コンテンツにスキップする

ローカルおよびグローバルの
福利厚生について

SAP は、優れた人が良いパフォーマンスをするには、
優れた支援制度が必要であると考えています。

SAP は、多様な従業員による様々な取り組みや目的意識の高い行動を推奨しており、企業として優れた従業員体験を提供できるように継続的に取り組んでいます。SAP には多様な従業員がいて、それぞれ異なるニーズがあります。そのため SAP の福利厚生は、ヘルスケアに関する保険や退職金制度に加え、グローバル共通のものやローカル限定といった幅広い選択肢があり、キャリアや人生の両方において従業員のニーズに対応する内容となっています。具体的な福利厚生のパッケージは、ポジションや勤務地、勤続年数などで異なります。いずれも従業員やその家族のニーズに対応しうるのに十分フレキシブルな内容になっています。

ひとつ上の自分になるために。

SAP のグローバルな福利厚生は、ラーニング、ダイバーシティとインクルージョン、
功績への表彰制度、社会的責任といった様々な項目を支援しています。

従業員持ち株制度 (Own SAP) について

企業としての成功の鍵は従業員ひとりひとりにあると SAP は考えています。そのため、従業員が責任を持って SAP に関わることを受け入れています。SAP のために日々ベストをつくす従業員は、SAP という企業の成功にも関わるべきだと考えているためです。そのため、受賞歴もあるほど優れた株式購入プランを取り入れ、従業員自身が SAP の株主になり長期的に価値を形成できるような制度を提供しています。従業員は株主として年次株主総会で議決権を持ち、配当を受け取ることになります。

ラーニングとキャリアデベロップメント

皆さんの経験を生かし、SAP でより素晴らしいキャリアを築きませんか。SAP は従業員のキャリア形成を応援しています。それぞれの従業員が思い描くキャリアプランの実現のため、デベロップメントツールやトレーニングの提供をしています。 

  • 従業員はそれぞれにカスタマイズされたプログラムを活用しています。たとえばエキスパートとして経験を積むためのプログラムや、リーダーを目指す方向けのプログラム、業務領域に特化したプログラム、リーダーシップを促進するプログラムなど、様々なプログラムがあります。
  • キャリアアドバイスやコーチング、お勧めのトレーニングなどについて個別に相談もできます。
  • また「キャリアをより伸ばすには」、「パーソナルブランドの築き方」といったトレーニングセッションに参加することもできます。

SAP の表彰制度について

SAP では優れた能力を認めるカルチャーがあります。「Hasso Plattner Founders’ Award」共同創立者の名を冠したこのアワードは、従業員に贈られるアワードの中で SAP で最も栄誉あるものです。このアワードは、SAP のビジョンと戦略において特にめざましい貢献をした個人またはチームが毎年全世界から選ばれ、CEO より授与されるものです。
 
また他にも、Appreciate プログラムといった取り組みもあります。これは階層問わず従業員同士が互いにねぎらい感謝の気持ちを伝えることができるシンプルな共通の取り組みです。従業員は他者をたたえると同時に、逆に自らも感謝の意を伝えてもらうことで、「How We Run」を日々の業務で行動するようになります。

 

ダイバーシティとインクルージョン

SAP の従業員の国籍は 140 か国以上に及び、それまでの人生も非常に多岐にわたります。企業として最高のパフォーマンスを上げるには、従業員ひとりひとりが常に自分らしくいられる環境が必要です。SAP は、さまざまな視点を持つことを受け入れ、かつ奨励する企業です。異なるカルチャー、人種、民族、年齢、性別、性的指向、性同一性や性表現、フィジカルまたはメンタルな能力、生活状況といった背景が混じり合うことで、より強い企業になれると考えているためです。

  • 世代の違いや文化、アイデンティティ―を問わず、誰もが成功を収めることを目指しています。
  • ジェンダーの多様性や障がいを持つ方々を支援します。

企業の社会的責任について
(Corporate Social Responsibility)

SAP は企業の社会的責任 (CSR) にも積極的に取り組んでいます。アフリカやブラジルなどで、無償教育提供や雇用機会創出のための活動を支援しています。また社会的企業や社会事業に SAP のテクノロジーソリューションを無償提供しているほか、ソーシャルサバティカルやボランティア活動を通じ NGO の運営支援を行ったり、SAP コードウィークのようなデジタルスキルプログラムを開催しています。

従業員が健康であれば、
SAP も健康です。

従業員が健康であり、また企業からも大切にされていると感じられれば、
最終的には誰にとってもプラスになります。

SAP のヘルスマネジメントチームは、従業員の健全さとワークライフバランスを Business Health Culture Index (BHCI) という数値で測っています。これは、SAP の社会的投資や二酸化炭素排出量、ジェンダーの公平性などといった SAP の取り組みについて、従業員がどのように見ているかを示す指標です。それに加え、健康に関連したプログラムも実施しています。

心が健康であれば、問題があっても乗り越えられます。

誰しも、従業員に配慮ある企業で働いてみたいはずです。SAP には SAP Global Mindfulness Practice というプログラムがあります。マインドフルネスを活用して企業のカルチャーのトランスフォーメーションを行ったり、個人の心身の健康や生産性、自己管理能力、リーダーシップスキルを向上させたりといったことに進歩を見せています。

Fit@SAP を使用した Run Your Way プログラム

Run Your Way プログラムは、Web アプリケーションを通じて世界中にいるあらゆる世代、あらゆる環境の従業員を結びつけ、運動を日常生活に取り入れるよう促進するプログラムです。2018 年は 1 万人以上もの従業員が積極的に参加しています。

コーポレートオンコロジープログラム(COPE)

SAP HANA がサポートする Corporate Oncology Program for Employees(COPE)は、現在のところ米国、英国、ドイツ、カナダ、オーストラリアで利用可能です。医師が十分な情報に基づき治療方法を決定できるよう支援することを目的としており、分子医学的分野の詳細な分析を通じ、対象となる SAP 従業員が個々に合った適切な治療方法を見つけることができます。

従業員支援プログラム (EAP)

Employee Assistance Program (EAP) は、従業員およびその扶養家族が、あらゆる個人的な問題を解決するために無料かつ秘密厳守で支援が受けられるプログラムです。たとえば健康や幸福度、家庭生活、また業務上のパフォーマンスといったことに影響する問題を解決するため、専門家による中立的なアドバイスや支援を 24 時間年中無休で受けることができます。

グローバル共通のプログラムに加え、オフィス所在地ごとに内容も異なるローカルでのヘルスケア関連のサービスもあります。
(**注:一部の地域では実施していない場合もございます)

  • 健康診断
  • 人間工学的な診察相談
  • がん検診
  • セカンドオピニオン
  • 健全な個人資金運用のためのイネーブルメントセッション
  • オンサイトのフィットネスセンターやアクティビティレッスン

以下の情報も合わせてお読みください

自分らしく働き、楽しみ、生活しましょう

ワークライフバランスのよい生活を実現しましょう。SAP は従業員に愛される会社を目指しています。仕事漬けで、それ以外楽しみを持つ時間が全くない生活は論外と考えています。そのため就業形態、在宅勤務、ボランティア休暇、といった柔軟な制度が多くあります。

勤務地を選びましょう

職場は慣れ親しんだ日本がいいですか、それとも海外をご希望ですか?SAP は世界 78 か国以上にオフィスを展開しており、さらなる拡大を続けています。

先頭に戻る