コンテンツにスキップする
写真:港湾ターミナルに貨物を輸送するコンテナ貨物船

Adani 社:マスターデータの一元管理によって生産性と可視性を高める

SAP とともに歩む Adani 社のジャーニー

急激な成長下での多様化を見据え、Adani 社は同社事業全体の一元的なデータ管理のための基盤構築に乗り出しました。そして同社は、11 の主要事業と 9 つの ERP システム全体で生産性、データ品質、透明性を向上させることができる機能を SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA が持っていると判断しました。

160

データクリーニングとデータ強化が行われたレコードの数

180,000

1 つのチームによって 1 年間に処理されるマスターデータのサービスチケット

15 ~ 20%

マスターデータの一元管理による生産性の向上

急激な成長下での多様化を見据え、Adani 社は同社事業全体の一元的なデータ管理のための基盤構築に乗り出しました。そして同社は、11 の主要事業と 9 つの ERP システム全体で生産性、データ品質、透明性を向上させることができる機能を SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA が持っていると判断しました。

160

データクリーニングとデータ強化が行われたレコードの数

180,000

1 つのチームによって 1 年間に処理されるマスターデータのサービスチケット

15 ~ 20%

マスターデータの一元管理による生産性の向上

課題

9 つの ERP 全体で定期的なデータ検証とデータ強化をサポート

Adani Group(以降 Adani 社)は、再生可能エネルギーや火力発電、港湾・物流インフラ、空港運営など幅広い事業を展開することで、インドの人々の生活向上に貢献しています。このコングロマリットは、インド最大の港湾運営会社であり、世界最大の再生可能エネルギー企業の一つでもあります。

 

Adani 社は、技術インフラの最新化を目指し、各事業部門に専用の ERP プラットフォームを導入することにしました。しかしそのため、全社的なマスターデータのガバナンスという観点からは、互換性のない環境が生じることになりました。

 

そこで Adani 社は「OneData」プロジェクトを立ち上げ、一元化されたマスターデータガバナンスのフレームワークを確立することによって、この課題を克服しようと考えました。このプロジェクトは、既存のマスターデータオーサリングツールの廃止、アクティブ/パッシブデータガバナンスの統合、単一のマスターデータソースの確立に重点を置いたものです。

ソリューション

マスターデータの調和と強化

Adani Group は、1 つの ERP システムを、SAP HANA 上で実行される SAP ERP アプリケーションの 9 つのインスタンスに分割しました。Adani 社は、この分散化をサポートすると同時に、統一されたマスターデータのメリットを享受しながら規模の経済および一貫性のあるビジネスプロセスを実現するために、「OneData」プロジェクトを立ち上げました。また、既存のマスターデータの品質向上も必要でした。

 

SAP のパートナーである IBM の支援を受けて、Adani 社は SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA を導入し、ハブアンドスポークモデルで 9 つの ERP インスタンスにマスターデータガバナンスシステムを接続しました。また、定期的なデータ検証とデータ強化のために SAP Data Services と SAP Information Steward ソフトウェアも導入しました。これらのソフトウェアによってサポートされるマスターデータには、財務、ベンダー、サービス、顧客、資材のデータオブジェクトが含まれます。

導入成果

グループ共通のマスターデータガバナンスのプラクティスとプロセスを実現

SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA、SAP Data Services、SAP Information Steward を含むデジタルランドスケープを展開することで、Adani 社は高品質なマスターデータに基づく唯一の正確な情報源を確立することができました。その結果、最も適切なタイミングで確信を持って意思決定を行うのに必要な可視性とインサイトを従業員に提供し、定期的なデータ検証、一貫性のあるデータ定義、内部の品質チェックを通じて、高品質なデータがサポート可能となりました。

 

データ所有者が定義され、マスターデータが多数の下流システムに配信される標準化構造によって、Adani のデータガバナンスプロセスもより効率的になっています。さらに、ワークフローに基づく承認と、SAP およびサードパーティーのデータやシステムを拡張できる機能によって、全体的なユーザーエクスペリエンスも向上しています。

今後の計画

プロセスの自動化によってマスターデータの価値を高める

「OneData」プロジェクトをさらに進化させ、マスターデータ管理チームは、Functional Location、部品表/配合表、タスクリストなどのプラント保全マスターデータ用プロセスの自動化に取り組んでいます。

 

これらの取り組みをサポートするため、Adani 社は現在、Utopia 提供の SAP Master Data Governance エンタープライズ資産管理拡張と、SAP Asset Information Workbench by Utopia の評価を行っています。

課題

9 つの ERP 全体で定期的なデータ検証とデータ強化をサポート

Adani Group(以降 Adani 社)は、再生可能エネルギーや火力発電、港湾・物流インフラ、空港運営など幅広い事業を展開することで、インドの人々の生活向上に貢献しています。このコングロマリットは、インド最大の港湾運営会社であり、世界最大の再生可能エネルギー企業の一つでもあります。

 

Adani 社は、技術インフラの最新化を目指し、各事業部門に専用の ERP プラットフォームを導入することにしました。しかしそのため、全社的なマスターデータのガバナンスという観点からは、互換性のない環境が生じることになりました。

 

そこで Adani 社は「OneData」プロジェクトを立ち上げ、一元化されたマスターデータガバナンスのフレームワークを確立することによって、この課題を克服しようと考えました。このプロジェクトは、既存のマスターデータオーサリングツールの廃止、アクティブ/パッシブデータガバナンスの統合、単一のマスターデータソースの確立に重点を置いたものです。

ソリューション

マスターデータの調和と強化

Adani Group は、1 つの ERP システムを、SAP HANA 上で実行される SAP ERP アプリケーションの 9 つのインスタンスに分割しました。Adani 社は、この分散化をサポートすると同時に、統一されたマスターデータのメリットを享受しながら規模の経済および一貫性のあるビジネスプロセスを実現するために、「OneData」プロジェクトを立ち上げました。また、既存のマスターデータの品質向上も必要でした。

 

SAP のパートナーである IBM の支援を受けて、Adani 社は SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA を導入し、ハブアンドスポークモデルで 9 つの ERP インスタンスにマスターデータガバナンスシステムを接続しました。また、定期的なデータ検証とデータ強化のために SAP Data Services と SAP Information Steward ソフトウェアも導入しました。これらのソフトウェアによってサポートされるマスターデータには、財務、ベンダー、サービス、顧客、資材のデータオブジェクトが含まれます。

導入成果

グループ共通のマスターデータガバナンスのプラクティスとプロセスを実現

SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA、SAP Data Services、SAP Information Steward を含むデジタルランドスケープを展開することで、Adani 社は高品質なマスターデータに基づく唯一の正確な情報源を確立することができました。その結果、最も適切なタイミングで確信を持って意思決定を行うのに必要な可視性とインサイトを従業員に提供し、定期的なデータ検証、一貫性のあるデータ定義、内部の品質チェックを通じて、高品質なデータがサポート可能となりました。

 

データ所有者が定義され、マスターデータが多数の下流システムに配信される標準化構造によって、Adani のデータガバナンスプロセスもより効率的になっています。さらに、ワークフローに基づく承認と、SAP およびサードパーティーのデータやシステムを拡張できる機能によって、全体的なユーザーエクスペリエンスも向上しています。

今後の計画

プロセスの自動化によってマスターデータの価値を高める

「OneData」プロジェクトをさらに進化させ、マスターデータ管理チームは、Functional Location、部品表/配合表、タスクリストなどのプラント保全マスターデータ用プロセスの自動化に取り組んでいます。

 

これらの取り組みをサポートするため、Adani 社は現在、Utopia 提供の SAP Master Data Governance エンタープライズ資産管理拡張と、SAP Asset Information Workbench by Utopia の評価を行っています。

SAP による Adani 社の業務改善支援

主なビジネス成果とメリット

  • 定期的なデータ検証とデータ強化
  • アクティブ/パッシブガバナンスの統合アプローチ
  • データ品質処理後のベンダーマスターデータのスコアは、10 点満点中 9.87 点
  • SAP システムとサードパーティーシステムの両方で利用される単一のマスターデータソース

注目のソリューションとサービス

  • SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA は、個々の ERP アプリケーション間のスムーズな接続をサポートするユーザーフレンドリーなアプリケーションです。
  • SAP Data Services は、企業全体のデータ品質の向上を支援します。
  • SAP Information Steward は、データのプロファイリングとモニタリング、および情報ポリシー管理をサポートします。

主なビジネス成果とメリット

  • 定期的なデータ検証とデータ強化
  • アクティブ/パッシブガバナンスの統合アプローチ
  • データ品質処理後のベンダーマスターデータのスコアは、10 点満点中 9.87 点
  • SAP システムとサードパーティーシステムの両方で利用される単一のマスターデータソース

注目のソリューションとサービス

  • SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA は、個々の ERP アプリケーション間のスムーズな接続をサポートするユーザーフレンドリーなアプリケーションです。
  • SAP Data Services は、企業全体のデータ品質の向上を支援します。
  • SAP Information Steward は、データのプロファイリングとモニタリング、および情報ポリシー管理をサポートします。

Adani Group について

Adani Group は、生活を豊かにし、持続可能な価値を創造し、善意に基づく成長を通じてインドに力を与える大手コングロマリット企業です。この多角的な組織は、7 つの上場企業で構成され、インド全域で存在感のある世界クラスの輸送と公共インフラのポートフォリオを確立しました。

業種 地域 企業規模 パートナー
Cross-industry EMEA 従業員数 17,000 人以上 IBM
IBM

IBM は実証済みの ERP の方法論を用いて、コスト削減、俊敏性向上、高い成果を目指すためのロードマップを作成する世界中の組織を支援しています。IBM は、SAP のミッションクリティカルなソリューションとワークロードをクラウドに移行するための包括的なアプローチを提供しています。

その他の導入事例

先頭に戻る