コンテンツにスキップする

あなたが手にするのは、アイデアを形にする力です。

従業員の成功こそが SAP の成功です。SAP は、従業員のそれぞれのキャリアのゴール達成のため積極的に支援しています。

 

SAP での毎日について

成功という言葉は人によりそれぞれ意味が異なります。出世を成功と考える人もいれば、ワークライフバランスがとれていることを成功と考える人もいます。人により、あらゆる成功のかたちがあります。

SAP で働くのなら、アイデアを形にしてみましょう。気付いたらひとつ上の自分になっています。SAP は、自分なりの方法でチャンスをつかみ成功するように、あらゆる支援を惜しみません。誰もが成長し、誰もがリーダーであり、誰もがイノベーターです。成功の定義がどのようなものであれ、SAP での仕事の多くでコラボレーションは不可欠です。100,000 人以上の社員がオープンで自由なアイデアの表現を奨励する環境で働いています。さまざまな背景のクリエイティブなメンバーとともに働き、コラボレートし、そして「世界の変革を支援し人々の暮らしをより良くする」というミッション実現のために、ともに働いてみませんか。

  • 仕事、遊び、生活
  • 思い切った新しいアイデア
  • インスピレーションを与えるプロジェクト
  • 思いやりのカルチャー
  • 手本として世界を導くこと
  • 仕事、遊び、生活
  • 思い切った新しいアイデア
  • インスピレーションを与えるプロジェクト
  • 思いやりのカルチャー
  • 手本として世界を導くこと
仕事、遊び、生活

仕事、遊び、生活

困難な状況に直面したときこそ、SAP は、公平でワークライフバランスの取れた働き方を提供します。SAP には、社員の健康と安全を守ると同時に生産性を高めるフレックスタイム、ボランティア休暇、その他多くの柔軟な制度が用意されています。コロナ禍の中の #LifeAtSAP 社内スクープをお読みください。

思い切った新しいアイデア

思い切った新しいアイデア

SAP では、最高のソフトウェアを開発するだけにとどまらず、新しい可能性を開くテクノロジーを生み出すことをイノベーションと呼びます。イノベーションは偶然起きるものではありません。SAP ではそのために、自由な発想、大胆なアイデア、コラボレーションを促進させる職場環境を用意しています。大手グローバル企業ならではのリソースと専門知識も備えています。イノベーションを起こす SAP マジックについて知りましょう。

インスピレーションを与えるプロジェクト

インスピレーションを与えるプロジェクト

現在はテクノロジー、イノベーションが加速する刺激的な時です。テクノロジーはかなりのスピードで進化しています。SAP で最前線に立つことにより、時代の変化を体感いただけることでしょう。SAP では、あらゆる業界のお客様が何らかの前向きな影響を世界に与えうるよう、最新のイノベーションの活用方法を常に開発しています。ここでは、SAP が取り組むいくつかのプロジェクトについてご紹介します。人、企業、組織が経済的発展、社会的進歩、環境対策を実現する上で、SAP のソリューションがどのように貢献しているのかご確認いただけます。

思いやりのカルチャー

社会を変えるインパクトを生む

SAP は、従業員に働きやすい職場を提供するため、そしてあらゆる人々にとって世界をより良い場所にするために努力を重ねています。SAP は、従業員に参加を奨励し、SAP の時間やテクノロジーを投入し、SAP のお客様やパートナー、非営利団体とともに進めている多数の革新的なイニシアチブに誇りを持っています。SAP の一員になって、SAP の Month of Service やソーシャルサバティカル、年間のボランティア活動やイベントなどに参加してみませんか。

手本として世界を導くこと

SAP の目的はどのように世界に対して影響を及ぼしているのでしょう

SAP のサステナビリティおよび企業の社会的責任 (CSR) に関わるさまざまな取り組みは、「世界の変革を支援し、人々の暮らしをより良いものにする」という SAP のミッションに大きな役割を果たしています。社会的成果、環境的成果、経済的成果は密接な関係にあるため、SAP はこの 3 領域すべてに力を入れています。SAP の目標は、SAP、SAP のお客様、さらには社会にとって持続可能な未来を創り出すことです。SAP がサステナビリティパフォーマンスを強化する方法、SAP のソフトウェアがどういった点でサステナビリティに良い影響を与えているのかをご紹介します。

How We Run

「How We Run」は、すべてが順調に進んでいる最高の状態での SAP での仕事の仕方を表す一連の行動指針です。これは、SAP 独特の文化を説明するものであり、毎日の業務上の意思決定の方向を示してくれるものでもあります。下記の 5 つの行動原理が従業員に目的意識を与え、さらに、その実現方法を示します。SAP 社員の誰に尋ねても、この行動原則を正確に教えてくれるはずです。

私たちは誠実で正直な行動をとることで信頼を築きます。私たちは高いプロ意識を持ち、建設的な行動をとり、さらに、従業員が率直にアイデアを交換できる機会を作ります。

  • 他者の話を真剣に傾聴します。
  • 事実を大切にします。
  • 意見と一緒に提案を示します。
  • 自分の見解を伝え、率直に話し合い、成果を得るために努力します。

真実を率直に話すパオラ

ある週末、娘のアンナが私の仕事を手伝いたいと言い出しました。そのとき私は、SAP S/4HANA のビデオ作成に取り組んでいました。この製品を子供でも理解できるくらいわかりやすく説明したいと考えていた私は、そのことをアンナに話しました。その話を聞いた後、アンナは絵を描きました。これが、率直な会話から生まれた絵です。

パオラ・ポリニ (Paola Polini)

SAP では、SAP のソリューションが人々、そして世界のために役立つ領域を絶えず広げようとしてきました。一歩先を行くために絶えず改善を続けています。

  • 変化をチャンスと捉えます。
  • 失敗を恐れずイノベーションを目指します。
  • 謙虚さを忘れず、学び続けます。アイデアはいたるところから生まれます。

好奇心を大切にするマルシオ

ある日、『The Back of the Napkin』というタイトルの本に出会いました。その本から、今までとは違うプレゼンテーション方法を思いつきました。それから私は、子供のときに描いていたような絵を使って SAP でプレゼンテーションを行うようになりました。中には 3,000 枚以上の絵を使ったプレゼンテーションもあります。

マルシオ・レオーニ (Marcio Leoni)、HCM クラウドサポート北米責任者(西部) 

好奇心を大切にするアレン

私にとって好奇心を持ち続けるということは、積極的に変化していく、つまり、進んで安全地帯から出るということを意味します。私は、サポートエンジニアとして SAP に入社しましたが、今はコンプライアンスコーディネーター、そして品質管理者です。私は常に好奇心を大切にし、新しいアイデアに耳を傾けています。

Customer Interaction Center サポートチームマネージャー兼コンプライアンスコーディネーター/品質管理者

私たちは多様で国際色豊かなチームです。誰もが、お客様にとっての価値を創造するための独自のスキルと経験を持っています。

  • 誰もが本来の自分でいられるような、協力し合える環境を作ります。
  • 聞いたこともない、斬新なものの見方を大切にします。
  • 他人のバックグラウンドを理解するよう努めます。 他人の意見に偏見を抱きません。

違いを受け入れるアンディ

仕事から多くのことを学びましたが、知らない国、知らない文化での暮らしほど、多くを教えてくれたものはありません。私は運よく、ヨーロッパと北米の SAP で働くことができました。その経験のおかげで、違いというものが真の強みになるということを知ることができました。

アンディ・コボールド (Andy Cobbold)、デジタルプラットフォーム担当 GVP 兼サポート責任者

SAP には、長年にわたって複雑なビジネス上の課題を解決してきたという実績があります。これこそ、SAP がお客様から信頼されている理由です。私たちは 1 つのチームとして、この信頼を常に得られるよう努力し、可能なかぎりシンプルな方法で最高の成果をあげています。

  • 信頼される人になります。実行することを言葉にし、言葉にしたことは実行します。
  • お客様の課題と目標を親身になって聞きます。
  • お客様が望んでいる成果の実現に対して説明責任を負います。

約束を大切にするハビエル

人とその善意は信用すべき、それが、私の揺るぎない信念です。誰もが、互いに信じ、信じられたいと願っているはずです。しかし、世の中がそれを許してくれないときもあります。性善説を支持するために私が心がけているのは、私自身が必ず約束を守るようにすることです。

ハビエル・メネンデ・カルボ (Javier Menendez Calvo)、ビジネスサービスサポート

約束を大切にするシンディ

私は「信頼」ということを大切にしています。約束を守り、自分のしたいことを優先するようなこともありません。仕事はしっかりとやり遂げます。私は今、SAP Digital チームで新しい任務に就こうとしています。新しい課題に挑戦し、新しいグループと信頼を築くのを楽しみにしています。

シンディ・マッケンドリ (Cindy McKendry)、統合コミュニケーションスペシャリスト

 

自分勝手な思い込みは捨て、チームとして共通のビジョンの実現に取り組みます。競争は内ではなく外にあることを忘れないようにします。

  • 肩書ではなく、専門知識や実績を尊重します。
  • 一緒に成功し、一緒に失敗します。何があっても、お互いを守ります。
  • 進んで手助けし、自分の知識と人脈を惜しみなく提供します。

協力の精神を大切にするウーベ

私は、SAP Business ByDesign、SAP Sales Cloud、SAP Service Cloud、さらに SAP のスポーツソリューションのクラウド製品サポート責任者として、サービスデリバリーに関わる部門間の連携を支えることを最優先事項としています。これによって、お客様には組織が一つになって見えるはずです。

ウーベ・ウイディッツ (Uwe Wieditz)、クラウドサポート

イラスト:いいねサイン

SAP の従業員の 93% がこの職場を愛しています

SAP は、すべての従業員と深く長く続く関係を築きたいと願っています。
2019 年の定着率は SAP 全体で 93.3% でした。

SAP での毎日がどのようなものか見てみましょう

Instagram

以下の情報も合わせてお読みください

SAP で働く女性

ハイテク業界は全般的に労働人口のうち男性の比率が高く、割合に偏りがあることで知られています。ですが SAP はこれを是正するため努力を重ねてきました。ジェンダーの公平性は SAP の重要なミッションの 1 つです。SAP では、女性のリーダーシップの比率を 2020 年までに少なくとも 28%、2022 年には 30% に引き上げることを目標に掲げて取り組んでいます。

ベネフィット

素晴らしい成果を出す方へは、相応に素晴らしい支援制度があります。ゆえに SAP はフレキシブルであること、学び続ける姿勢、帰属意識といったカルチャーの形成に努めています。個人的なニーズやプロフェッショナルとしてのニーズに合わせベネフィットをカスタマイズできるようになっており、健全で持続可能なライフスタイルを支援しています。

 

オフィス所在地

職場は慣れ親しんだ日本がいいですか、それとも海外をご希望ですか?SAP は世界 78 カ国以上にオフィスを展開しており、更なる拡大を続けています。

先頭に戻る