コンテンツにスキップする
生涯使用できる SAP Universal ID アカウントの登録は簡単です

SAP Universal ID:生涯 1 つの ID

SAP Universal ID の登録:3 つのステップ、2 分で完了

SAP Universal ID は SAP サイト全体の統一アカウントであり、既存のすべての会社の関連付け(S/P ユーザー ID)をリンクし、必要に応じてそれらを切り替えることができます。

placeholder

SAP Universal ID を使用すると、以下が可能になります。
  • 個人でエクスペリエンスを管理:お客様が個人で SAP ID を所有
  • 管理するアカウントを一元化:1 つの共通アカウントで既存のアカウントすべてをリンク
  • どこでも使用可能:職場が変わっても ID は変わらない

アカウントを設定したら、SAP Universal ID アカウントマネージャーにアクセスできます。これは個人情報、アカウントのセキュリティ設定、および会社との関連付けを表示、更新、および管理するための一元的なエントリポイントです。

SAP Universal ID で SAP.com をより有効に活用しましょう

placeholder

SAP Universal ID アカウントを今すぐ登録して、無料体験版ソフトウェア、アナリストレポートやホワイトペーパー、SAP Community、バーチャルイベントをご利用ください。

 

次に、ご自身の関心に応じて、自分専用の SAP.com ダッシュボードを作成できます。新しいコンテンツが追加されたときに通知を受け取ったり、後で確認するためにコンテンツを保存したり、前回の続きから再開したりすることもできます。

SAP Universal ID のロードマップを見る

SAP Universal ID は 500 を超える SAP サイトに対応しており、これには SAP.com、SAP for Me、SAP Community、SAP ONE Support Launchpad、SAP Support Portal、SAP Learning Hub、SAP Partner Portal などが含まれます。

SAP サイトでの SAP Universal ID の有効化は、以下の 2 つのフェーズで行われます。

フェーズ 1 – 条件付き統合:S/P ユーザー ID または SAP Universal ID を使用してログインできます。

  • ステータス:完了

フェーズ 2 - 拡張統合:拡張統合が完了しているサイトにアクセスするには、必ず SAP Universal ID をログイン認証情報として使用する必要があります。S/P ユーザー ID によるログインは許可されません。

  • ステータス:すべての S/P ユーザーアカウント ID の移行を 2022 年末までに完了することを目指しています。

各サイトで SAP Universal ID の拡張統合への対応が始まっており、ユーザーは既存の S/P ユーザー ID を移行する必要があります。S ユーザーでは SAP Universal ID に基づいて権限が付与されるため、すべての新規 S ユーザーは SAP Universal ID にリンクする必要があります。P ユーザーは、SAP Universal ID にリンクすることで引き続き使用でき、コンテンツが移行されます。

 

拡張統合により、S/P ユーザー ID 間の切り替えは、アカウントセレクターから利用できるシンプルなプロセスになり、ログアウトおよびログインが不要になりました。

 

ビルトインサポートは拡張統合に対応した最初のアプリケーションであり、次は SAP.com サイトが対応予定です。

移行予定日を過ぎると、スタンドアロンユーザーはいなくなり、2023 年初めには、すべてのアカウントが SAP Universal ID アカウントになります。

 

詳細については、以下を参照してください。

よくある質問 (FAQ)

SAP Universal ID を使用すると、SAP サイトへのアクセスが容易になります。SAP Universal ID により、SAP アカウントを生涯にわたって一元化できます。これにより、一度ログインすれば S ユーザーと P ユーザーのいずれかを選択できるようになるため、ユーザーの切り替えとアカウントプロファイルの管理が容易になります。

SAP Universal ID により、現在と将来のすべての S/P ユーザーアカウントを 1 つのパスワードに統合できるため、すべての S/P ユーザー ID を把握しておく必要がなくなります。

SAP Universal ID 登録サイトにアクセスして、手順に従ってください。

SAP Universal ID は 500 を超える SAP サイトに対応しており、これには SAP.com、SAP for Me、SAP Community、SAP ONE Support Launchpad、SAP Support Portal、SAP Learning Hub、SAP Partner Portal などが含まれます。

 

SAP Universal ID でアクセスするサイトの適切な S ユーザーを選択してください。

SAP Universal ID はお客様個人に帰属するため、キャリアを通じて使い続けることができます。S ユーザー ID は会社によって付与される権限として機能します。職務や会社が変わった場合、S ユーザー ID は管理者によって削除されますが、SAP Universal ID はそのまま残ります。

SAP Universal ID は、Firefox、Chrome、Safari、Edge の最新バージョン、および iOS および Android ブラウザーに対応しています。Internet Explorer には対応していません。

最終的には、SAP Universal ID が SAP サイトへのログイン手段として既存の S/P ユーザー ID に取って代わることになります。SAP Universal ID が必須になった後も、SAP Universal ID にリンクされた S/P ユーザー ID は引き続き利用できます。2021 年下半期より、新規登録された S ユーザー ID はすべて自動的に SAP Universal ID にリンクされます。

いいえ。SAP Universal ID は無償アカウントであり、ソフトウェアのインストールは必要ありません。

SAP サポートチームに連絡し、サポートをご依頼ください。

認証コードは、電子メールアドレスの認証に必要であり、お客様から提供された電子メールアドレスをお客様自身が所有していることを確認するために使用されます。認証コードを受け取ったら 15 分以内に使用してください。それ以後は無効になります。

  1. スパムフォルダーまたは迷惑メールフォルダーを確認します
  2. 電子メールアドレスが正しく入力されていることを確認します。正しく入力されていない場合は、登録プロセスを開始し、新しい認証コードをリクエストする必要があります。
  3. 新しい認証コードをリクエストします

SAP Universal ID アカウントマネージャーを使用して、リンクされたアカウント、個人データ、セキュリティ、およびプライバシー設定を管理します。

登録時に、リンクマネージャーに転送され、認証された電子メールアドレスに対応する S/P ユーザーアカウントがリンクマネージャーによって取得されます。

SAP Universal ID をすでにお持ちの場合、SAP Universal ID アカウントマネージャーでいつでも追加の S/P ユーザー ID アカウントをリンクできます

いいえ。1 つの SAP Universal ID にリンクされた S/P ユーザー ID は、別の SAP Universal ID にリンクできません。 

すでに特定の SAP Universal ID にリンクされている S/P ユーザーを、別の SAP Universal ID アカウントにリンクすることはできません。

SAP Universal ID は、S ユーザー ID の共有には対応していません。管理者は各 S ユーザー ID に対応する個人を識別できるように、一意の S ユーザー ID を登録する必要があります。これにより、データの完全性とセキュリティが強化され、法規制の遵守が徹底されます。

アカウントセレクターで[Sort by]フィルターを[Login Date]に設定すると、最近使用したアカウントがリストの一番上に表示されます。

現時点では、ログアウトしてから別のユーザーで再びログインする必要があります。サイトの機能が強化され次第、アクティブセッション内でのユーザー切り替えが可能になります。

お客様の社内管理者に連絡し、削除をご依頼ください。

はい。個人用電子メールアドレスを使用することも、複数の電子メールアドレスを設定することもできます。これらの電子メールアドレスのうち 1 つを主要アドレスとして指定する必要があります。SAP Universal ID で使用されるすべての電子メールアドレスに対し、所有者確認を行う必要があります。

はい。SAP Universal ID アカウントマネージャーから複数の電子メールアドレスを設定し、そのうちの 1 つを主要電子メールアドレスとして割り当てることができます。S/P ユーザー ID へのリンクは有効な電子メールアドレスに基づいて行われるため、SAP Universal ID にリンクされたすべての S/P ユーザー ID の電子メールアドレスも設定する必要があることにご注意ください。

 

 

SAP Universal ID は個人に帰属するため、1 人のみが所有できますそのため、SAP Universal ID は、info@security.com などの共有電子メールアドレスの使用に対応していません。これにより、データの完全性とセキュリティが強化され、法規制の遵守が徹底されます。

 

責任者である会社の管理者が、会社のシステムへのアクセス権を取り消します。その結果、S ユーザー ID と SAP Universal ID のリンクが解除されます。SAP Universal ID は引き続き使用できます。転職した場合は、SAP Universal ID アカウントマネージャーから新しい S ユーザー ID をリンクできます

スーパー管理者は、S ユーザーが SAP Universal ID にリンクされているかどうかを確認できます。

ガイドライン SAP Universal ID パスワードの変更およびリセットを参照してください。

それでも問題が解決しない場合は、サポートチームが詳しく調査できるよう公式のサポートチケットを作成してください。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

先頭に戻る