コンテンツにスキップする
自転車に乗っている SAP の従業員たち

SAP の人々

成長すること。リーダーであること。
イノベーションを起こすこと。

SAP では誰もがイノベーターであり、誰もがリーダーです。そして一流であろうとする努力を続けています。共に仲間として助け合い、尊重し、挑戦し、刺激し合っています。結果を重んじ、お客様に感動いただける仕事を目指しています。

SAP のテクノロジーを支える人々

100 名以上の SAP 従業員が自らのエクスペリエンスを語ります。

アイリーン・チュイ (Irene Chui):従業員エンゲージメント責任者、癌を克服

従業員エンゲージメントの責任者アイリーン・チュイ。何事にも怯まない彼女は、自ら困難を克服し、職場のみんなを元気にする存在です。癌との闘いに勝利し、日々を過ごすその情熱は、かつてないほど高まっています。ドラゴンボートレース、チャリティイベント、その他多くの催しを通して、その並々ならぬエネルギーをアジア太平洋地域の従業員エンゲージメントという仕事に注いでいます。

スティーブン・ンゴカ (Stephen Ngoka):昼は SAP のエキスパート、夜はミュージックスター

音楽プロデューサー、テレビの脚本家、歌手でもあるスティーブンは、SAP での勤務歴 7 年になります。SAP のパートナーサービスチームの一員として、パートナーサービスアドバイザーを務め、SAP S/4HANA、アナリティクス、データベースなどのテクノロジーポートフォリオ分野の優れたエキスパートです。このような 2 つのキャリアのバランスを、スティーブンはどのように取っているのでしょうか。

ラジブ・ネマ (Rajiv Nema):SAP 従業員 兼 俳優

ラジブ・ネマは、SAP でポートフォリオ管理のシニアディレクターを務める一方、俳優としても多くの作品に出演しています。以前の会社では、この演劇に対する情熱を隠していました。キャリアにマイナスになると考えたからです。「しかし、SAP に来てからは、そんな心配は無用になりました」ラジブはそう語っています。

スチュアート・ブラットン (Stuart Bratton):SAP IT コンサルタント 兼 救命艇ボランティア

どのような困難が立ちはだかろうと、スチュアート・ブラットンは、それを乗り越える道を見つけます。カナダのストリートキッドだった彼は、その後、学校に戻り、最終的に SAP の IT コンサルタントになりました。スチュアートは、SAP での仕事を愛するとともに、会社を離れて彼が取り組む仕事 ― 海上救難艇のボランティア活動にも理解を示す SAP の柔軟性を気に入っています。

SAP の強さは個人間の違いにある

SAP で働く人々

> 10 万人

150 か国以上から集まる従業員の数

多様性がありインクルーシブな SAP のカルチャーが、 SAP をより素晴らしい企業へと成長させています。イノベーションを促進し、働きやすい職場環境を構築し、変化の激しい世界で成功を収めるための活力となっています。SAP は、個々人が貢献してくれるものを評価し、ダイバーシティとインクルージョンを実現する日常的な業務に熱心に取り組んでいます。

  • 33.6% SAP の女性従業員の割合
  • >180 自閉症就業支援プログラムで SAP に採用された従業員の数
  • >80 従業員ネットワークグループの数

以下の情報も合わせてお読みください

職種について

SAP では新しいことの挑戦を忘れずに。どんな職種でもそれは同じです。こちらでは、各職種ごとの採用情報をご案内します。具体的にはセールスやプリセールス、開発やテクノロジー、コンサルティングサービスやサポート、オペレーション、マーケティングやコミュニケーション、人事、ファイナンスなどです。

キャリアデベロップメント

皆さんの経験を生かし、SAP でより素晴らしいキャリアを築きませんか?SAP は社員のキャリア形成を応援しています。それぞれの社員が思い描くキャリアプランの実現のため、デベロップメントツールやトレーニングを提供しています。

ベネフィット

素晴らしい成果を出す方へは、相応に素晴らしい支援制度があります。ゆえに SAP はフレキシブルであること、学び続ける姿勢、帰属意識といったカルチャーの形成に努めています。個人的なニーズやプロフェッショナルとしてのニーズに合わせベネフィットをカスタマイズできるようになっており、健全で持続可能なライフスタイルを支援しています。

先頭に戻る