コンテンツにスキップする
写真:日中に点いている電球

電力・公益事業

サステナブルな未来を支える公益事業管理システムを活用して、エネルギー移行時代に対応しましょう。

エネルギー管理:急激に変化する世界の鼓動

脱炭素化から分散化まで、エネルギー企業はかつてないほど多くの新しい課題に直面していますが、それは新たなチャンスでもあります。

画像:規制緩和、脱炭素化、分散化、デジタル化など、公益事業の最優先トピック
エネルギー業界の規制緩和

かつて安定していたエネルギー業界は、新たな参入企業によるディスラプションに遭遇しています。公益事業は、従来のシステムをデジタル化しなければ、DER(分散型エネルギー源)や分散化されたネットワークにより「グリッドエッジ」でエネルギーを処理できる、より俊敏な競合他社に取って代わられるリスクを負っています。従来のエネルギープロバイダーは、モダナイズにより、ビジネスモデルを多様化し、新たな収益源を獲得することが必要です。

迫られる脱炭素化

再生可能エネルギーはますます手頃な価格になり、魅力が高まっています。しかし公益事業会社は、サステナブルなエネルギー企業へと移行しようとする中で、気候に左右される発電の不安定性や、需要モデルへの影響など、新しい課題に直面しています。顧客が求めるクリーンエネルギーを効率よく提供するには、正確なリアルタイムデータが必要です。

分散化

分散型エネルギー源 (DER) には、太陽光発電システム、蓄電池、電気自動車充電装置などがあり、これらを所有するのは、使用する電力と発電する電力の双方を電気料金に反映するよう求めるプロシューマーです。このため請求処理は、単なる徴収手段から、取引や顧客との意思疎通の接点へと進化する必要があります。 

デジタル化:レジリエンスの鍵

過去最多ペースで気象災害が発生する中で、グリッドのレジリエンスはその重要性を増しています。しかし、電力会社は老朽化した設備や紙ベースのレガシーシステムを抱え、スマートグリッド、スマートメータリング、ローカルのインバランス調整といった信頼性を高めるイノベーションを活用できていません。このような電力会社にとって必要なのは、インテリジェントな統合型クラウドシステムです。

注目の公益事業・エネルギー管理ソリューション

SAP E-Mobility

1 つのプラットフォームで、充電プロセス、インシデント、エネルギーコスト、電力グリッドの利用状況、経費を明確に把握して、電気モビリティネットワークを効率的に管理できます。

SAP Field Service Management

モバイルツールから AI ベースのレコメンデーションまで、現場のサービスを隅々まで管理して、問題の早期解決や顧客満足度の向上を図り、公益事業の技術者を支援することができます。

SAP Asset Intelligence Network

中央リポジトリーで設備データや IoT データを追跡できるため、設備資産の保全、利用、故障に関する協業が進み、公益事業の設備資産が最高のパフォーマンスを維持できるようになります。 

placeholder

公共事業に関する SAP のカンファレンス

2022 年 9 月 18 ~ 20 日、カリフォルニア州サンディエゴ

SAP に関するトップアナリストの見解

経営幹部からのインサイトで、より環境にやさしい未来を創造する

SAP と Oxford Economics が調査した 215 人の業界幹部からのインサイトを基に、石油・ガス・エネルギー業界におけるサステナビリティの未来を探りましょう。

エネルギートランジションの中で機会を探る

エネルギートランジションは公益事業にとっての難題ですが、絶好の機会でもあります。このディスラプションを活かしてイノベーションを起こす方法をご覧ください。

SAP のエネルギー・公益事業管理ソリューションのご紹介

placeholder

ダウンタイムを最小化しながら、パイプライン、発電所、変電所などの電力設備資産のピークパフォーマンスを維持します。SAP の公益事業向け設備資産管理ソリューションが提供する一元化されたリアルタイムのデータビューにより、スマートグリッドの状況を綿密に監視したり、設備資産の計画やライフサイクルコストを改善したり、製造現場、運用現場を含む、あらゆる場所での予防保全を強化することができます。
  • ポートフォリオとプロジェクト管理 
  • 設備資産の運用と保全 
  • 設備資産パフォーマンス管理  
  • 環境・安全・衛生

全体的な設備効率を 5 ~ 25% 改善

情報提供:BRI 社

 

 

SAP Business Technology Platform を使用すると、当社が必要とする統一感のあるルックアンドフィールと統合アーキテクチャーが得られます。この機能を活用してエンドツーエンドプロセスを構築できるのは、大いなる強みです。

アチム・リュブケ (Achim Löbke) 氏、アーキテクチャーおよび最適化責任者、UniperSE

placeholder

高度なメータリングインフラストラクチャー (AMI) を導入し、電気、ガス、水道のデータをリアルタイムに収集し、分析することができます。SAP の公益事業向けメータリングソリューションは、エネルギー消費の監視、管理、予測のための高度なアナリティクスとダッシュボードを備えています。メーターのライフサイクル全期間にわたってサポートし、機械学習などのテクノロジーを利用して、複雑な処理を自動化するとともに処理全体にわたってユーザーをガイドします。 
  • メーターのライフサイクル管理 
  • 個別検針処理 
  • 時系列データの処理 
  • エネルギー決済と規制コンプライアンス 
  • メータリングアナリティクス
     

セルフサービス型ポータルで顧客取引の 92% を自動化し、コスト削減と顧客満足度の向上を実現

情報提供:FARYS 社

 

SAP Business Technology Platform にはすべてが統合されており、当社のデータは 1 つの場所で管理されています。インテリジェンスを存分に活用し、イノベーションをシンプルに導入できる上、総所有コストを同業者よりも低く抑えることができます。

インゲ・オプリエル (Inge Opreel) 氏、CIO、FARYS 社

placeholder

顧客をあらゆる角度から把握し、いつでも瞬時にオファーをパーソナライズする機能を確立することで、収益性と顧客ロイヤルティを高めます。リアルタイムで関連情報を捉えて対処し、個々のエクスペリエンスを満足のいくカスタマージャーニーへと変換します。
  • パーソナライズされたマーケティング
  • 卓越したカスタマーサービス 
  • オムニチャネルセールスとコマース 
  • カスタマーエクスペリエンス管理

顧客満足度が 15 ~ 40% 向上

情報提供:BRI 社

 

SAP Preferred Success のサービスとサポートは、我々に不可欠なオペレーションコールセンターの安定したシステムを構築するのに役立ちました。このセンターでは、SAP Service Cloud を使用して年中無休の緊急電話対応を行っています。

フィオナ・ウォーバーグ (Fiona Warburg) 氏、CoE マネージャー、Dŵr Cymru Welsh Water 社 

placeholder

サービスの予約から供給停止の管理や緊急対応まで、より効率的なフィールドサービス業務を行うことができます。SAP のフィールドサービス管理ソリューションは、AI によるスケジューリング、計画、作業割当機能を備えており、顧客満足度の向上やコストの削減に役立ちます。リアルタイムのアナリティクスとレポート、モバイルツール、自動請求処理、柔軟な要員管理などを活用できます。
  • フィールドサービスの管理と実行 
  • 拡張要員管理 
  • プロジェクト管理 
  • サービスエクスペリエンス管理

自動化プロセスと単一のデータソースにより、運用情報処理を 30% 加速

情報提供:Siemens Gamesa 社

Siemens Gamesa は将来に備えて、SAP S/4HANA ベースの新しい IT プラットフォームとサービスアーキテクチャーに投資することにより、新しい、または改良されたビジネスモデルとサービスをお客様に提供できるようにしています。
アラン・フィーリー (Alan Feeley) 氏、CIO、Siemens Gamesa Renewable Energy S.A

placeholder

コモディティ請求向けの機能豊富な公共料金請求ソリューションを活用して、新しい収益モデルを導入し、収益を拡大しましょう。請求から入金までのプロセスを合理化して、コンプライアンスに準拠した迅速な収益管理を実現し、財務についてのインサイトを増やして統制を強化します。

  • コモディティ商品の請求
  • 非コモディティ商品の請求
  • 柔軟なサブスクリプション請求
  • 請求書管理
  • エネルギー、水道、サービスの収益管理

カスタマーサービスの運用コストを 40% 削減。

情報提供:BRI 社

 

SAP Commerce Cloud を使用して、見積プロセスのほとんどをデジタル化しています。これにより、販売部門は半分の時間で契約を締結できます。

ギュンゲル・サリタス (Güngör Saritas) 氏、ビジネス/カスタマーサービスおよび請求責任者、MVV Enamic GmbH

SAP の電力・公益事業向けクラウドソリューションの導入

SAP は、公益事業のデジタルトランスフォーメーションに対して、現在のフェーズに関わらず、その開始または強化を支援します。クラウド ERP への移行がまだ完了していない場合は、RISE with SAP for Utilities をご利用ください。SAP またはその他のベンダーのクラウド ERP をすでに導入している場合は、SAP の業種別クラウドソリューションで公益事業向け機能を強化できます。

RISE with SAP

RISE with SAP により、スピード、俊敏性、統合、拡張性を高めることができます。RISE with SAP は、SAP S/4HANA Cloud、業界のネクストプラクティス、ビジネスプロセスインテリジェンス、SAP とそのパートナーによるサービスなどの主要製品で構成される包括的なソリューションです。RISE with SAP には、以下に向けたソリューションも含まれています。

  • 予測的な資産インサイトと保全
  • モバイル設備資産管理
  • 一元化されたエネルギーデータ分析
  • サブスクリプション請求

電力・公益事業向けインダストリークラウドソリューション

SAP とパートナーがオープンプラットフォーム上で構築する SAP のインダストリークラウドソリューションは、エネルギー・公益事業分野に固有のニーズに対応します。この業種に特化したクラウドアプリケーションは、SAP やサードパーティーの既存のシステムと連携できるように設計されており、変革のコスト効率向上や持続可能な成長の推進に役立ちます。

  • クラウドベースの公益事業ソリューション 
  • SAP とパートナーによる構築 
  • 既存システムとの連携 
  • 現在の投資を拡大

注目の電力・公益事業向けクラウドソリューション

SAP Subscription Billing

サブスクリプションベースのビジネスモデルに対応し、公益事業の請求処理を自動化およびシンプル化します。契約、計画、定期支払、利用データなどの管理が容易になります。

SAP Predictive Asset Insights

IoT センサー、機械学習アナリティクス、デジタルツインシミュレーションからの情報に基づく予知保全と計画を活用し、公益事業の設備資産が健全性を維持できるよう管理します。

SAP Asset Manager

オンラインでもオフラインでもアクセスできる、設備資産管理 (EAM) 向けの強力なモバイルアプリを活用して、公益事業の設備資産の寿命を延ばし、信頼性と性能を高めます。

先頭に戻る