グローバル経営へのスピード対応にクラウド(SaaS型)ERPが最適な理由

SAP ERP導入企業が目指すべきグループ経営の価値を最大化する2層型の基幹システム連携とは

真のグループ経営プラットフォームを実現する

積極的な海外進出、M&Aによる事業の多角化、デジタル化など、ビジネスはかつてない局面を迎えています。理想はグローバル統合システムによる経営のリアルタイム化でも、実際は拠点単位でシステムが乱立する状況に多くの日本企業が直面しています。そこで有効な解決策となるのが「2層型ERP」です。

本資料をダウンロードするには、右フォームにご登録をお願いします。

登録済みですか?

無料で登録!