Skip to Content

SAP HANA, Express Edition

Previous
 
 
 

今すぐ開始

1. 登録して SAP HANA, express edition をダウンロードする

2. SAP HANA, express edition をオンプレミスまたはクラウドのいずれかでインストールまたは設定する
利用可能なインストールオプションをすべて見る

3. 指示に従い、SAP HANA, express edition の他のチュートリアルを試す

SAP HANA, express edition の公式チュートリアル & リソース

 

SAP HANA, express edition を学習するための公式リソース(チュートリアル、コミュニティ、その他の情報)を提供します。SAP HANA, express edition では、インメモリーデータベースを最大 32GB RAM まで無償でご利用いただけます。

32GB を超えるメモリー容量は SAP Store でご購入いただけます。

Next

初めてお使いですか?

SAP HANA, express edition は資源制約のある環境で動作するように設計されており、開発者が使用できる豊富な機能セットが含まれています。

インメモリー OLTP と カラムストア型データベースサーバー

SAP HANA インメモリーデータベースの活用で、ディスクのボトルネックを排除し、画期的なパフォーマンスを実現しましょう。ACID 準拠のデータベースである SAP HANA は、圧縮データをカラム形状でメモリーに保管し、単一命令複数データ(SIMD)コマンドによって複数のコアに渡ってデータを平行に処理します。

好みの言語とマイクロサービスの導入

このソフトウェアのリリースと同時に提供される SAP HANA XS Advanced は、Apache TomEE Java および JavaScript/Node.js を完全にサポートしています。XS Advanced は Cloud Foundry をベースにしたマイクロサービスアーキテクチャーを使用します。

高度なアナリティクス

SAP HANA アナリティクスサービスは、従来のデータベースアナリティクスを超える、次のような機能を提供します。
  • 予測分析ライブラリ (PAL)
  • テキスト分析
  • 検索
  • グラフ
  • ストリーミングアナリティクス
  • その他

地理空間

SAP HANA 内で地理データを保存、処理、視覚化します。また、距離計算などの操作を実行し、複数のオブジェクトの和集合と共通集合を判別することもできます。さらに、地理データを他の構造化データと統合することができます。

Hibernate

Hibernate ORM(リレーショナル)と Hibernate OGM (NoSQL) により、SAP HANA のインメモリースピードとマルチモーダルアナリティクスを手軽に活用できます。 機能としては、Hibernate ダイアレクトを使用したテキストや空間などの高度なマルチモーダルデータ処理、キー/値とドキュメントストアおよびグラフの抽象化レイヤー、XML マッピングのサポートが含まれます。SAP HANA 上の新しいアプリケーションの構築を始めましょう。Hibernate が O/R マッピングを行うので、より少ないコードで作成できます。

システム要件/特長

SAP HANA, express edition は、バイナリインストーラーまたは事前設定済みの仮想マシンイメージ(ova ファイル)として提供されます。お客様のホストマシンが SAP HANA, express edition がサポートする OS で動作している場合、バイナリインストーラーまたは ova ファイルのいずれかを選択いただけます。それ以外の場合は ova ファイルをご使用ください。

以下は、SAP HANA, express edition 1.0 SPS12 がサポートするオペレーティングシステムの一部です。

  • SuSE Linux Enterprise for SAP Applications、11.4、12.0、12.1
  • Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications 7.2

以下は、SAP HANA, express edition 2.0 がサポートするオペレーティングシステムの一部です。

  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12.1、12.2
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications、IBM Power Systems
    (ppc64le -「リトルエンディアン」)12.1、12.2
  • Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications 7.2 (x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications 7.3
    (x86_64 および Power - HANA 2.0 SPS02 Rev 21 以降が必要)

SAP HANA, express edition は、最大 32GB RAM のインメモリーデータベースまでは無償でお使いいただけます。

この図は、SAP HANA, express edition で利用可能な HANA プラットフォームサービスを示しています。詳細は、機能範囲のドキュメントをご確認ください。

ガイド

ガイドには、1 回限りのセットアップ作業や特定の機能の実装に関する手順などが個別に記載されています(これに対して、チュートリアルではシリーズとして一連の流れがあります)。これらのガイドを SAP HANA, express edition(HXE)での開発にお役立てください。
Previous
ブログ
質疑応答
Next
Previous

今後のイベント予定

SAP Developer Relations Upcoming Events のページにアクセスし、全世界で開催される SAP 開発者にとって興味深い今後のイベントの詳細をご確認ください。これらには、SAP が主催する TechEd、InnoJam と DemoJam、Inside Track などのイベントが含まれています。また、オープンソースカンファレンス (OSCON) や Defrag など興味深い外部イベントに関する情報も含まれています。

ビデオとトレーニング

SAP HANA および SAP HANA, express edition について詳細を学んでいただくには、SAP HANA Academy のビデオをご覧いただくか、openSAP の無料コースへご登録ください。

文書

SAP HANA, express edition は SAP HANA のバージョンの一つです。詳細な技術情報は、SAP HANA ドキュメント集の開発者向け資料と参考資料をご覧ください。SAP HANA のフルバージョンと SAP HANA, express edition の違いを知るには、機能範囲の説明資料が役立ちます。

Next

最新のリリースノート

Back to top