コンテンツにスキップする
画像:屋外建設現場の技術者

Topcon:統合型 ERP による e コマースの調和

SAP とともに歩む Tepcon 社のジャーニー

Topcon Position Systems Inc. は、使用している 7 つのシステムを、SAP S/4HANA Cloud をベースとする 1 つの ERP システムに統合したいと考えていました。Topcon 社は現在、拡張性の高い、標準化されたクラウドベースの 1 つのシステムを使って全社のデータをリアルタイムで確認しています。また、SAP Commerce Cloud も導入し、ユーザーベースが 500% 拡大しました。

25

% +

地域全体の連結月次処理にかかる時間の短縮率

42

%

1 カ国での受注自動化の割合(18% から急増)

500

%

SAP Commerce Cloud 導入以降のユーザーベースの拡大率

デイビッド・デ・ヨング (David de Jong) 氏
シニアプロジェクトマネージャー、Topcon 社

SAP S/4HANA Cloud と SAP Customer Experience の導入で何が変わったのか。変わらなかったものを探す方が難しいほどです。ほぼすべてのプロセスを SAP のベストプラクティスと照合し、リアルタイムの可視性も得ました。この変革は見事です。

課題

顧客により良いサービスを提供するためにグローバルオペレーションの統一ビューが必要

Topcon 社は、世界人口の増加によるインフラギャップを解消する使命を担っています。同社の製品ではモノの位置を正確に特定できるため、建築業者や農業従事者をはじめとする顧客は、正確に自動的に作業することができます。同社は国際的ビジネスの拡大のため、その効果的な方法を必要としていました。

 

Topcon 社の IT ビジネスアプリケーション担当シニアマネージャーであるロバート・シュミッツ (Robert Schmitz) 氏が説明するように、「国際的ビジネスを拡大するうえで最大の障害となっていたのは、業務の進め方の違いでした。当社では、システムとプロセスの両方を標準化する必要がありました。」Topcon 社の子会社が集まるグローバルエコシステムは標準化も統合もされていなかったため、拡張に時間がかかり、費用も高くなっていました。9 カ国で 7 種類の ERP システムを使用していたため、IT サポートと法令遵守が大きな課題となっていました。

 

Topcon 社は、生産、販売、人事にわたるグローバルオペレーションデータの概要をリアルタイムで把握する必要がありました。また、プロセスの簡略化と自動化も必要でした。例えば、請求書の作成と送信を国ごとに手作業で行っていたり、グローバルな在庫レベルのチェックといった作業に非常に時間がかかったりしていました。販売とマーケティングを ERP システムで統合することで、Topcon 社は、事業部をまたぐ注文の可視性を確保したいと考えていました。可視化は、こうしたタスクを自動化し、一貫性のある効率的な方法で顧客にサービスを提供するために必要でした。

デイビッド・デ・ヨング (David de Jong) 氏
シニアプロジェクトマネージャー、Topcon 社

データをリアルタイムで可視化できれば、状況は大きく変わります。以前は国ごとに月末のデータダンプが発生していたのに対して、現在では、在庫レベルや販売をすぐに確認できるようになりました。

ソリューション

情報をまとめて、より明確に把握する

Topcon 社は、7 つすべての ERP システムを、SAP S/4HANA Cloud をベースとする 1 つのシステムに統合しました。コア ERP に接続された拡張性の高い、標準化されたクラウドベースのシステム 1 つにまとめたことで、企業全体のデータに初めてリアルタイムでアクセスできるようになりました。これにより、子会社は本社に依存することなく俊敏性を確保することができるようになり、Topcon 社は新しいビジネスプラクティスを迅速に、低リスクで導入できるようになりました。

 

その後、SAP Sales Cloud ソリューション、SAP Marketing Cloud ソリューション、SAP Commerce Cloud ソリューションを含む、SAP Customer Experience ソリューションの導入を開始しました。主なメリットの一つは、SAP S/4HANA Cloud を使って標準の統合を利用できる点です。これにより、円滑で効率的な導入が可能になり、IT チームの負担が軽減されました。

 

こうした変化により、さらにシンプルで調和したエクスペリエンスが実現しました。デジタルトランスフォーメーションを行うまで、Topcon 社では多数のシステムを一元管理できていませんでした。現在では、全社すべての文書をチェックし、一貫した方法で最新コンテンツを共有することができます。全体的な効果として、地域にかかわらずどの顧客にも同じエクスペリエンスが提供され、ブランドの価値がかなり上がりました。

 

以前は顧客情報を格納しているマーケティングシステムが複数ありましたが、現在は、SAP S/4HANA Cloud で顧客ごとに 1 つの項目(1 つの住所と 1 つの顧客番号)を管理しています。販売からサポートまで、各従業員が同じ高品質のデータにすばやくアクセスできるようになり、高度なアナリティクス、自動化、インサイトの獲得が可能になりました。

導入成果

よりスマートで俊敏な販売・マーケティング組織を構築

Topcon 社はデジタルトランスフォーメーションにより、整合性のとれた正確なデータに基づいて、販売とマーケティングだけでなく、企業全体のリアルタイムな可視化を実現しました。1 つの ERP システムに統合したことで、総所有コストが削減され、生産性が向上し、プロセスの円滑化と合理化が進んでいます。Topcon 社では、SAP Analytics Cloud を採用しているすべての子会社の正確なリアルタイムデータに基づいて、法規制や監査義務をさらに円滑に遵守できるようになり、メリットが生まれています。

 

Topcon 社は、インテリジェント ERP ソリューションの導入を通じて、顧客の即応性を高め、グローバル企業として会社全体でより一貫性のあるブランド力を顧客に発信し、プロセスを自動化して優れたサービスを提供しています。SAP S/4HANA Cloud のおかげで、Topcon 社は地方自治体の電子請求書処理要件を効率的に満たせるようになり、ローカル環境の複雑化をものともせず拡張性を向上させています。9 カ国すべてを対象に月次処理で行う財務上の連結プロセスと照合プロセスが高速化され、効率的になりました。

クリス・カウルズ (Kris Cowles) 氏
情報技術担当シニアバイスプレジデント、Topcon

当社の e コマースサイトは、購買者のエクスペリエンスを向上させるだけでなく、視覚に訴える素材や製品情報を改善し、包括的なアプローチを採用したことで補完的な販売ツールとしても機能しています。購買エクスペリエンスの改善に着手したことで、販売エクスペリエンスにもプラスの効果が出ています。

SAP による Topcon 社の業務改善支援

主なビジネス成果とメリット

  • 企業全体の統合された正確なリアルタイムデータにより、スピーディなレポーティングとと俊敏性の向上が実現
  • 販売見積もりから受注までの販売・マーケティングプロセスの合理化とブランディングの一貫性の向上
  • プロセスの改善と自動化の強化、効率性の向上、手作業の削減
  • 在庫リスクの低減、生産性の低い製品の容易な特定、在庫量の削減
  • 顧客の全容把握により販売チームが十分な情報に基づいてスピーディに意思決定を行うことが可能に

導入ソリューションとサービス

  • SAP S/4HANA Cloud は、インテリジェントテクノロジーが組み込まれた完全なエンタープライズリソースプランニング (ERP) システムとして機能します。
  • SAP Commerce Cloud を導入すると、アジャイルかつ柔軟な最新ソリューションを活用して卓越したデジタルショッピングエクスペリエンスと購入エクスペリエンスを提供することができ、ロイヤルティの高い顧客を増やすことができます。
  • SAP Sales Cloud は、購買プロセスを高速化し、企業の販売実績と管理を改善します。
  • SAP Analytics Cloud は、拡張分析、予測分析、プランニング機能が統合されたクラウド環境を提供し、データの視覚化とビジネスインテリジェンスの改善を行います。
  • SAP Marketing Cloud は、オーディエンスセグメントの特定、チャネル全体にわたる大規模なカスタマーエンゲージメントの展開、測定可能な成果の達成を支援します。

 

Topcon 社について

Topcon Positioning Group は、テクノロジーと顧客メリットの提供で一歩先を行く企業です。カリフォルニア州リバーモアに本社を置く Topcon 社は、世界の建設市場、地理空間分析市場、農業市場に精密測定ソリューションとワークフローソリューションを提供する、業界をリードする設計・製造・流通企業です。

業種 企業規模 パートナー
エンジニアリング、建設、オペレーション 大企業 N/A
先頭に戻る