コンテンツにスキップする
フレアスタックが輝く夕暮れ時の石油精製所

Motor Oil Group:デジタル製油所をサポートする予知保全を開始

SAP とともに歩む Motor Oil Group のジャーニー

Motor Oil Group は、製油所設備の健全性とパフォーマンスを監視して、突発的なダウンタイムと保全コストを削減したいと考えていました。そこで、設備の全体像を把握するために、SAP Business Technology Platform (SAP BTP)による機械学習と予測分析を導入しました。

>77

%

履歴データの根本的原因分析による発生 120 ~ 20 時間前の異常事態の解明の精度

24 時間 365 日

将来のセンサー測定の正確な予測を可能にする将来を見据えた時系列予測

当初の予知保全パイロットは非常に正確です。SAP Business Technology Platform によって製油所設備全体の状態を把握することができ、突発的なダウンタイムと保全コストの削減に役立つものと期待されます。

ディミトリオス・ミハロプロス(Dimitrios Michalopoulos)氏
IT 部門産業アプリケーション責任者
Motor Oil (Hellas) Corinth Refineries S.A. 社 (Motor Oil Group)

課題

機械学習と予測分析により、ダウンタイムを削減

製油所では、作業員の安全を確保し、最高のパフォーマンスで操業するために入念な設備保全が不可欠です。標準的な予防保全プロセスでは、技術者が定期保全レビューを行う際に潜在的な問題を捕捉することしかできません。

 

Motor Oil Group は、単に設備の異常動作を防止するだけでなく、センサーデータを利用して設備の健全性を継続的に監視し、故障の可能性を予測することを目指していました。そうすれば、潜在的な問題が顕在化する前に対処することで、高くつく突発的な主要設備のシャットダウンを回避できることに加え、設備や部品を修理でき、交換せずに済むため、保全コストの削減につながります。最終的には、データに基づく予知保全によって既存のプロセスを強化したいと考えていました。

予測モデルの作成は、反復的なプロセスです。Accenture および SAP の Data Science グループと協働することで、SAP Business Technology Platform を使用して設備データを掘り下げるとともに、必要なインサイトを得るための適切な質問も把握しています。

ディミトリオス・ミハロプロス(Dimitrios Michalopoulos)氏
IT 部門産業アプリケーション責任者
Motor Oil (Hellas) Corinth Refineries S.A. 社 (Motor Oil Group)

ソリューション

コラボレーションにより、SAP BTP に基づく予測保全パイロットを構築

SAP のデータサイエンスグループと製油所の保全部門によるデータバリューワークショップは、機械学習と予測分析によって既存の保全プロセスを強化する機会の特定に役立ちました。直ちに得られそうなビジネスバリューに基づいて、ユースケースを優先順位付けしました。

 

PoC(概念実証)プロジェクトでは、3 台のコンプレッサーの圧力、温度、および振動センサーからの 4 年分のデータを分析しました。また、センサーのアラームおよびトリップしきい値をモデルに与えて、これらのしきい値を超えるタイミングを予測しました。

 

次に、Motor Oil Group は、SAP とギリシャの Accenture Applied Intelligence ユニットと協力して、パイロットアーキテクチャーを構築しました。同社は、SAP HANA Cloud、SAP BTP のアプリケーション開発サービス、および SAP Analytics Cloud を使用して、センサーデータに基づく異常事態の予測モデルを構築し、ユーザーフレンドリーなダッシュボードと電子メール通知によって結果を提供しました。

導入成果

過去および将来の測定に対する理解の精度向上

石油精製に不可欠なコンプレッサーの予知保全パイロットは、目覚ましい成果を挙げました。Motor Oil Group は、根本原因分析による履歴データに基づく異常事態の解明において最大 77%、時系列分析による将来のセンサー測定の予測において最大 70% の精度を達成しました。今後、これらのモデルを調整して有効性を高め、他の設備資産にも拡張する予定です。

 

全体として、設備を包括的に把握できるようになったほか、異常事態の早期通知により保全コストとダウンタイムの削減というメリットを得ています。

 

さらに、独自のデータから学習するシステムにより、予測の精度と有効性が時間とともに向上することが期待できます。

SAP による Motor Oil Group の業務改善支援

主なビジネス成果とメリット

  • 設備の健全性とパフォーマンスのリアルタイム監視と、将来の動作の予測能力
  • 24 時間先までのセンサーの動作の予測を支援するセンサーレベルの時系列予測
  • 設備グループ全体の異常イベントについての強力な予測可能性
  • イベントトリガーと全体的な分解分析についての理解を深める、設備の包括ビュー。
  • 隠れたパターンを明らかにし、さまざまな要素や事象の相互影響についてのインサイトを提供する詳細な設備分析

導入したソリューションとサービス

  • SAP Business Technology Platform (SAP BTP):データ管理、アナリティクス、AI、アプリケーション開発、自動化、統合の機能を 1 つの統一された環境にまとめたプラットフォームです。
  • SAP HANA Cloud は、オンプレミスおよびクラウドでマルチモデルデータの高度なアナリティクスを実現します。
  • SAP Analytics Cloud:ビジネスインテリジェンス、拡張分析、予測分析、プランニング機能を 1 つのクラウド環境に統合し、高度なアナリティクスをサポートします。

Motor Oil Group について

1970 年に設立の Motor Oil (Hellas) Corince Refineries S.A. 社 (Motor Oil Group) は、ギリシャおよび地中海東部地域における原油精製および石油製品の販売における業界リーダーの 1 つです。その石油精製事業は複雑で、広範な付帯プラントや 45 カ国以上への輸出のための燃料流通施設も運営しています。

業種 地域 企業規模 主要パートナー
石油・ガス マルーシ(ギリシャ) 従業員数 2,900 人以上 Accenture 社
主要パートナー

Accenture 社は、IT サービスおよびコンサルティングを専門とする多国籍プロフェッショナルサービス企業です。全世界に約 70 万人の従業員と世界 120 カ国以上に約 7,000 社の顧客を擁し、185 社のパートナーと協業するほか、Fortune Global 100 のうちの 89 社と取引があります。

その他の導入事例を見る

先頭に戻る