コンテンツにスキップする
画像:2人の大学生に実験器具の使い方を教える教授

トロント大学:
人事を最新化して職員のエクスペリエンスを強化

SAP とともに歩むトロント大学のジャーニー

トロント大学は、デジタルトランスフォーメーションに着手したとき、人事を最新化する価値を理解していました。同大学は SAP S/4HANA と SAP SuccessFactors ソリューションを導入して、タレントマネジメントスイートを刷新し、職員のエクスペリエンスを向上させました。その結果、職員は、コア HR、研究、および財務機能向け SAP ソリューションを用いて、時間と労力を節約しています。

50

%

月次財務処理時間の短縮率

25

%

一般的なバッチ処理の高速化率

1 分未満

以前は 15 分でタイムアウトしていたカスタムレポート実行にかかる時間

SAP S/4HANA への移行により、当大学には将来に向けた堅牢なデジタル基盤が整いました。私たちは、最適な職員のエクスペリエンスと統合プラットフォームエクスペリエンスによりインテリジェントエンタープライズを構築するというビジョンに基づき、SAP SuccessFactors ソリューションを選びました。

キャシー・エバーツ (Cathy Eberts) 氏
Director – Enterprise Applications and Deputy CIO
トロント大学

課題

将来に向けたタレントマネジメントと意思決定の再構築

1827 年設立のトロント大学は、その後、カナダ最大の大学へと発展し、学び、未知のものを発見し、知識を創造していく道を先導してきました。同大学はイノベーションに重点を置き、互いに切磋琢磨する学習コミュニティを中心に構成された多様で広範な学びの場を提供しています。

学生、学者、卒業生の活気あふれるエコシステムを支援するため、同大学のテクノロジーサービス部門は、財務、人事、研究管理にまたがる基幹業務のプロセスとシステムを管理し、約 33,000 人のユーザーに幅広いサービスを提供しています。これには、研究管理、給与計算、財務、調達の意思決定のための職員向けセルフサービスやオンラインアプリケーションが含まれます。


世界的に高い評価を得ている大学として、さらなる地位の向上を目指して「Towards 2030(2030 年に向けて)」計画を立ち上げた後、同大学はテクノロジー基盤をこのビジョンにふさわしいものにする必要がありました。


レガシーソフトウェア環境のサポート終了時期が近づき、トロント大学は広範なレビュープロセスを開始しました。外部コンサルタントが、大学の経営陣や教授たちと連携して、大学側のニーズを聞き出しました。これらのニーズに基づいて、同大学は業務管理システムを SAP ERP アプリケーションから SAP S/4HANA に移行し、さらに SAP SuccessFactors ソリューションを導入する必要があると判断しました。  

SAP SuccessFactors ソリューションの導入は、当大学にとって大きなゲームチェンジャーであり、職員のエクスペリエンスを劇的に改善し、人事部門を戦略的パートナーの地位に引き上げました。

シェリリン・ノブルザ (Cherilyn Nobleza) 氏
Executive Director、HR Transformation and Analytics, Division of HR and Equity
トロント大学

ソリューション

パフォーマンスを改善し、継続的な最新化への道を拓く

コア HR システム、研究システム、財務システムだけでなく、タレントマネジメントスイート全体を変革する 3 ~ 5 年のエンタープライズモダナイゼーションプログラムに着手したトロント大学は、ERP のインテリジェントインフラストラクチャーへの移行に先立ち、これらのシステムを Microsoft Azure に移行しました。

 

同大学は、SAP S/4HANA へのシステム移行において、プロジェクトコーチの支援を受けられる SAP Early Adopter Care プログラムを利用しました。このコーチにより、具体的な移行および統合準備手順が明確になり、プロジェクトリスクを最小限に抑えることができました。

 

「Towards 2030(2030 年に向けて)」計画をサポートするために、同大学は、人事の役割を変革する必要もありました。そのためには、人事リソースを浪費するトランザクションを自動化し、人事部がビジネス目標を達成するために最適な人材の獲得と育成に集中できるようにする必要がありました。

 

年間 116,000 件もの休暇申請や、タイムシートなどその他の日常的な人事プロセスでは、紙ベースの作業を行うために多大な人的労力を必要としていました。このようなタレントマネジメントプロセスをデジタル化するために、同大学は SAP SuccessFactors ポートフォリオを採用しました。これには、SAP SuccessFactors Performance & Goals、SAP SuccessFactors Learning、SAP SuccessFactors Recruiting のソリューションが含まれています。

導入成果

採用から退職までをカバーする優れた職員エクスペリエンスを提供

SAP S/4HANA へ移行したことにより、トロント大学の財務月次処理は今までの半分の時間で完了するようになりました。バッチ処理の実行速度は 25% 向上し、一部のカスタマイズされたレポートが利用可能になるまでの速度は以前より 90% 以上速まりました。最適化とコスト削減のために 10 以上のシステムが廃止されました。同時に、一貫性があり直感的でシンプルな採用から退職までをカバーするユーザーエクスペリエンスを提供することで、同大学では、強力なタレントマネジメントソリューションスイートへのシングルポイントアクセスを実現できました。

 

SAP SuccessFactors Learning を導入することで、分散された複数の学習アプリケーションを 1 つの統合学習管理システムに統合し、職員のトレーニングとコンプライアンスのサポートを強化しています。また同大学は、この最新の学習管理システムを用いて、デジタルワークプレイスでのトレーニングや、将来の人事リーダーに必要なスキル開発という領域でも先頭を走っています。このアプローチは、組織のビジネス戦略とスタッフの個人的学習目標に整合性を持たせ、人事部を戦略的ビジネスパートナーの地位へと高めるものです。

 

SAP SuccessFactors Performance & Goals により、大学におけるパフォーマンス評価がより有意義なエクスペリエンスになりました。この直感的なソリューションを用いて、職員は自身の年間業績をまとめることができます。さらに、パフォーマンス評価の一部として助言を求めるべき同僚とマネージャーを指定します。自動ワークフローがこれらの同僚と通信し、最終評価の一部として彼らのフィードバックを要求し提出を受け付けるプロセスを高速化しました。こうして、手作業は完全に撤廃されました。

 

トロント大学は、選ばれる雇用主として長年評価を得ており、毎年世界中から 15 万人以上の採用希望者を惹きつけています。SAP SuccessFactors Recruiting は、同大学の人事情報システムと直接統合されているため、採用活動をより適切にサポートします。また、このソリューションにより、採用担当者と採用マネージャーに円滑で応答性の高いユーザーインターフェースが、採用希望者にはシンプルな応募プロセスが提供されます。

今後の計画

パンデミック後の大学生活の計画を立てる

トロント大学は、パンデミック後の人員と学内体制を見据えて、さらなる自動化とデジタルコラボレーションを戦略的優先事項の一部として進めています。

 

同大学は、SAP SuccessFactors Employee Central ソリューションの導入と、それを既存の SAP SuccessFactors ソリューションのスイートと統合することを計画しています。これにより、すべての職員データの信頼できる唯一の情報源と、HR 分析・レポーティング用直感的プラットフォームが構築されます。

 

また近い将来には、SAP SuccessFactors Succession & Development ソリューションをロールアウトするプロジェクトも計画されています。この計画は、公平性、多様性、インクルージョンに配慮したターゲットパイプラインを用いて、特定の役割に合わせて調整された個人と人材パイプラインの昇進を加速させるものです。

 

多くの採用プロセスがオンラインで行われる今の世界では、電子署名の導入は不可欠になるでしょう。トロント大学は、SAP Signature Management by DocuSign アプリケーションを取り入れ、SAP SuccessFactors Recruiting で採用希望者が電子署名できるようにしたいと考えています。

 

コアシステムを SAP S/4HANA にアップグレードし、コア HR システムと研究情報システムのスピードとレポート機能を改善したことで、トロント大学は将来に向けた強固な基盤を構築しました。これにより、同大学は最新テクノロジーでイノベーションを続け、さらに精度の高いデータ主導の意思決定を行えるようになったのです。

SAP によるトロント大学の業務改善支援

主なビジネス成果とメリット

  • 基幹業務を最新化する基盤を構築し、手動プロセスと紙ベースのシステムを撤廃
  • クラウド上の統合 HR ソリューションを用いて、職員と管理スタッフの採用から退職までをカバーするユーザーエクスペリエンスをシンプル化
  • 高度な統合デジタル人事ソリューションを用いて、調和のとれた合理化された職員エクスペリエンスを確立
  • 休暇申請プロセスの自動化により約 150 万ドルの節約を達成

導入ソリューションとサービス

  • SAP SuccessFactors ソリューションは、従業員のニーズと目標に基づくピープルセントリックなアプローチにより、従業員エクスペリエンスを強化します。
  • SAP S/4HANA は、基幹業務ソリューションとインテリジェントテクノロジーを統合したインテリジェント ERP により、デジタルトランスフォーメーションの基盤を提供します。

トロント大学について

トロント大学はカナダ最大の大学であり、1827 年の創立以来、学び、未知のものを発見し、知識を創造していく道を先導してきました。同大学は、世界中に 56 万人以上の卒業生を抱え、カナダ国内および世界に大きな影響を与えています。

業種 地域 企業規模
教育・研究機関 北米 職員 22,000 人

その他の導入事例

先頭に戻る