コンテンツにスキップする

SAP とは?

SAP とは?

SAP は、ビジネスプロセス管理の分野で世界有数のソフトウェアメーカーとして、データを効果的に処理し、組織全体に情報がスムーズに行き渡るようにするソリューションを開発しています。

概要

SAP は、1972 年に創設された当初、System Analysis Program Development (Systemanalyse Programmentwicklung) という会社名でしたが、後に SAP という略称で呼ばれるようになりました。創設以来、5 人で始めた小さな挑戦が実を結び、ドイツのワルドルフに本部を構える多国籍企業として、世界全体で 105,000 人を超える従業員を擁するまでに成長しました。

独自のソフトウェアである SAP R/2 および SAP R/3 の発表を契機に、SAP はエンタープライズリソースプランニング (ERP) ソフトウェアのグローバルスタンダードを確立しました。現在、インメモリーコンピューティングを活用する SAP S/4HANA により次世代の ERP が実現し、大量データの処理や人工知能(AI)および機械学習などの高度なテクノロジーへの対応が可能になっています。

SAP の統合アプリケーションでは、ビジネスのあらゆる領域とインテリジェントスイートが、完全にデジタル化されたプラットフォームでつながります。したがって、このプラットフォームは、プロセスに基づく従来のプラットフォームに代わる役割を担うことができます。現在、SAP は 2 億 3000 万を超えるクラウドのお客様にサービスを提供し、さまざまなビジネス機能を網羅する 100 種類以上のソリューションと、お客様が希望されるプロバイダーに対応できる、最大級のクラウドポートフォリオをご用意しております。

41 歳にして当社を指揮し、SAP SE 取締役会を率いるクリスチャン・クライン (Christian Klein) は、ドイツの DAX ブルーチップマーケットインデックスを構成する大企業の中で最も若い CEO です。

SAP の戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAP はエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになった SAP の技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。

SAP のエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界 25 業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。

お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAP は世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。

SAP の基礎知識

SAP とは何の略か?

この会社名は、当社の最初のドイツ語名である、Systemanalyse Programmentwicklung(英語名:System Analysis Program Development)の頭字語(イニシャリズム:アルファベットをそのまま読む)です。現在、当社の法律上の会社名は SAP SE です。SE は、societas Europaea の略で、欧州連合の会社法に従って登録された株式会社です。

SAP はどう読むのか?

SAP の読み方はよく尋ねられます。文字を個別に発音します (エス・エー・ピー)。一語として発音する「sap(サップ)」ではありません。

SAP のソフトウェア

SAP のソフトウェアの使用目的は?

従来のビジネスモデルでは、データ管理が一元化されていないことが多く、各業務部門で個別のデータベースに独自の運用データを保存します。このため、異なる業務部門の従業員が互いの情報にアクセスすることは困難です。さらに、複数の部門でデータが重複しているため、IT ストレージのコストが増大し、データエラーのリスクも抱えています。

SAP のソフトウェアでは、データ管理の一元化によって、複数の業務部門に唯一の正確な情報源を提供します。これにより、企業は複雑なビジネスプロセスをより適切に管理できるようになります。別の部門の従業員が、企業全体の情報にリアルタイムで容易にアクセスできるようになるからです。その結果、企業はワークフローの迅速化、運用の効率化、生産性の向上、より充実したカスタマーエクスペリエンスを実現し、最終的には収益を向上させることができます。

ERP ソフトウェアとは?

ERP は「エンタープライズ・リソース・プランニング」の略語です。ERP ソフトウェアには、調達・購買、生産、在庫管理、営業、マーケティング、財務、人事 (HR) など、基幹業務領域全体をカバーするプログラムが用意されています。

SAP は、ビジネスソリューションの標準ソフトウェアを初めて開発した企業の 1 つであり、業界をリードする ERP ソリューションを提供し続けています。

SAP はスタートアップ企業だったのか?

SAP は、数人の仲間が抱いた大きなアイディアから始まりました。彼らが構想したのは、「デジタルでつながる企業」です。ディートマー・ホップ (Dietmar Hopp)、クラウス・チラ (Klaus Tschira)、ハンス・ヴェルナー・ヘクター (Hans-Werner Hector)、ハッソー・プラットナー(Hasso Plattner)、クラウス・ヴェレンロイター (Claus Wellenreuther) は、1972 年に共同経営の会社を起こし、その 1 年後に最初の商用製品の販売を開始しました。

創業者も従業員も、お客様と密接に協力して開発を進めました。お客様のそばに控えて、ビジネスニーズやビジネスプロセスを学ぶこともよくありました。詳細については、SAP の歴史をご覧ください。

その後、当社は市場の拡大に努め、世界規模の企業買収を重ねた結果、着実に成長し、ドイツの小さなスタートアップ企業から、世界有数のテクノロジー企業、そしてビジネスソフトウェアのグローバルリーダーへと変貌を遂げました。

そしてなお、開拓者精神を失うことなく、斬新なソリューションを生み出して人々の生活をより豊かにするという決意を新たにしています。

SAP ができることとは?

あらゆる規模や業種の企業/組織が収益を改善し、状況の変化に対応して、持続可能な成長を実現できるようお手伝いするのが SAP の務めです。

SAP は、小規模事業、中堅企業、大企業のそれぞれが利用できるソフトウェアソリューションを開発しています。標準アプリケーション、業種別ソリューション、各種プラットフォームやテクノロジーを活用すると、すべてのビジネスプロセスを調整し、設計することができます。このようなソフトウェアにより、原材料の購入から生産や顧客満足度にいたるまで、幅広いデータの収集や処理を 1 つのプラットフォームで行うことが可能になります。SAP のソリューションは、ユーザーの拠点でオンプレミス用にインストールすることも、クラウドで利用することもでき、バリューチェーン全体の分析や効率的な設計に役立ちます。また、機械の修理が必要になる時期や今後半年間の収益の伸びなど、各種予測にもご利用いただけます。

さらに、購入の体験と顧客のフィードバックのように、ビジネスプロセスに関するオペレーショナルデータと感情的因子に関するエクスペリエンスデータをシームレスに結び付けるためのご支援も提供します。これにより、企業の皆さまは、顧客をより深く理解し、顧客に対してより適切な対応がとれるようになります。

以下の情報もご覧ください

無料評価版

人気の SAP ソフトウェアを実際に体験してみましょう。最新バージョンの SAP のアナリティクス、CRM、データ管理、ERP、そして SAP のテクノロジープラットフォームをダウンロードして、お試しいただけます。

SAP ニュースセンター

SAP ニュースセンターで SAP のニュースとプレスリリースをご覧ください。目下のビジネスやテクノロジーのトレンド、顧客事例に関する詳細な特集記事や、SAP TV のビデオをご利用いただけます。

企業情報

SAP に関するデータ、企業プロフィール、ビジネス情報などをご紹介します。

ポートフォリオおよび製品

あらゆる業界のすべてのビジネスプロセスに対応する包括的なソリューションから、あなたの会社のビジネスをより効果的に、より迅速に、よりシンプルに運営するのに適したソリューションをご確認ください。

イベント

業界のエキスパートと交流し、いつでもどこでもスキルを磨くことができます。イベント検索を利用して、今後開催されるオンデマンドウェビナー、バーチャルイベント、カンファレンスなどをご覧ください。

ご不明な点はございませんか?お気軽にご連絡ください。

先頭に戻る