル、資格証明書、職歴、その他の適性を記録する単一のブロックチェーンがあれば、人事の実務者は、キャリアの各種証明書をより効率的に検証することができます。


非営利組織の Velocity Network Foundation 社は、この目標を掲げてブロックチェーンに基づくソリューションを構築しています。ベンダーに依存しないオープンソースプラットフォームがあれば、確実にデータを保護し、GDPR などの規則を遵守しながら、データの共有方法や使用方法を個人で管理できます。また、採用のリスクを減らしながら、従来の方法で行うよりも迅速に作業を進め、正確でコンプライアンスの確保された、検証済みの情報源を組織に提供します。雇用者、研究機関、認証機関などの証明書発行機関が、達成された内容をブロックチェーンに直接アップロードすれば、履歴書の誇張や誤解によるスキルの追加を防止できます。Velocity Network Foundation 社は、共通フレームワークを構築し、グローバルに展開し、客観性を保証するアプリケーションやサービスの研究開発をサポートする予定です。

ブロックチェーン技術を利用して、会計プロセスやバンキングサービスを合理化できます。例えば、債務管理部門では、銀行を通さずに取引先に直接支払うことができます。支払者の ID はチェーンに記録され、ネットワーク内の別のコンピューターによって検証される前に秘密鍵で暗号化されます。ブロックチェーンは受取人により更新されるため、債務管理部門は、いつ支払いが受領されたかを示す記録を更新する必要がなくなります。この仕組みは特許権使用料の支払いにも利用されており、迅速な自動プロセスによって実現されています。

00:20

ブロックチェーンを利用した国際送金にかかる合計時間

SAP のプルーフオブコンセプト (PoC)

SAP ブロックチェーンソリューションのご紹介

ビジネスプロセスを変革し、イノベーションを推進するため、ブロックチェーンソリューションのパワーを活用しましょう。

ブロックチェーン用語集

分散型元帳技術とは

分散型元帳は取引のデータベースで、複数のコンピューターや複数の場所の間で共有され、同期化されます。集中管理は行われません。各関係者がレコードの同一コピーを所有し、レコードに追加が行われると同時にそのコピーが自動的に更新されます。ブロックチェーンは一種の分散型元帳です。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクト(ブロックチェーン技術に基づいた自動契約締結)では、条件に適合するとアクションまたは支払いが自動的に開始されます。近い将来、スマートコントラクトで、資産の GPS データなどのリアルタイムな情報を使用して、所有権移譲や資金移転などのイベントをトリガーできるようになると期待されています。

Blockchain as a Service (BaaS) とは

Blockchain as a Service (BaaS) は、独自のブロックチェーンソリューションを構築するのは複雑で負担になる場合に役立つ、ソフトウェアベンダーが提供するクラウドベースのサービスです。このサービスは基本的には、ブロックチェーンの迅速な導入を支援する、一種の SaaS (Software as a Service) です。

ブロックチェーンを導入する

分散型台帳技術はまだ比較的新しいものですが、複数の関係者によるプロセスの合理化や真正性の証明、コストの削減など、多くの用途で役立っています。そしてブロックチェーンには、今後のさらなる活用が期待されています。


ブロックチェーンのテストの準備はできていますか?ブロックチェーンを利用して課題を解決しませんか?導入には以下のようないくつかの道筋があります。

  • ブロックチェーンコンソーシアムに参加する
  • 社内のネットワークやソリューションを構築するための人材を採用する
  • Blockchain-as-a-Service (BaaS) を利用する
  • 既存のブロックチェーンソリューションを活用する
先頭に戻る