コンテンツにスキップする
最新の製紙工場で紙生産を見守る技術者

Shanying 社:3 つの事業部門と複数のシステムにわたるデータの統合

SAP とともに歩む Shanying 社のジャーニー

Shanying 社は、長期的な顧客価値の創出に向けて、ビジネス全体にわたって統一されたマスターデータ標準を開発したいと考えていました。そこで、SAP Master Data Governance アプリケーションと SAP Services and Support を利用して新しい標準を確立し、全体的なデータ品質とグループ全体の透明性を改善し、事業部門間のトランザクションコストを削減しました。

57

%

削減データ量

83

%

品目グループ数を 5,319 から 933 に削減

1

複数システムのマスターデータ規格を 1 つに統合

SAP Services and Support のサービスは、SAP Master Data Governance を使用して統一されたマスターデータ規格の確立に役立ちました。おかげで、当社は独自の完全な標準マスターデータを、そのデータを使用する必要があるビジネスアプリケーションシステムに配信できるようになりました。

シュエフイ・グイ(Xuehui Gui)氏
プロセスデジタライゼーション担当 GM
Shanying International Holdings Co. Ltd.

Shanying 社は、長期的な顧客価値の創出に向けて、ビジネス全体にわたって統一されたマスターデータ標準を開発したいと考えていました。そこで、SAP Master Data Governance アプリケーションと SAP Services and Support を利用して新しい標準を確立し、全体的なデータ品質とグループ全体の透明性を改善し、事業部門間のトランザクションコストを削減しました。

57

%

削減データ量

83

%

品目グループ数を 5,319 から 933 に削減

1

複数システムのマスターデータ規格を 1 つに統合

SAP Services and Support のサービスは、SAP Master Data Governance を使用して統一されたマスターデータ規格の確立に役立ちました。おかげで、当社は独自の完全な標準マスターデータを、そのデータを使用する必要があるビジネスアプリケーションシステムに配信できるようになりました。

シュエフイ・グイ(Xuehui Gui)氏
プロセスデジタライゼーション担当 GM
Shanying International Holdings Co. Ltd.

課題

マスターデータの重複を排除して、事業部門間の整合性を確保

持続可能な開発に力を注ぐ Shanying 社は、顧客に長期的な価値を生み出す世界的なグリーンパッケージングのトータルソリューションおよびサービスプロバイダーになるというミッションに取り組んでいます。

 

そのビジョンの実現に向けて、マスターデータ管理プロセスを再構築する必要がありました。企業は通常、ERP システムの導入前または導入後に、マスターデータガバナンスソリューションを導入します。しかし、Shanying 社は 3 つの事業部門で整合性のないデータ管理標準に基づく複数のシステムの運用に悪戦苦闘していました。

 

そこで、異なる ERP システムを使用し、各システムで同じ品目に対して異なるコードを割り当てていた 3 つの事業部門間のデータ不整合を解消することを目指しました。データの重複を回避するためには、マスターデータワークフローに重複チェックを統合する必要がありました。

 

Shanying 社は、グループ全体にわたって統一されたマスターデータ管理を確立するために、エキスパートのインサイトに頼ることにしました。

SAP Master Data Governance により、マスターデータの品質が全面的に改善され、データ資産の基盤が構築されました。

シュエフイ・グイ(Xuehui Gui)氏
プロセスデジタライゼーション担当 GM
Shanying International Holdings Co. Ltd.

ソリューション

複数システムのマスターデータ規格を 1 つに統合

Shanying 社は、事業グループ全体にわたるマスターデータライフサイクル管理に向けて、SAP Master Data Governance アプリケーションの導入を決定しました。プロジェクトのスコープには、3 つの事業部門にまたがる複雑で非標準のソリューション実装が含まれ、ばらばらな ERP アプリケーションが使用されていたため、Shanying 社はエキスパートの支援を求めました。 

 

SAP Advisory Services をはじめとする SAP Services and Support サービスを利用することにより、エキスパートのインサイトを活用して、グループ全体にわたって統一されたマスターデータ管理を確立することができました。

 

さらに、SAP Activate 方法論の使用により、ベストプラクティスの採用とギャップ分析の実行によってアプリケーション導入を加速し、リスクを軽減することで、ビジネスプロセスの統一を促進することができました。

導入成果

より質の高いデータに基づく意思決定の実現

Shanying 社は、SAP Master Data Governance の導入により、ビジネス全体にわたって統一されたマスターデータ標準を確立しました。エキスパートのチームを使用してマスターデータの正確性をチェックし、「1 品目 1 コード」という新しい標準を採用しました。その結果、全体的なデータ品質が向上し、データ量が 57% 削減されたことに加え、品目グループ数も従来の 5,319 件からわずか 933 件に削減されました。

 

マスターデータの重複を排除することにより、事業部門間の整合性を実現、グループ全体の透明性を高めるとともに、事業部門間のトランザクションコストを削減しました。プロジェクトの一環として、レガシーデータのクリーンアップのほか、影響を最小限に抑えるために事業部門ごとに異なるカットオーバー計画の策定も行いました。

 

3 つの事業部門と複数のシステムにわたって統一されたマスターデータ標準により、Shanying 社の経営陣は意思決定に必要な正確で質の高いデータにアクセスできるようになっています。

課題

マスターデータの重複を排除して、事業部門間の整合性を確保

持続可能な開発に力を注ぐ Shanying 社は、顧客に長期的な価値を生み出す世界的なグリーンパッケージングのトータルソリューションおよびサービスプロバイダーになるというミッションに取り組んでいます。

 

そのビジョンの実現に向けて、マスターデータ管理プロセスを再構築する必要がありました。企業は通常、ERP システムの導入前または導入後に、マスターデータガバナンスソリューションを導入します。しかし、Shanying 社は 3 つの事業部門で整合性のないデータ管理標準に基づく複数のシステムの運用に悪戦苦闘していました。

 

そこで、異なる ERP システムを使用し、各システムで同じ品目に対して異なるコードを割り当てていた 3 つの事業部門間のデータ不整合を解消することを目指しました。データの重複を回避するためには、マスターデータワークフローに重複チェックを統合する必要がありました。

 

Shanying 社は、グループ全体にわたって統一されたマスターデータ管理を確立するために、エキスパートのインサイトに頼ることにしました。

SAP Master Data Governance により、マスターデータの品質が全面的に改善され、データ資産の基盤が構築されました。

シュエフイ・グイ(Xuehui Gui)氏
プロセスデジタライゼーション担当 GM
Shanying International Holdings Co. Ltd.

ソリューション

複数システムのマスターデータ規格を 1 つに統合

Shanying 社は、事業グループ全体にわたるマスターデータライフサイクル管理に向けて、SAP Master Data Governance アプリケーションの導入を決定しました。プロジェクトのスコープには、3 つの事業部門にまたがる複雑で非標準のソリューション実装が含まれ、ばらばらな ERP アプリケーションが使用されていたため、Shanying 社はエキスパートの支援を求めました。 

 

SAP Advisory Services をはじめとする SAP Services and Support サービスを利用することにより、エキスパートのインサイトを活用して、グループ全体にわたって統一されたマスターデータ管理を確立することができました。

 

さらに、SAP Activate 方法論の使用により、ベストプラクティスの採用とギャップ分析の実行によってアプリケーション導入を加速し、リスクを軽減することで、ビジネスプロセスの統一を促進することができました。

導入成果

より質の高いデータに基づく意思決定の実現

Shanying 社は、SAP Master Data Governance の導入により、ビジネス全体にわたって統一されたマスターデータ標準を確立しました。エキスパートのチームを使用してマスターデータの正確性をチェックし、「1 品目 1 コード」という新しい標準を採用しました。その結果、全体的なデータ品質が向上し、データ量が 57% 削減されたことに加え、品目グループ数も従来の 5,319 件からわずか 933 件に削減されました。

 

マスターデータの重複を排除することにより、事業部門間の整合性を実現、グループ全体の透明性を高めるとともに、事業部門間のトランザクションコストを削減しました。プロジェクトの一環として、レガシーデータのクリーンアップのほか、影響を最小限に抑えるために事業部門ごとに異なるカットオーバー計画の策定も行いました。

 

3 つの事業部門と複数のシステムにわたって統一されたマスターデータ標準により、Shanying 社の経営陣は意思決定に必要な正確で質の高いデータにアクセスできるようになっています。

SAP による Shanying 社の業務改善支援

主なビジネス成果とメリット

  • ビジネス全体にわたって統一されたマスターデータ標準の開発により、「1 品目 1 コード」という新しい標準に適合し、全体的データ品質を改善
  • マスターデータの正確性と標準への適合性をチェックするエキスパートチームの設置
  • マスターデータの重複排除により、事業部門間の整合性を実現、グループ全体の透明性を向上、および事業部門間のトランザクションコストを削減
  • レガシーデータのクリーンアップ、および影響を最小限に抑えるため、事業部門ごとに異なるカットオーバー計画を策定

導入したソリューションとサービス

  • SAP Master Data Governance:マスターデータ統合と一元的ガバナンスのシナリオを 1 つのアプリケーションでサポートします。
  • SAP Advisory Services:顧客中心の運用、先見性のある戦略、革新的なビジネスモデルを実現するための専門知識、ツール、およびリソースを提供します。
  • SAP Activate:ソリューション固有の構造化されたプラクティスの明確なプロセスを提供することで、差別化された新しいビジネス機能の導入と拡張を可能にします。
  • SAP Services and Support:SAP サポートエキスパートとのコラボレーションによる戦略的な課題や全社的な変革への取り組みを実現します。

主なビジネス成果とメリット

  • ビジネス全体にわたって統一されたマスターデータ標準の開発により、「1 品目 1 コード」という新しい標準に適合し、全体的データ品質を改善
  • マスターデータの正確性と標準への適合性をチェックするエキスパートチームの設置
  • マスターデータの重複排除により、事業部門間の整合性を実現、グループ全体の透明性を向上、および事業部門間のトランザクションコストを削減
  • レガシーデータのクリーンアップ、および影響を最小限に抑えるため、事業部門ごとに異なるカットオーバー計画を策定

導入したソリューションとサービス

  • SAP Master Data Governance:マスターデータ統合と一元的ガバナンスのシナリオを 1 つのアプリケーションでサポートします。
  • SAP Advisory Services:顧客中心の運用、先見性のある戦略、革新的なビジネスモデルを実現するための専門知識、ツール、およびリソースを提供します。
  • SAP Activate:ソリューション固有の構造化されたプラクティスの明確なプロセスを提供することで、差別化された新しいビジネス機能の導入と拡張を可能にします。
  • SAP Services and Support:SAP サポートエキスパートとのコラボレーションによる戦略的な課題や全社的な変革への取り組みを実現します。

Shanying 社について

Shanying International Holdings 社は、産業用インターネットプラットフォーム、グリーンリソースの包括的な使用、工業用紙/特殊紙製造、および梱包製品のカスタマイズを統合する国際企業です。持続可能な開発に力を注いでおり、製品イノベーションを支援し、紙によるプラスチックの代替を積極的に模索しています。

業種 地域 企業規模
金属・製紙・繊維・建材等(素材製品) 上海(中国) 従業員数 1 万 3,189 人

その他の導入事例を見る

先頭に戻る