Skip to Content

教育とトレーニング

SAP Education でのキャリアを積み、同僚やお客様にとって必要不可欠なソフトウェアトレーニングの達人となりましょう。トレーニングコース、サービス、ソリューションなどを設計・提供するとともに、SAP 関連のスキル領域と知識を広げる他のプロフェショナルたちを支援しましょう。

あらゆる SAP 知識を身につけましょう

SAP Education チームに入ると、SAP 製品のエキスパートの育成に関わることになります。育成支援を通して、あなたのキャリアも構築していきましょう。社内外におけるトレーニングの需要の特定、トレーニング教材の作成や戦略の策定、クラウドベースの学習の提供、教育ソリューションの販売など、その他多くのことを担当していただきます。

準備完了です、コーチ

テクノロジーの世界で屈指のコーチや講師たちと肩を並べて働き、あなた自身の足跡を残しましょう。SAP Education で追求が可能な 4 つのキャリアパスの詳細をご覧ください。 

最先端のテクノロジーで仕事を探す

求人を探す 求人を探す

調べましょう


SAP における教育とは?

トレーニングやナレッジソリューション、そして SAP Education についての詳細をご覧ください。

SAP Enable Now

このソフトウェアは、お客様による独自の SAP トレーニングおよびチュートリアルコンテンツの作成を支援します。ビデオやアニメーション、対話型の製品シミュレーションといったこれらコンテンツを、あらゆるデバイスで利用できるように配信できます。

SAP Learning Hub

このクラウドベースのソリューションは、オンラインの学習コンテンツ、対話型の SAP Learning Room、およびライブの SAP トレーニングシステムにお客様が 24 時間 365 日アクセスできる環境を提供します。個人、企業、大学での利用を想定しています。 

トレーニングと認定資格

SAP のことは SAP が最もよく知っています。また、効果的な学習を支援するシステムや教育実績についても、SAP を超える存在はありません。SAP Education は、世界のどこで活動するお客様に対しても、SAP に関する最新かつ的確なトレーニングをご提供します。

openSAP

openSAP とは、MOOC (Massive Open Online Course) 用のプラットフォームです。これらのコースは無料で受講でき、SAP 教育者を含む多くの人が SAP 関連のスキルを向上させ、専門の製品知識を得ることができます。

お客様の声をお聞きください

IBM

IBM グローバル・ビジネス・サービスでは、2 万人にのぼるエンドユーザーやコンサルタントに対し、どのようにして最新の SAP トレーニングコンテンツへのアクセスを提供しているのでしょうか?答えは SAP Learning Hub の利用です。今では、トレーニング受講者はこれまでになく迅速に、いつでも、世界中のどこからでも、学習を始められます。 

SAP Africa が SAP を広める

SAP Africa が、SAP Skills for Africa および SAP Learning Hub を活用して、アフリカ諸国の能力ある卒業生たちの高い失業率とどのように闘っているか見てみましょう。このイニシアチブにより、職のない若い卒業生たちが準 SAP コンサルタントとしてキャリアを積めるようにするための全額支給奨学金が提供されています。 

プロフィールを入力する

SAP の #LifeatSAP ソーシャルフィードとチャネルをチェックして、私たちのことをもっと詳しく知ってください。

以下の情報もご覧ください

Previous

大学プログラム

SAP がいかにして起業家精神を維持しているかご存知でしょうか。SAP では、従来とは違う考え方で、よりスマートかつ持続的なビジネスを牽引していける、ミレニアル世代や若いプロフェッショナルを採用しています。SAP でのキャリアをより早く軌道に乗せるためにも、SAP の大学プログラムをぜひご確認ください。

SAP での毎日

SAP は、皆様が自分なりの方法で成功を収められるように、あらゆる支援を惜しみません。自由な発言、協調性、個性、多様性を尊重する環境で、大きな成果を上げてください。SAP の経営、革新、業務、リクリエーション、利益還元の詳細をご覧になれば、皆様にぴったりの会社であることを確信できるはずです。

勤務地

職場は地元がいいですか?それとも地球の裏側?あるいは、その中間くらい?SAP は世界のほとんどの大陸、130 カ国以上に拠点を展開しており、胸躍る新天地へも拡大を続けています。
Next
Back to top