placeholder

業務とシステムの改革目的が明確であったとしても、それを具体的な施策に落とし込み、何をいつまでに行うかが固められないことが間々あります。そのプランをしっかりとまとめ上げる作業が「構想づくり」です。この作業は、改革の目的を、実際の業務プロセスや業務システムの改革につなげるうえで最も重要な部分です。ぜひ、改革の計画がしっかりと立てられない「症状」を抑えるための処方箋として、お役立てください。

本資料をダウンロードするには、右フォームにご登録をお願いします。

登録済みですか?

登録フォームに必要事項をご記入ください。