Skip to Content

ピープルストーリー - ニコライ・コラロフ

ニコライ・コラロフ (Nikolay Kolarov)

製品オーナーおよびアクセシビリティエキスパート、SAP Cloud Platform、ソフィア(ブルガリア)

やる気にあふれたプロフェッショナルたちと働くことができる SAP の職場の雰囲気と SAP が掲げるビジョンは、日々の仕事に必要なインスピレーションを与えてくれます。

ニコライ・コラロフ
ソフィア(ブルガリア)

SAP で製品オーナーおよびアクセシビリティエキスパートを務めているニコライ・コラロフを紹介します。ニコライは 2014 年より SAP で働いています。彼は開発者として SAP のキャリアをスタートさせました。その後、上級開発者となり、現在は製品オーナーを務めています。

「私のチームは、ソフィアの Cloud Platform サービス組織に属しています。私たちは SAPUI5 フレームワークに関わっていますが、このフレームワークは、SAP のすべての新規アプリケーションまたは刷新されたアプリケーションに対応する Fiori 設計原則に基づく新しいユーザーエクスペリエンス (UX) の技術的な基盤および実現要素となるものです」ニコライが自分の仕事で最も気に入っている部分は、目の前にあるテクノロジーにチャレンジできる点と、巨大で汎用的な問題を解決しようとする機会を与えられる点です。「私にとって仕事を学ぶことは非常に重要であり、SAP では日々学ぶことができています。SAP Cloud Platform に関わるさまざまなチームとの絶え間ないコラボレーションは、プロフェッショナルとしての知識と経験を高めてくれます」と、ニコライは言います。「私は、タスクやチームが持つ柔軟性、SAP の俊敏性に富んだ環境がとても好きです。やる気にあふれたプロフェッショナルたちと働くことができる SAP の職場の雰囲気と SAP が掲げるビジョンは、日々の仕事に必要なインスピレーションを与えてくれます」

アクセシビリティに関する仕事や SAPUI5 アプリケーションのアクセシビリティレベルの向上は、ニコライのプロとしての視点のみならず、プライベートな生活においても、異なる視点を与え、視野を広げてくれます。彼は言います。「ソフトウェアだけでなく、私たちのこの環境も、誰かを排除するようなものであってはなりません。私は現在の仕事のおかけでこの重要性に気付きました」

SAP Labs Bulgaria がブルガリアの IT 教育をサポートするために主催しているさまざまな活動において、ニコライは最も熱心に活動しているボランティアの一人です。彼は、この方面に対するモチベーションと SAP の社内文化について次のように説明します。「私は、この会社が持つ支援、オープンネス、共有の文化、そして自分らしくあり、自分のアイデアを表現する自由さがとても好きであり、高く評価しています。私たちの仕事が、「より良い世界」作りに貢献し、人々の生活をより豊かなものにすると強く信じています。IT 教育を通じて学生を支援することにより、このビジョンの実現に貢献したいと思います」

「私はとても健康的な生活を送っており、SAP がこの面でも支援してくれていることを嬉しく思います。この会社には健康やスポーツに関する多くの取り組みがあり、柔軟な勤務時間により、仕事とプライベートのバランスが取れるようになっています」と、ニコライは言います。「毎日オフィスに笑顔で出社します。これは私にとって非常に重要なことです。これによって私は幸せを感じ、私個人やチームが仕事で直面する新たなチャレンジへの意欲が湧いてきます」

広い視野と大きな夢を持つ人材を求めています

SAP Cloud Plaftform チームに参加しませんか
今すぐ応募する 今すぐ応募する

プロフィールを入力する

SAP の #LifeatSAP ソーシャルフィードとチャネルをチェックして、私たちのことをもっと詳しく知ってください。

以下の情報もご覧ください

大学プログラム

SAP がいかにして起業家精神を維持しているかご存知でしょうか。SAP では、従来とは違う考え方で、よりスマートかつ持続的なビジネスを牽引していける、ミレニアル世代や若いプロフェッショナルを採用しています。SAP でのキャリアをより早く軌道に乗せるためにも、SAP の大学プログラムをぜひご確認ください。

SAP での毎日

SAP は、皆様が自分なりの方法で成功を収められるように、あらゆる支援を惜しみません。自由な発言、協調性、個性、多様性を尊重する環境で、大きな成果を上げてください。SAP の経営、革新、業務、リクリエーション、利益還元の詳細をご覧になれば、皆様にぴったりの会社であることを確信できるはずです。

勤務地

職場は地元がいいですか?それとも地球の裏側?あるいは、その中間くらい?SAP は世界のほとんどの大陸、130 カ国以上に拠点を展開しており、胸躍る新天地へも拡大を続けています。
Back to top