Skip to Content

ピープルストーリー - ティム・ガーラック

ティム・ガーラック (Tim Gerlach)

ソフトウェア開発者(ドイツ、ハイデルベルク)

 

「世界の流れを変える」

 

「開発者は、世界の流れを変えることができます」ドイツのハイデルベルクの SAP SE でソフトウェア開発者として働いているティム・ガーラックはそう話します。「SAP が生み出すチャンスには感動しますよ」ティムは、SAP のマネージャーやチームの同僚たちは、学生も含む新しいスタッフメンバーをしっかりサポートしてくれると語ります。「たとえ学生であっても、SAP では社員のように扱ってくれます。他のチームのメンバーたちは、アルバイトで入っている学生の意見も聞きたいと考えています」

ティムは、応用化学の大学で学士と修士の課程を受けながら、社員になる前に SAP に入っているので、SAP がいかにチームメンバーの成長をサポートするか知っています。「私は学生のときアルバイトとして採用されました」と、ティムは話します。「研究と実社会の顧客ニーズを組み合わせることができました」

ティムが SAP を知り、SAP への入社に関心を持ったのは、営業員になろうと、あるコンサルタント会社のある部署に雇われていたときでした。その会社が多くの部署をまたいで大規模な SAP のインストールを実施したときにも、ティムはその会社にいました。「ソフトウェアの威力を私は目の前で見たんです」そうティムは話します。「SAP の統合ソフトウェアを使用することで、複数のタスクをはるかに速く、正確に処理できるようになりました。これは本当に感動的でした」

この経験から、ティムは、営業員としての道を、ソフトウェア開発分野に切り替えることにしました。そして、SAP は、ティムの卒論をサポートし、現実社会の問題に対する解決策を提供することにより(「SAP Enterprise との連携による脅威検出の改善」)、ティムの目標達成に大きく関わりました。「兆候が出たらすぐに検出したいタイプの脅威があります。ログが生成されている間にもログを解析できる方法を調べました」とティムは続けます。「私は、攻撃パターンがわからなくても、脅威を検出できる新しい方法について研究しました。攻撃パターンがわからない脅威というのは数多く存在しています」

「私は多くのマネージャーや、チームのプロダクトオーナーから多くのサポートを受けました」とティムは語ります。プロジェクトについて話し合うミューティングが週に 1 回開かれ、ここで、連携をより密に図る機会が設けられました。「SAP は学生たちがやっていることにも、学生たちができることにも敬意を払っています」とティムは語ります。

「SAP は非常に近代的な仕組みの、非常に近代的なソフトウェア会社です。SAP は全社員のことを気にかけてくれます」そう言うティムは、「SAP での毎日の仕事はすべてが新しく、楽しいです。ワクワクした仕事を続けながら、自分自身の成長も感じ、好奇心に満ちた毎日を送っています」と一番大事なことを強調しました。

広い視野と大きな夢を持つ人材を求めています

SAP Cloud Plaftform チームに参加しませんか
今すぐ応募する 今すぐ応募する

プロフィールを入力する

SAP の #LifeatSAP ソーシャルフィードとチャネルをチェックして、私たちのことをもっと詳しく知ってください。

以下の情報もご覧ください

大学プログラム

SAP がいかにして起業家精神を維持しているかご存知でしょうか。SAP では、従来とは違う考え方で、よりスマートかつ持続的なビジネスを牽引していける、ミレニアル世代や若いプロフェッショナルを採用しています。SAP でのキャリアをより早く軌道に乗せるためにも、SAP の大学プログラムをぜひご確認ください。

SAP での毎日

SAP は、皆様が自分なりの方法で成功を収められるように、あらゆる支援を惜しみません。自由な発言、協調性、個性、多様性を尊重する環境で、大きな成果を上げてください。SAP の経営、革新、業務、リクリエーション、利益還元の詳細をご覧になれば、皆様にぴったりの会社であることを確信できるはずです。

勤務地

職場は地元がいいですか?それとも地球の裏側?あるいは、その中間くらい?SAP は世界のほとんどの大陸、130 カ国以上に拠点を展開しており、胸躍る新天地へも拡大を続けています。
Back to top